土手から見つけた

1317


私の住む町内の川土手から小さな川を挟んでレンコン田があります。私のコンデジの唯一の長所は高倍率で、土手道からレンコン田にいるシギを見つけられます。いることが分かるとチャリの機動力を活かして直行して、そろ〜っと撮るのです。

名称未設定-2_アートボード 1川土手の道を歩いていて、レンコン田をチェック。100m以上ある。名称未設定-3_アートボード 11羽のシギを発見!、手持ち3000mm(35mm換算)の見え方。アンタ、逃さへんで。名称未設定-4_アートボード 1チャリで土手を降りて行き、30mくらいから撮影。名称未設定-5_アートボード 1とりとりNo.1317  ムナグロ 冬羽なのか幼鳥なのか。
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。

ムナグロですか。まだ見たことがありませんが、長い脚につぶらな瞳。綺麗な鳥ですね。☆!
シギは概ねスタイルがよく、可愛い鳥ですが、これはまさにその通りだと思いますww

おはようございます♪

やっと蓮田の葉が枯れて少し見やすくなりましたね
ムナグロも冬羽で地味になってますが可愛いです♪

この状態の田ならいろんなシギが立ち寄りそうで
楽しみが増えましたね^^

No title

ムナグロは見たことがありません。当方はダイゼンばかりです。
高倍率は便利でしょうね。

ゴロー・O 様 へ


こんばんは〜。

ムナグロは、春と秋の渡り時に 隣りの町内のレンコン田に立ち寄っていましたが、
町内の数少ないレンコン田にやって来たのは初めてで、1羽ですが会えてよかったです。

cat 様 へ


おはようございます。

ムナグロが、その名前の通り 胸が黒いのは、
夏羽になっている春の渡り時でしょうか。これは幼鳥かもしれませんが…。

レンコン田は、レンコンの収穫をしないと、葉がジャマで鳥が見えないですね。
今年は収穫が遅れているのか、シギ・チドリが見られる所が少ないです。

AzTak 様 へ


おはようございます。

私は ムナグロばかりで、ダイゼンを見たことがありません。干潟に行かないからでしょうね。

私のコンデジの高倍率は 鳥が探せて便利ですが、キレイに写すのが難しいです。

No title

レンコン田も撮影シーズンになりましたかね。
これからシギが見られるのでしょうか。
楽しみですね。
ムナグロかわいいですね。
胸は黒くないですが
冬羽だからですか?
超望遠すごいですね。

おはようございます。

1羽だけだったんですか。
ルートをちょっと外れてやって来たのかな。
ちゃんと見た事がないのでどの程度なのかわかりませんが、幼鳥は黄色っぽいそうですね。
それが成長と共に薄れていくとか。
人によってはその色をゴールドと呼んでいるようなので見てみたいです。

tor 様 へ


おはようございます。

シギ・チドリは 最盛期のはずですが、飛来数は低調で、
レンコン田の レンコンの収穫が進んでいないのが大きそうです。

ムナグロは もう冬羽になっているのか、幼鳥なのか胸が黒くないです。
春の渡りの時は夏羽になっていて、胸の黒いのが見られます。

超望遠は 確認には使えますが、撮影は厳しいですね。

やませみ 様 へ


おはようございます。

この時のムナグロは1羽だけでした。群れから はぐれたのでしょうか。
この黄色っぽい色柄は独特で、幼鳥なのかもしれませんね。

これがゴールドと呼ばれているのですか。
次に 春の渡り時に見たら、黒い胸の 全然 違う姿になっていることでしょう。

こんにちは。

凄い距離ですが、倍率3000mm!
それだけあると良いですね。
30mでも充分綺麗に撮れますね。

べり~* 様 へ


おはようございます。

コンデジなので、35mmカメラなら3000mmの焦点距離になり、
手ブレをするので、その拡大率だと鳥を探すだけですね。

ソコソコの画質で撮るには、30mくらいには近寄って、
2000mm以下で撮った方がいいようです、

No title

肉眼で鳥種が分かるのはせいぜい30mでしょうか。
それも晴れた昼間で開けた空間の場合。
この日は”ムナグロ?”に近づける道もある
場所でばっちり写せて良かったですね。
こちらを見ている黒い瞳がとても愛らしいシギですね。

こんにちは

100mの距離からムナグロがこれ程の大きさに撮れるとは凄いですね。
幼鳥か冬羽かは悩ましいです。

こんばんは

高倍率カメラは双眼鏡代わりにもなって助かりますね。
日常生活使いに、気楽に持って出かけられるし。欲しい!
取り入れの済んだレンコン田はシギのお休み所、見回りも楽しそう。
秋の渡りはまだもう少しで楽しめそうでしょうか。
間に合ううちにわたしも遠征してシギ見にいきたい、、。

かぐや姫 様 へ


こんばんは〜。

私は鳥見を始めて6年で、少しは飛ぶ姿などの見分けが出来るようになりましたが、
小鳥系なら30mが限度で、それより遠いと 見分けの前によく見えません。

ムナグロは ムクドリくらいの大きさですが、100m以上離れていたら、
肉眼では見えないので、カメラの高倍率ズームが役に立っています。
ムナグロはチドリの仲間で、可愛らしいですね。

ハロゲンくん 様 へ


こんばんは〜。

100m以上の距離から撮ったのは2枚目の写真で、やっと見えるという感じです。
3枚目・4枚目の写真は近くから撮りましたが、幼鳥か冬羽か分かりません。

No title

今晩は
3000㎜ですか凄いですね~
バッチリと撮られてますねー
ムナグロですか初めて見させて頂きます。

そろそろ冬鳥ですかね~

みの里 様 へ


こんばんは〜。

今は カメラで ぐるっと見渡しているので、双眼鏡は使っていません。

私のコンデジは大きいですが、高倍率の割には軽くコンパクトで、
肩にかけたままバイクで移動して、そのまま撮っています。
レンズキャップを付けたことがなく、とってもイージーですね。

シギ・チドリの時期は もう少しと思われ、もう一度は出向きたいです。

x都人x 様 へ


こんばんは〜。

最初は、1000mmを超えたら 手持ちでは無理だと思ったのですが、
慣れたら 2000mm超でも けっこう撮れるものです。

シギ・チドリを もうしばらく撮りに行って、
その後は、冬鳥各種と会いたいですね〜。

こんばんは

ムナグロ冬羽ですね!(^^)!

ムナグロはダイゼンに比べるとスマートでお顔も可愛らしいです(*^^)v

背中の方から撮影すると黄色が入っててすごくきれいな鳥さんです。

俺の場合はムナグロではなく腹黒です(笑)

今日も一日お疲れさまでした。

No title

正直、ムクドリもシギもムナグロも私には区別がつきませんが、せめて大きさが違えば、そしてもし一緒にいたらわかるかもしれません。
成長したら胸が黒いからムナグロなのですか?

大分ナシカ 様 へ


こんばんは〜。

私は ダイゼンに会ったことがないのですが、ムナグロの方がスマートで可愛いですか。
夏羽だと 顔からお腹まで真っ黒で、ゴツい感じがしますね。

冬羽だと、幼鳥だけでなく 成鳥も黄色っぽいのでしょうか。
ムナグロではなくてハラグロですか。ムネヤケやハライタも嫌ですね。

今日もおつかれさまでした。

ReikoJanvier 様 へ


こんばんは〜。

このムナグロは大きく見えますが、ムクドリくらいの大きさの鳥です。

ムナグロは、春から夏の夏羽では 顔からお腹まで真っ黒の、まさに胸黒になりますが、
秋から冬にかけての冬羽では この写真のような茶色い姿になります。

No title

ムナグロは前が黒いのしか見たことがありません。
いや気づいていないのかもしれないです。
こういう色でもやはり顔はムナグロ。
冬羽なんでしょうかね・・・
それのしても高倍率は有利ですね。

しょもな 様 へ


おはようございます。

春に見る夏羽のムナグロは黒くて、秋のは冬羽で茶色い気がします。
1羽でいたので、群れから はぐれた幼鳥かもしれません。

遠くの鳥を探す時に 高倍率ズームはいいですね。
撮影も 精度はイマイチですが、とりあえず届くといった感じです。
非公開コメント

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に
通っていて、週末にバイクでバード
ウォッチングに行くのが楽しみです。
広々としたところで暮らしています。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR