逃げんでくれ〜

997


鳥をやっとこさ見つけて、撮ろうと思ったら逃げられることがあります。ですから、早くピントを合わせて1枚でも撮るのがキモなのです。下記の写真は自然公園で1枚は撮れて、ポーズ違いの写真が撮りたかったのですが逃げられました。カワラヒワはいいとして、お腹の白い所に柄があるオオルリ♂は、もう少し撮りたかった。残念!。

名称未設定-5_アートボード 1カワラヒワ♂、もう少し全身が見たい…、名称未設定-6_アートボード 1クソー!、逃げられた。名称未設定-7_アートボード 1お腹の柄が変わっている、ゆっくり撮りたい…、名称未設定-8_アートボード 1とりとりNo.997  オオルリ♂ ぐわっ、これは残念!。
スポンサーサイト



ホオジロ幼鳥

996


町内の川土手には、スズメの幼鳥がたくさんいて、元気に飛び交っています。それで、スズメだけかと思うと、ホオジロの幼鳥が混ざっていて、よく似ているので見分けが難しいです。

名称未設定-1_アートボード 1今の時期の川土手では、スズメの幼鳥がたくさん飛び交っています。名称未設定-2_アートボード 1
これが スズメ幼鳥。名称未設定-3_アートボード 1似ているが、これは違っていて…、名称未設定-4_アートボード 1とりとりNo.996  ホオジロ幼鳥 スズメじゃない。

トビづくし

995


先日、うちの町内のトビをご紹介しましたが、今日は隣りの町内のトビです。最後の写真の場所から歩いて行ったのですが、トビたちは私が近づく度に、次の電柱まで飛んで行って、その繰り返しなのです。

名称未設定-5_アートボード 1隣りの町内の川土手に行くと、まず 目に入ったのはトビとアオサギ。名称未設定-6_アートボード 1そして、トビとカラス。名称未設定-7_アートボード 1よく見るとトビだらけ。名称未設定-8_アートボード 1目の前の電柱の上も密集。名称未設定-9_アートボード 1とりとりNO.995  トビの群れ 両方 画面に入れたら こんな感じ。

町内のキツネ

994


この町内に引っ越して来てから3年近く経ち、その間にキツネを3〜4回見たのですが、写真に撮ることができませんでした。先日、川土手で鳥見をしていて、ついに遭遇しました。毛並みのいいメスのキツネのようです。山のない田んぼばかりの所にキツネはいるんです。

名称未設定-1_アートボード 1川土手で鳥見をしていたら、あれは何だ!。名称未設定-3_アートボード 1犬のようだが違う、キツネだ!。名称未設定-2_アートボード 1足を広げてオシッコをしたので、メスだな。名称未設定-4_アートボード 1とりとりNo.994  キツネ♀ やっと撮影できた。町内で暮らしている。

赤松池のメンバー紹介

993


玉野市の深山公園・赤松池では、500羽の冬カモが渡って行って、常駐メンバーの鳥たちだけになりました。そこにケガで渡れなかったオナガガモのメスが加わって、エサほしさにアオサギが無理やり加わり、それを見ていたカワウも加わったようです。

名称未設定-1_アートボード 1深山公園・赤松池のメンバー紹介。名称未設定-2_アートボード 1まずは、コブハクチョウ6羽。名称未設定-3_アートボード 1そして、アヒル♀とアイガモ♂のつがい。名称未設定-4_アートボード 1この度、メンバー入りしたオナガガモ♀。名称未設定-5_アートボード 1無理やりメンバーとなったアオサギ。名称未設定-6_アートボード 1とりとりNo.993   カワウ アオサギがメンバー入りなら私も。

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に
通っていて、週末にバイクでバード
ウォッチングに行くのが楽しみです。
広々としたところで暮らしています。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR