ノビタキ

566


ノビタキは、ポピュラーな夏鳥だと思うのですが、私はいつもの川土手で昨年1羽に会っただけです。今年こそはノビタキの写真をたくさん撮りたいと思っていたところ、ヒッヒッの鳴き声。もうジョウビタキはいないので、もしやと思ったら、それらしき鳥。でもこの1カットのみ。

名称未設定-1-01遠くでヒッヒッと鳴き声。すぐに逃げたので、撮れたのはこの1カットのみ。名称未設定-2-01とりとりNo.566  ノビタキ♀タイプ 拡大してみると、たぶんノビタキ。名称未設定-3-01この日見たオオジュリンはこの1羽のみ。もうすぐ渡り完了。名称未設定-4-01野焼きをした葦原は、3ヶ月経って こんなに青々としてる。
スポンサーサイト



コジュリンだったらいいな

565


川土手の葦原で ずっとオオジュリンを撮って来て、その中にコジュリンが混じっていないか探して来ました。そのうちに シベリアジュリン・フィーバーとなり、私も参加して撮っていると、渡りの季節になってみんな姿を消してしまいました。渡って行く間際に撮った顔が黒くなりかけたこの鳥は、コジュリンでは?。

名称未設定-2-01体つきが小さく、目の回りの柄がコジュリンに似ている。名称未設定-1-01上のクチバシが真っ直ぐなのでオオジュリンとは違う。足の肉色はビミョー。名称未設定-3-01とりとりNo.565  コジュリン? ガングロになりかけで、眼の下のアイリングが見えない。

川土手の春

564


私が鳥見で通う町内の川土手は、すっかり春本番で菜の花が盛りです。水鳥の渡り組の最終便はコガモかオオバンかキンクロハジロかといったところです。児島湖河口のこの川土手の水辺は、もうすぐ寂しくなりそうです。

名称未設定-9-01町内の川土手のいい所を撮っていますが、舗装しているのは ほんの少し。
名称未設定-10-01とりとりNo.564 -1 キンクロハジロ ♂ ♀ もう少しは いるみたい。名称未設定-11-01とりとりNo.564 -2  スズガモの群れ 初めて見た大群。渡り時の集合か。名称未設定-12-01とりとりNo.564-3  ヌートリア 年中います。

トビの巣

563


少し前にトビのつがいが巣づくりをしているのをご紹介しました。その後一ヶ月が経ち、どうやらトビが抱卵もしくはヒナの世話をしているようなのです。ヒナの姿や鳴き声は確認できていませんが、間もなくだと思います。

名称未設定-5-01トビの巣があるのはココ。この道をたまに軽トラやトラクターが通る。名称未設定-8-013/20 この時はまだ巣づくりをしていたよう。名称未設定-7-014/3 メスが動かなくなった。抱卵中か。名称未設定-6-01とりとりNo.563  トビの巣 4/11 メスが体を伏せている。ヒナがいるのか。

冬鳥と留鳥

562


岡山県南部では、冬鳥のジョウビタキをすっかり見なくなりました。ツグミはもうしばらくいる様子で、留鳥のスズメと顔馴染みになっているようです。山にいる留鳥のシジュウカラ、川土手にいるスズメは繁殖の季節に入りました。

名称未設定-1-01とりとりNo.562-1  ジョウビタキ♀ 渡る直前にツツジとパチリ。名称未設定-2-01とりとりNo.562-2  ツグミとスズメ 一緒にいても違和感なし。名称未設定-3-01とりとりNo.562-3  シジュウカラ 今、繁殖のために盛んにさえずっている。名称未設定-4-01とりとりNo.562-4  スズメつがい? 二羽で見かけることが多くなった。

ビンズイ夏羽

561


夏鳥は来たかな〜と、山間の自然公園に行きました。すると、木の枝に茶色の鳥がとまっていたので、これは夏鳥かと思ってパチリ。でも、よく見ると岡山県南部では冬鳥のビンズイ。でも、今まで見て来た緑色の姿ではなく、茶色い夏羽へ替わっているようです。

名称未設定-3-01茶色の鳥がいて、夏鳥かと思いきやビンズイ。名称未設定-4-01繁殖地に向かう直前に会ったみたい。名称未設定-2-01とりとりNo.561  ビンズイ 夏羽に替わるとは知らなかった。名称未設定-1-01寒い時期の冬羽のビンズイ。緑色が強い。( 2月撮影 )

その後の鳥たち

560


ずっと見て来たレンコン田付近をねぐらにしていたケリのファミリーですが、4羽いたのが2羽になって、とうとう1羽になっていました。私の推測ですが、親鳥2羽が若鳥を置いて出て行って、1羽の若鳥が出て行き、残った1羽だと思います。早くつがい相手を見つけろよ〜。

そして、同じ電信柱に代わり番こで とまっていたノスリ2羽。私は 母と娘とだと推測しましたが、その娘の方が 少し離れた川土手にいました。ノスリって 春以降も定住するのでしょうか。

名称未設定-1-01名称未設定-2-01とりとりNo.560-1  ケリ とうとう1羽になっていた。

名称未設定-3-01とりとりNo.560-2  ノスリ♀ 母鳥がいなくなって残ったメス若鳥のよう。

これがクロジ

559


この冬鳥シーズンに、真っ黒なクロジを撮るのを断念して、敗北宣言をしたのですが、まだ残っていました。これが、私が憧れていたオス成鳥の姿で、マットなチャコールグレーの質感がたまらんのです。ついでにメスもアップしときます。

名称未設定-3-01これが真っ黒なクロジのオス。名称未設定-4-01とりとりNo.559-1  クロジ♂ これはこれでカッコいい。

名称未設定-7-01名称未設定-8-01とりとりNo.559-2  クロジ♀ メスはこんな感じ。

シロハラならぬシロアタマ

558


自然公園の遊歩道を歩いていたら、道のはしっこでカメラマンさんが座り込んで何やら撮っていました。その先を見ると頭の白い鳥がいるではありませんか〜。ジャマをしないように離れて、カメラマンさんの背中をかすめてパチリ!。何だコレ、白化のムクドリ?。ずっと撮りたかったギンムクドリではなさそうです。

 ※ 九州鳥物帳・大分ナシカ様からはコメントで、鳥くん・永井真人様からはメールで教えてい
   ただきまして、この鳥は シロハラの部分白化個体だと分かりました。
   それに伴い、タイトルの ホワイトムクドリ を変更しました。

名称未設定-5-01先客のカメラマンさんの背中をかすめてパチリ、何だコレ。名称未設定-6-01白化のムクドリではなく、白化のシロハラでした。名称未設定-7-01
とりとりNo.558  白い頭のシロハラ この自然公園に4年連続で来ているらしい。

望遠性能の限界

557


私のカメラはコンデジで、望遠で撮ると画像がボンヤリするのです。そこで、どこまでが限界なのか、高い木にとまっているシジュウカラで試してみました。上の写真が撮影オリジナル、下の写真が画像補正・トリミングをしたものです。その結果、35mm換算で1000mmの望遠までなら、ソコソコ見れることが分かりました。もっとも、いつも手持ちで撮っているので、ブレているのですが…。

名称未設定-10-01撮影オリジナル〈データ〉ISO140  1000mm(35mm換算)  0 EV  f/ 5.6  1/ 800名称未設定-11-01とりとりNo.557  シジュウカラ 画像補正・トリミングしたもの。ここまでが限界か。

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に
通っていて、週末にバイクでバード
ウォッチングに行くのが楽しみです。
広々としたところで暮らしています。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR