みんなの青い鳥

1102


今年も自然公園で青い鳥を見ることが出来ました。ここ3年程、私の知っているウォッチャーの方々がエサを置いている効果で見られますが、自然ではなく 養殖をしているようです。それでも年配のウォッチャーの方々は 気さくに来園者に声をかけて、青い鳥をみんなに見せています。

名称未設定-1_アートボード 1今年も青い鳥に会えて幸せなのだが…、名称未設定-2_アートボード 1養殖モノなのが、ちょっと気になるところ。名称未設定-3_アートボード 1とりとりNo.1102  ルリビタキ♂ たくさんの方が見られるのは いいこと。
スポンサーサイト



コメント

No title

1102の間違いかな?明日UP予定の記事なのでしょうね。今季はまだ、ルリ子さんしか見ていません。何とかルリ男君をも、見たいものです。うまくいくかなあ???

AzTak 様 へ


こんにちは〜。

うわーっ!、失礼いたしました〜。
お察しの通り、明日の記事を作成中に 誤って公開していました。

私は、養殖モノのルリ男くんには会えましたが、天然モノのルリ子さんには会えていません。
天然モノの青いオスを撮るより、オスタイプもいるので ルリ子さんの方が会えそうな気がします。

こんばんは。

ルリビタキの青い色は好きです。
最初の写真の角度が一番綺麗に見えます。☆!
公園ですから、餌を置くのもいいのではないでしょうかww
(再送です。最後の「か」が抜け落ちていました。失礼しました。)

おはようございます♪

青い鳥ルリビタキ綺麗に撮れていますね♪


養殖だって鳥に違いがあるわけではないし
少し艶があって太り気味かもしれないが…
3年目なら鳥も餌をあてにして来るでしょうし
野鳥が沢山生存する事は良いと思う!

ゴロー・O 様 へ


こんばんは〜。

鳥見を始める前は、青い鳥なんて 想像上の鳥だと思っていて、
このルリビタキを実際に見て、感動したのを覚えています。

エサをあげて楽しむのは、鳥が助かるので、堂々とすれば良いと思いますし、
来園者に 青い鳥を見せてあげるのは、鳥に興味を持ってもらえそうです。

( 再送していただき、ありがとうございました。前のは削除させていただきました。 )

No title

ルリビタキ美しい青ですね。
「幸せの青い鳥」見たような気分です。
養殖ものでも
私なら見ることができ撮影までできれば
最高の気分になります。

おはようございます。

餌やりの考えは人それぞれ鳥それぞれで、これだという答えは難しいですね。
冬場の食べ物が少ない時期ですし、妙に人慣れしすぎたり、本来食べない物を食べるようになっちゃったり、倍のサイズのルリビタキが登場しなければいいのかなと(^^)
幸せの青い鳥が幸せ太り?の飛べない青い鳥になってしまったら笑えないですしね(^^;

Cat 様 へ


おはようございます。

今年も 青いルリビタキに会えて よかったです。

養殖するなら 堂々とすればいいと思いますし、
私も ブログ公開するなら、堂々と養殖モノだと公言します。

それよりも、3年連続で飛来した このルリビタキ♂が 同一個体なら、
自然界で 3年生き延びて、繁殖を繰り返していることに意味を感じます。

tor 様 へ


おはようございます。

目の前に青い鳥がいると、気持ちが高揚します。
憧れの人と出会った感じでしょうか。

仲間うちだけで コソコソ養殖するのはダメですね。セコい!。
この自然公園では、養殖して みんなで楽しもう!と オープンです。

おはようございます。

養殖とは言え、渡ってくるのですから素晴らしいですよね。

 3年ものなんですね???

やませみ 様 へ


おはようございます。

鳥のエサって、けっこう高いので、鳥を肥満児にするのは難しいかも…。
そして、鳥自身も 太って飛べなくなるとヤバいので、ダイエットするかも…。

私は、2年間 スズメのエサやりをして、年間 クズ米を60kg、アワ・ヒエを10kg以上あげていましたが、
飛べないスズメには なりませんでした。2年で10羽が100羽以上になりました。

このルリビタキも 心配ないと思いますよ〜。

とちぎけん登山あれこれ 様 へ


おはようございます。

そうです。毎冬 はるばる遠い高地から飛来するようで、
3年連続で養殖しているのが同一個体なら、3才以上で素晴らしいですね。

もうルリビタキの平均寿命を越えているかも。繁殖も3回していることでしょう。

こんにちは。

養殖!そうなんですね。
それでもこの美しい姿は見てみたいです。
一度も見た事がありません。

べり~* 様 へ


こんにちは〜。

熊本には、こっちこっちと 手招きしてくれる
心優しきウォッチャーの方は おられないのでしょうか。

養殖ルリビタキは、人馴れしているので ゆっくり見られます。
この姿が 目の前にいたら、感動ものですよ〜。

No title

こんにちは
青い鳥!本当に綺麗な鳥ですよね~
羽の下の所のオレンジがとっても
鮮やかで美しいですね。

プロの方は養殖で悲しいかもしれないですが
素人の俺だったら出会えただけで嬉しいものです。

No title

ルリビタキの”養殖モノ”なんてあるんですか。
よく皆さん”幸せの青い鳥”に遇ったと書いてますが
養殖モノの場合は半分だけの幸せとか。。(笑)
絶滅危惧種指定の場合はそれも良いんでしょうけど
あまり聞いた事はないですね。
本人は至って普通に思っているようですが。。
疑問はブリーディングなどの場合
コウノトリとかのように脚輪などは付けないんでしょうか。

こんにちは

青い鳥のルリくんには是非出会いたいですね。
でも養殖物には腰が引けます。、

No title

こんにちは♪

昨日途中まで公開してましたね。
コメント入力終えて登録ボタン押したらエラーでガッカリ‥
もしかして残ってるかと思ったらこれまた残念(^^;
本日のコメントはこれで勘弁してくださいね

x都人x 様 へ


こんにちは〜。

夏鳥にもオオルリという青い鳥がいますが、
冬に見られる このルリビタキの方が カワイイ感じです。

養殖をしているウォッチャーの方は けっこういると思いますが、
みんなに こっちこっちと手招きをして、見せてあげてほしいですね。
幸せの青い鳥を、みんなで見ましょ〜。

No title

ルリビタキ、なんてきれいなのでしょう!メルフェンに出てくる鳥ですね。

かぐや姫 様 へ


こんばんは~。

ルリビタキに限らず、珍しい鳥を撮影するために、
好物の虫エサを置いて、鳥を寄せるカメラマンが けっこう いるようです。

仲間うちだけで コソコソ養殖をするから印象が悪いので、
堂々とやって、みんなに見せてあげたらいいと思います。

私は、現在 それだけ日本の野鳥が減っているということなので、
エサをあげて、命を繋げてもらいたいと思っています。

足環を装着するために鳥を捕まえるのは、慣れた人でないと無理で、
調査はしているのでしょうが、鳥は減り続けています。

ハロゲンくん 様 へ


こんにちは〜。

冬になると、青いルリビタキに 早く出会いたいです。

私の知り合いの年配ウォッチャーは、これからエサをまくので、一緒に撮りましょ〜と 誘ってくださいます。
近くにいる来園者にも 青い鳥がいますよ〜という感じで、堂々とすればいいと思います。

私も 堂々と、養殖モノのルリビタキとして公開しました。

なべ 様 へ


こんにちは〜。

そうなんです。昨日、この記事を作成中に、誤って公開していました。

お一人のコメントが入っていたので、慌てて予約投稿にして、リコメをしたらエラーになりました。
それで、一瞬だけ公開にして、リコメを送ったのでした。

予約投稿中はエラーになるようで、タイミングが合わなかったようです。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

ReikoJanvier 様 へ


こんにちは〜。

鳥見を始める前は、青い鳥なんて 空想の鳥だと思っていました。

ちょっと山に入って、生で このルリビタキに会ったら、感動ものですよ〜。

こんばんは

もう少しで青が完成するルリビタキ君ですね。
ルリビタキ、初めて見た時の感動、分かります。
青い鳥、赤い鳥、黄色い鳥、、
どの鳥も初めて見た時は感度でしたが。
オオルリの青とは違う優しい色の青と黄色が、色の少ない冬の風景に似合いますね。




みの里 様 へ


こんばんは〜。

初めて青いルリビタキに会った時のことは忘れません。
5mくらいの距離でバッタリ会って、なぜか逃げなかったのです。

息を殺し、ドキドキしながら、必死でシャッターを切ったのを覚えています。
その間、30秒だったか、1分だったか分かりませんが、夢中のひと時でした。

なかなか、それに優る感動は味わえませんね。

こんばんは

ミルワームあげてるんですね!(^^)!

それはそれでありだと思います(*^^)v

皆が撮影できて楽しければ良いのでは?

中にはどうしてもそれはダメだという方もいらっしゃいます。

俺はあまり気にしませんけどね。

でもなかなか良い場所へ出てきてくれない(笑)

今日も一日お疲れさまでした。

大分ナシカ 様 へ


こんばんは〜。

そうです。ミルワームの威力は絶大のようです。
私は キモチ悪いので、触りたくないですが…。

カメラマンだけでなく、来園者にも青い鳥を見せてあげたら喜ばれます。
ただし、鳥が恐がらない距離は 保ってもらわないといけませんが。

どうしてもダメだという人は、鳥が飢えて死んでも、
それが自然の生態系だと言うのでしょうか。私はエサをあげます。

今日もおつかれさまでした。

No title

きれいな青いのが撮れて良かったですねぇ。
やはり青い鳥は良いです。
餌やりに関しては、それぞれの考え方が
あるようです。
僕も餌付け鳥を撮ったことありますが、
個人的な考え方で最近は撮らなくなりました。

しょもな 様 へ


こんばんは〜。

青いルリビタキが 年内に撮れて よかったです。
春が近づくと焦って来るのです。

鳥をエサで釣って 写真を撮るのは、はしたないと思うこともありましたが、
この自然公園に来る先輩ウォッチャーの方々は、とても気さくでオープンなんです。

これからエサを蒔くので、一緒に撮りましょー!と誘われて、
堂々とエサをあげて、鳥も喜んでエサを食べに来ている感じです。

コソコソやっているグループには、近寄りたくありません。
非公開コメント

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に
通っていて、週末にバイクでバード
ウォッチングに行くのが楽しみです。
広々としたところで暮らしています。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR