メジロは実力者

308

メジロって小さくて可愛い印象だったのですが、チカラのある鳥なのかもしれません。まず、身体能力が高い。飛行能力はツバメも高いですが、木々の間をすり抜ける技はメジロの勝ち。スズメは問題外。高い枝でアクロバティックにぶら下がったりする能力も高い。

また、メジロは群れで行動すると思っていましたが、一羽で高い木のてっぺんでさえずっていました。ヤル時はヤルんだ〜。春夏秋冬、広い行動範囲で元気よくびゅんびゅん飛び回っているメジロは鳥の中の実力者かも。

名称未設定-6-01とりとりNo.308  メジロ名称未設定-3-01どぉりゃーっ!
スポンサーサイト



心理テスト

307

さあさあ、心理テストをして、ご自身の性格診断をしてみましょー。

川土手のコンクリートの上にコサギのつがいがいます。しばらくして大きな鳴き声がして動きがありました。さて、このつがいに何があったのでしょうか?。左右のコサギのオスかメスかを決めて、会話の内容を推理してください。その結果でご自身の性格を自ら診断してみましょー。

※ コメント欄で、まず 私が自分の心理テストと性格診断をします。その後は好き放題に書き込んでください。よほどの事がない限り、私は返信をしません。( 私に分析なんてムリ )

名称未設定-7-01とりとりNo.307  コサギつがい 左右どちらがオスで メスでしょうか?名称未設定-6-01大きな鳴き声がして動きが… 何があったと思いますか?

ノーテンキじゃいられない

306

本ブログは野生の鳥を題材にしています。ですから、いつも鳥をキレイ、カワイイなんて言っていたら、野生の鳥の一部だけの紹介になってしまいます。

カラスは普段カァーカァーと鳴きますが、夜にカラスが濁った声でガァーッ!と鳴いたら、獲物に襲いかかる瞬間かもしれません。体の黒いカラスは夜の闇に紛れて獲物に忍び寄り、一気に仕留めるのです。それが本来の姿で、カラスとて明るい時にゴミ箱なんか漁りたくはないのです。

名称未設定-1-01とりとりNo.306  カラス名称未設定-3-01カラスの親子 右側のヒナを親鳥が守っている

どんな面かは カメの顔

305

雨上がりの川土手を歩いていたら、カメが手足を引っ込めてじっとしていました。はは〜ん、死んだフリをして見逃してもらおうと思っているな〜。どんな面をして そんなことを しているのかと、間近でじ〜っと顔を見てやると、カメの顔。オマエには表情がないんかい!と面白くなくなって、その場を後にして、振り返ると、スタコラ逃げていましたとさ。

名称未設定-5-01
とりとりNo.305  死んだフリのカメ名称未設定-6-01どんな面か見せて見ろ!… あぁ カメの顔だ 無表情で面白くない名称未設定-7-01スタコラ逃げて行っている 無関心にさせる作戦なのか

ゆっ、UHOかーっ!

304

木の上の鳥を撮影していて、いきなり木の後ろからニョッキリと ヘンなのが浮き上がって来て、びっくりしました。望遠で撮っていたので音が聞こえなかったのですが、その後90度回転して、赤いライトをこちらに照らし、カメラでこっちを見ているようでした。何ともブキミな飛行物体でしたが、しばらくして農家の軽トラに積まれて去って行きました。

名称未設定-5-01とりとりNo.304  UHOかーっ!名称未設定-6-01と、思ったら、軽トラに積まれて行きました

怪鳥ギャオス

303

私のそばの木に茶色っぽい鳥が飛んで来て、おしりを向けてじ〜っとしていました。これは新顔の可能性アリと何枚もパチパチ撮りましたが、カメラで種類は分かりませんでした。帰ってからパソコンで拡大して、顔が見えるカットが2枚だけあり、どうやらヒヨドリの若鳥のようです。でもオマエ、目つきが悪いぞ〜。怪鳥ギャオスか。

名称未設定-8-01何だ?この茶色の鳥は…名称未設定-7-01とりとりNo.303  ヒヨドリの若鳥 オマエ、目つき悪いぞ〜

オオルリかキビタキの幼鳥

302

先日、オオルリの幼鳥らしき鳥に出会い、そばに母鳥がいたのでこりゃ〜間違いないと思ったのですが、帰って画像をよく見ると、その母鳥はコサメビタキの母鳥で、そばにコサメビタキの幼鳥もいたのです。それならコイツは何者?。

オオルリの幼鳥と、キビタキの幼鳥は、ベテランのウォッチャーでも見分けが難しいそうです。私はキビタキのメスと幼鳥に出会ったことがないので、どちらでも嬉しいのですが…。

名称未設定-1-01初顔の鳥を撮りました名称未設定-4-01幼鳥のようですが、コサメビタキの幼鳥とは色が違います名称未設定-3-01とりとりNo.302  オオルリかキビタキ幼鳥 ( まだ分からない )名称未設定-5-01左がオオルリ母鳥、親子かもしれないし、キビタキ幼鳥かもしれない名称未設定-11-01コサメビタキの親子 この親子とは色が違う

人気の木

301

山を歩いていて、鳥が集まる木があります。木の種類は分かりませんが大きな木が多いです。この日も大きな木にメジロ数羽がやって来て、忙しく動いて虫を捕らえていました。

そこで、なんだメジロか〜とスルーせずに、しばしメジロを追っていると、来ましたキビタキ。ひとしきり虫を追って動き回った後は、枝に停まってさえずり出しました。メスに、ここに来ればエサがあるよ〜と教えているかのようです。そんな人気の木が狙い目なのかも。

名称未設定-4-01とりとりNo.301  鳥の集まる木 メジロが数羽 動き回っていると…名称未設定-5-01それを見つけたキビタキがやって来た

今回はチラリと

300

大きめの黒っぽい鳥が飛んでいるのを何度か見ましたが、どーせヒヨドリだろ〜と思ってスルーしていました。そして、すばしっこいコサメビタキを双眼鏡で探していると、葉っぱのすき間から大きめの鳥が見えて、ヒヨドリのはずがお腹が白い!、そのお腹に横じまが、これは!…。

その後、ベテランウォッチャーが来て、ホトトギスが出ていると言っていたので、多分そうなのでしょう。今回はチラリとでしたが、この付近のホトトギスはお盆前がピークらしいので、次こそしっかり捉えてやるぞーっ!。

名称未設定-12-01ヒヨドリかと思ったら…名称未設定-13-01とりとりNo.300  たぶんホトトギス 葉っぱでよく見えない

異種ハチ合わせ、すわ!

299

アオサギとダイサギが田んぼの中でハチ合わせ。一触即発の事態に発展か!と思いきや、すんなりすれ違って行きました。「ごめんやしておくれやして、ごめんやっしーや!」と言い合うほど親しげな感じではありませんでしたが、両者とも大人の対応を見せたのでしょう。

名称未設定-1-01とりとりNo.299  アオサギとダイサギがハチ合わせ! どうなる…名称未設定-2-01あれれ、すんなり すれ違って行った ハプニング起こらず

とりとりワールド

298

鳥の知識なんてありゃーしない、写真も文章もヘタクソだけど、なぜか引き寄せられてしまう。…そんなブログにならないかな〜。ウケ狙いなど微塵も考えず、常に自分の好き放題の記事をつくって その世界感で支持される。そんな とりとりワールドができたらいいな〜。… (いい加減にしろと聞こえて来ます)

名称未設定-1-01とりとりNo.298  夢見る子スズメたちせーじと畑2-01  

鳥の嫌いな方に

297

このブログにご訪問くださり ありがとうございます。でも、鳥の嫌いな方には苦痛でしょうね。カン違いしがちなんです。自分がこんなにも鳥が好きなのだから、皆様もきっと好きに違いないだろうと…。中には鳥を見るだけでムカついて、石を投げたり蹴飛ばしたい方もおられるでしょう。好きなもの、嫌いなものがあって当然だと思います。

鳥の嫌いな方は、普段は素通りしていただいて、たまに鳥以外の記事をつくりますので、興味のある記事があれば楽しんでください。

名称未設定-5-01とりとりNo.297  直径30cmの巨大なキノコ 名前の分かる方はおられるかな〜名称未設定-2-01岡山県玉野市の深山公園には植物がいっぱい 年中無休・開園時間フリー・駐車場あり・無料 

オオルリのメス

296

先日、オオルリのメスらしき鳥を撮影しましたが、ピンボケ写真で確証はありませんでした。今回は、その同じ場所で粘ることにして待っていると、遠く暗い所にそれらしき鳥が停まってパチリ。でも前回と同じようなボンヤリした写真でがっくり。

そして、座ってぼけ〜っとしていると、近場で光の具合のいい所に虫をくわえた鳥が停まりました。エサの虫に夢中だったのか、しばらく同じ場所にいてくれて、パチリパチリ。やっと念願のオオルリのメスを撮ることができました。

名称未設定-2-01撮れたけど、まだ、それらしき鳥だな〜名称未設定-3-01よし!、これなら、たぶん…名称未設定-4-01とりとりNo.296  オオルリ♀ やっと撮れた〜

苦手意識を克服

295

ずぅ〜っと ウグイスを撮影するのに苦手意識がありました。ホーホケキョの声はするのに その姿を見つけられない、私は鳥を探す能力が劣っているのではと…。

しかし今年、ウグイスを徹底的に追い回して、その生態が分かって来ると、苦手意識はどこかに飛んで行きました。分かったのは、森の中では探さないことです。諦めたのではありません。出来ないことは捨て、出来ることを磨くということです。

名称未設定-4-01とりとりNo.295  ウグイス…の一日-01