ラブリー ルリ美タキ

1360


元日号で青いルリビタキを取り上げ、青いオスは幸せを呼ぶ鳥だなんて書いたら、色の派手なオスばかりをもてはやすのはどうなのかと言われました。なかなか撮れなかった青いオスがやっと撮れたので記事にしたもので、そもそも私はラブリーなメスの方が好きなのです。

名称未設定-13_アートボード 1名称未設定-14_アートボード 1
青いルリビタキのオスは、綺麗と言えば綺麗なのだが…、名称未設定-12_アートボード 1名称未設定-11_アートボード 1
とりとりNo.1360  ルリビタキ♀ メスの方が断然 可愛らしい。
スポンサーサイト



美しいタンチョウ

1358


岡山県和気町の自然保護センターではタンチョウを40羽ほど飼育しています。大きなケージにまばらに入っていて、一斉に鳴き出すとギャースギャースとやかましいのです。たまに 園内に放すのですが、北海道の大自然の中のようなスケールの大きな写真は撮れません。

名称未設定-7_アートボード 1自然保護センターでは、40羽のタンチョウを飼育している。
名称未設定-8_アートボード 1名称未設定-9_アートボード 1名称未設定-10_アートボード 1とりとりNo.1358  タンチョウ たまに園内に放して遊ばせているよう。

●金曜臨時号につき、コメント欄は閉めます。

冬鳥のレア度

1357


この冬鳥シーズンは、なかなか出会えない鳥が多くてヤキモキしましたが、やっとアトリとシロハラに会えました。どちらの鳥も私のレア度は低くて、例年だと普通に見られる鳥です。そしてマヒワに会えました。こちらは いそうでいない鳥で、私のレア度は高いのです。

名称未設定-1_アートボード 1これはアトリ♂、私のレア度は低い。名称未設定-2_アートボード 1これはシロハラ。例年ウジャウジャいるが、今年は少ない。名称未設定-4_アートボード 1名称未設定-6_アートボード 1名称未設定-5_アートボード 1
とりとりNo.1357  マヒワ 私のレア度は高い。今回は4羽の群れか。

砂川公園のビンズイ

1356


岡山県総社市の砂川公園に行き、一番の成果はビンズイに会えたことでしょうか。今シーズンの初見で群れていました。エサを探して地面を歩く姿は地味ですが、冬には必ず会いたい鳥です。

名称未設定-6_アートボード 1これは、今シーズン初見の…、名称未設定-5_アートボード 1群れで地面のエサを獲っていた…、
名称未設定-4_アートボード 1とりとりNo.1356 ビンズイ 冬には必ず会いたい鳥。

●月曜臨時号につき、コメント欄は閉じます。

川土手のタヌキ

1355


私が暮らす町内にはキツネはいるのですが、山から離れているせいかタヌキもイノシシもいないのです。それが町内の川土手で2匹のタヌキが寝ているところに遭遇しました。何キロも離れた山から、児島湖の土手をつたってやって来たのでしょう。

名称未設定-9_アートボード 1川土手でタヌキ発見!、どんな所かと言うと…。名称未設定-4_アートボード 1このコンクリート胸壁の向こう側を、名称未設定-7_アートボード 1覗き込んで鳥見をしていて見つけた。影の際にいる。名称未設定-8_アートボード 1とりとりN0.1355  タヌキ 何度も見ていたら、見向きもしなくなった。

●金曜臨時号につき、コメント欄は閉めます。

初見のイスカ激写

1354


岡山県和気町の自然保護センターにイスカが来ていると聞いていましたが、なかなか会えなかったのです。それで、ちょっと山を登った所にある湿性植物園に行って10羽くらいの群れと遭遇。30mくらい離れて5分ほど撮りまくりました。初見なのでうれしい♪。

名称未設定-1_アートボード 1湿性植物園の大きな松の下の木にいた。
名称未設定-2_アートボード 1名称未設定-3_アートボード 1名称未設定-4_アートボード 1
とりとりNo.1354  イスカ 上から、オス、若オス?、メス。

砂川公園

1353


岡山県と言えば吉備団子に桃太郎ですが、桃太郎伝説の鬼のモチーフとなったのが温羅(うら)でその居城だったのが鬼ノ城、そこに行く手前にあるのが砂川公園です。今まで何度か行ったことがあったのですが、鳥見で訪れたのは初めてで、なかなか良いポイントのようです。

名称未設定-1_アートボード 1砂川公園は こんな感じ。鳥見では初めて来た。
名称未設定-2_アートボード 1とりとりNo.1353-1 コゲラ 背中の柄がオシャレ。名称未設定-3_アートボード 1とりとりNo.1353-2 ハチジョウツグミ? たくさんのツグミの中にいた。

●月曜臨時号につき、コメント欄は閉めます。

自然体がカワイイ

1352


岡山県玉野市の深山公園に朝早くから行きました。ルリビタキもジョウビタキもいなくて、どうしたものかと思っていたら、彫刻ひろばの暗い所にホオジロのメスがいました。

エサを探してウロチョロする姿が可愛く見えました。鳥のメスはメスらしくとか、自分をキレイに見せようとは考えていないようで、だからカワイイのかも。だはは〜。

名称未設定-2_アートボード 1朝早くホオジロのメスがいました。手前のものは何かと言うと…、名称未設定-1_アートボード 1これでした。ダイナミックな彫刻ですね。名称未設定-3_アートボード 1とりとりNo.1352  ホオジロ♀ 自然体のところがカワイイ。

●金曜臨時号につき、コメント欄は閉めます。

ニシオジロビタキ

1351


岡山県和気町の自然保護センターに通って、先日ミヤマホオジロに会いました。今回は岡山県には来ないと思っていたニシオジロビタキに会えました。ラッキーな初撮り♪。

名称未設定-1_アートボード 1これは…、コサメビタキが冬にいる訳ないし…、名称未設定-2_アートボード 1おっ!、このお尻を跳ね上げる感じは…、名称未設定-3_アートボード 1
とりとりNo.1351  ニシオジロビタキ 岡山県には来ないと思っていたが、初撮りできた。

お正月に間に合った

1350


皆さま あけましておめでとうございます。今年から水曜日の公開にさせていただきます。サボリ癖がヒドくなって来ていますね。本年の一発目はやっと撮れた青いルリビタキ。過去3年は誰かがエサをやって寄せた養殖モノの青いルリビタキでしたが、今年は足で稼いだ天然モノをお正月に皆さまへお届け。今年もよろしくお願いいたします。

名称未設定-2_アートボード 1いたーっ!、ついに見つけた…、名称未設定-1_アートボード 1
とりとりNo.1350  ルリビタキ♂ お正月に幸せを呼ぶ青い鳥。

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に
通っていて、週末にバイクでバード
ウォッチングに行くのが楽しみです。
広々としたところで暮らしています。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR