絵と写真

282

同じホオジロ・オスの写真でも背景などが違うとガラッと印象が変わって見えます。上の写真はバックの麦畑の黄色がボヤ〜ッとボケて、若葉のライトグリーンに馴染んでいます。さらにホオジロの茶色ともマッチして、絵画のような写真になっています。

下の写真は、バックの曇り空、薄い色の枝、そしてホオジロのお腹の薄い色で 涼しげなイメージになっています。ポイントは鳥にカブっている枝で、これがあるからリアルな見た目になり、写真らしい写真になっています。

名称未設定-11-01とりとりNo.282  ホオジロ♂  絵画のような写真に名称未設定-12-01こちらは 写真らしい自然な雰囲気
スポンサーサイト



メスの鳴き声

281

近所の川土手をパトロール中、2羽のホオジロが私のそばに飛んで来ました。2羽はつがいのようでしたが、私に気付くとオスだけがピヤ〜ッと逃げて行きました。要領のいいヤツ。

取り残されたメスは、どうしたらいいのか分からずキョトンとしていましたが、私を気にしながら、か細い声で鳴きだしました。メスの地鳴き以外の声を聞くのは初めてで、ひとりで心細いのかオスを呼んでいるようでした。でも、オスは2度と姿を現しませんでした。薄情者。

名称未設定-9-01とりとりNo.281  ホオジロ♀名称未設定-1-01鳴き続けるもオスは現れず

踊りだしそう

280

出ました!アオサギ女子部。ウィンクの曲でイントロが始まると踊りだしそうです。アオサギって 何でこんなに面白いんでしょ〜。ほらっ!、踊りだした〜。

名称未設定-7-01とりとりNo.280  アオサギ女子部ブラックとりとり123-01

Do you understand my English?

279

I have a Dream. It's about having email conversations with grandchildren living in the United States. I can't speak English, so I use translation software. I practice using translation software rather than practicing speaking English. My grandson is so young that it will take another year before I can email. By that time, I will practice to be good at translation software.

名称未設定-2-01Photo album No.279  The other side of this sky is America.

念のため双眼鏡で…

278

今日は海まで行ってみようとバイクを走らせ、吉井川の河口の波止でひと休み。この波止は、ちょっと前にウミネコやヒドリガモがいた場所です。今日は茶色の鳥が何羽かいて、カルガモの集団だろーと思いましたが、念のため双眼鏡でチェック。

すると!、チュウシャクシギが10羽 休んでいました。干潮を待って干潟に行くのでしょうか。昨年 ダイシャクシギは田んぼにいたのに、チュウシャクシギは海なのか。シギの行動はまったく分かりません。

名称未設定-1-01双眼鏡を覗くと茶色の鳥が…名称未設定-2-01とりとりNo.278  チュウシャクシギでした

攻めのコメント

277

ブログでいかに遊ぶか。最高のスリルとサスペンスは攻めのコメントです。ここまで言ったら、相手が怒って出禁になるか、ギリギリセーフなのかの見極め。例えば、女性に超失礼なコメントを送るのに、送信ボタンを、あぁ押しちゃったと後悔しながら数日間ドキドキです。相手が大人の女性でウィットに富んだ切り返しをしてくれると、ヤッターッ!と大喜びなのです。ですが、このキケンな遊びはヘタをするとヘンな奴と思われるのです。(もう思われてるかも)

名称未設定-1-01とりとりNo.277  魚を狙っているミサゴバイク・メルマガ案内4-01

うちの子です

276

わが家には家内と私、そしてスズメが何羽か暮らしています。そのうちの1羽がコイツです。切妻屋根の軒下のてっぺんで寝ているのですが、表と裏の二カ所がこの状態で、粗相の様子から4羽から8羽暮らしていると思われます。キレイに掃除しろーっ!。

名称未設定-7-01とりとりNo.276  うちのスズメ名称未設定-8-01悲惨な軒下

遊んでくれ〜

275

岡山県玉野市の深山公園で、私にまとわりついていたヤマガラ。ほかの鳥を撮るジャマになるので困ったこともありました。ところが、ヤマガラは繁殖期になってパタッと姿を消したのです。こうなると遊び相手がいなくて寂しい。

そして、少し前からヤマガラの幼鳥を見かけるようになって、やっと幼鳥と一緒にいる成鳥の姿を見ました。もう少し幼鳥の世話がいるらしく私にかまってくれませんでしたが、幼鳥の色がヤマガラらしくなったら、親子で私の手のひらに乗ってくれよ〜。

名称未設定-1-01ヤマガラ幼鳥  体の色が薄い名称未設定-2-01とりとりNo.275  ヤマガラ  まだ幼鳥の世話をしていた

コサメビタキの親子だった

274

前にご紹介したコサメビタキの営巣ですが、その後の親子のことが気になっていました。すると今回、巣のすぐそばで母鳥と思われるコサメビタキがいました。そして、そのそばにエゾビタキがいたのです。

しばらくして、コサメビタキとエゾビタキが仲良く木に停まり、あれ?と思いました。家に帰って調べたところ、エゾビタキだと思った鳥はコサメビタキの幼鳥だと分かったのです。勘違いをするところでしたが、これで あの巣の親子を確認できました。

名称未設定-1-01コサメビタキ母鳥
名称未設定-3-01エゾビタキかと思いきや…
名称未設定-4-01
とりとりNo.274  コサメビタキの幼鳥(手前)と 母鳥(奥)でした

ワイルドだろ〜

273

見るからにワイルドなカワラヒワがいました。キャーッ、カッコいい〜 ! 。でも、このカワラヒワ、さっき水たまりでバシャバシャ水浴びをしていたヤツだ。な〜んだ、子どもが風呂上がりに髪の毛が立っているのと同じか〜。

名称未設定-6-01とりとりNo.273  ワイルドなカワラヒワ名称未設定-7-01…と 思ったら、さっき水浴びしていたヤツだ

プロフィール

とりとりディレクター

Author:とりとりディレクター
岡山県在住の男性。デザイン会社に勤務しており、週末にバイクでバードウォッチングに行くのが楽しみ。広々としたところに引越しました。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR