オオバンでやんす(昼だけど)

111

バードウォッチングを始めて最初に撮影したのがオオバンでした。寒くなると児島湖や付近の川にたくさんいる黒い水鳥です。

オオバンはほとんど水の中にいるのですが、岸に上がったのを見ました。足がデカい!あの足で水を掻けば早く進むはずです。いつも群れでいて、私が近づくと少しずつ沖へ泳いで行きます。

たまに逃げ後れたオオバンがいて、近くにいる私に気付くと、パタパタパターッとデカい足で水面を走るように逃げるのです。オオバンは黒い体に白いくちばしと白い額、真っ赤な目で少し怖い感じですが、せっかく穫った水草をカモに横取りされる小さな鳥です。

名称未設定-4-01とりとりNo.111  オオバン
スポンサーサイト



コメント

No title

オオバン、北海道では夏鳥なんですね。
多分近くの公園で見ることが出来ると思うのですが、鳥の知識が乏しく自分で確認したことがありません。もしかしたら、過去の絵に写っているかも(笑)

Re: No title

オオバンは 北海道ー岡山と 渡りをしているのかもしれませんね。
毎年 北海道に行けるなんて うらやましいです。
私は二度 北海道に行きましたが、ホッケの味が忘れられません。地元のはウマかった!。
非公開コメント

プロフィール

toritoridirector

Author:toritoridirector
岡山県在住の男性。デザイン会社に勤務しており、週末にバイクでバードウォッチングに行くのが楽しみです。広々とした所に引越しました。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR