7種の鳥

1374


3月後半になり、渡って行く鳥もいると思います。その前に撮った7種の鳥、見かけはパッとしませんが定番の顔ぶれです。この中でシジュウカラ、ヒヨドリ、カワラヒワは留鳥です。

名称未設定-3_アートボード 1名称未設定-4_アートボード 1名称未設定-5_アートボード 1名称未設定-6_アートボード 1名称未設定-7_アートボード 1名称未設定-8_アートボード 1名称未設定-10_アートボード 1
とりとりNo.1374 上から、シジュウカラ、ツグミ、ヒヨドリ、オオバン、アトリ、
           カワラヒワ、シロハラ
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。

オオバン意外の鳥達は当地にはいないのですが、同類の鳥達おり、その姿を思い浮かべながら拝見しました。
あ、ヒヨドリは似た鳥もいません。
だからかも知れませんが、春に日本へ帰ると桜の花の近くにいるヒヨドリを探してしまいますww

ゴロー・O 様 へ


こんばんは〜。

年々 冬鳥の数が減っていますが、オオバンは たくさん飛来していて、ワールドワイドな鳥なのですね。

ヒヨドリは 年中 たくさん見かけ、大きな声を出して一番に逃げて行くので、
他の鳥を逃がしてしまう厄介者です。ですが、桜の花とヒヨドリは 日本的な風景なのかもしれません。

No title

おはようございます。
渡りの時期となり
これから寂しくなりますね。
こちらもオオバンが残っていますが
数が少なくなってきていますね。
先日今シーズンも時折姿を見せていた
ジョビ子ちゃんが隣の屋根から
こちらを見ていましたが
その後見かけなくなりました。
別れの挨拶だったかなとも。

おはようございます。

昨日ツグミとノスリ、選手末にジョウビタキオスを見ました。
段々と冬の日常(鳥見)が変わって行きますね。
桜が咲いたら春の鳥さんたちの声と姿に気分もすっかり切り替えられるでしょうか。

おはようございます。

カワラヒワのトゲトゲの木の実のお写真、とても面白いなと思います。横になっている容姿もかわいいですね。私もこういう写真が撮れるといいなと思っています。

No title

珍しくても、さほどじゃなくても、此の生きにくい地球環境で姿を見せてくれているだけでありがたいです。あと30年もすれば、見られなくなる鳥さんも出てくるのでしょうね。
まあ、今の私の年齢からすれば、30年後の状況が確認できる可能性は全くありませんが。

tor 様 へ


おはようございます。

今のところ、こちらでは ジョウビタキ他の冬鳥は まだ滞在しているようです。

これから 夏鳥のツバメが渡って来ると、押し出されるように
冬鳥たちが渡って行きます。そして、4月になると夏鳥がやって来ます。

ジョウビタキは 一気にいなくなるので、お別れを言っておかないと いけませんね。

やませみ 様 へ


おはようございます。

最近、アベックの ツグミ、ノスリ、ジョウビタキを見たので、
鳥たちは すでに繁殖地に帰った後のことを考えているのかもしれません。

ソメイヨシノの開花と同時期かもしれませんが、ツバメを見たら夏鳥スタートの気分です。

MT 様 へ


おはようございます。

カワラヒワのいる実は、何に木の実なのでしょうか。
この大きな木の下で待っていると、マヒワの群れがやって来ます。

カワラヒワを おとりのデコイと言ったら怒られますね。

AzTak 様 へ


おはようございます。

この7種は、岡山県南部では 冬のありふれた鳥なのですが、
おっしゃるように、近未来に ありふれた鳥かどうかは分かりませんね。

未来を20年後ではなく 30年後とされたのは、健康に自信が おありなのでしょう。
私は20年 元気に動き回って、ポックリ逝きたいです。

No title

この中で私はツグミがかわいいなって思いました。もちろん他の鳥もきれいですが、ツグミの質素な感じが好きです。

こんにちは

ツグミ、アトリ、シロハラなどの冬鳥はもうじきお別れですね。
シジュウカラ、ヒヨドリ、カワラヒワは留鳥又は漂鳥なのでしばらくは出会えますね。
ツバメなどの夏鳥がそろそろかと思います。

こんばんは

そうだ、オオバンも渡りだったのでした!
そういえばオオバンも最近メッキリ少なくなったような。
海のカモ達も数が少なくなっています。
トゲトゲの木の実に挑戦しているカワラヒワが生き生きとしていていいですね。
アトリもシロハラも、最近見ていないから行っちゃったのかな。
ジョウビタキとツグミは頑張っていてくれてます。
3年後、鳥見をやっているかどうか?
20年頃?、、、あははꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)ァ,、'`.

No title

今晩は
冬鳥も帰る時期に寂しくなっていきますね
でも留鳥はじめツグミ、シロハラ、アトリに
出会て良かったのではないですか!

留鳥はじめ夏鳥も楽しみにしています(^^

こんばんは

まだまだジョウビタキは残ってますね!(^^)!

月末くらいまでいそうです(*^^)v

猛禽類の渡りが始まったのでそろそろ帰り始めると思います。

もうしばらくすればオオルリ、キビタキも到着するのではないかと思います。

今日も一日お疲れさまでした。

ReikoJanvier 様 へ


こんばんは〜。

冬鳥のツグミは 数多く飛来しているので、マジマジ見ることは ないのですが、
よく見ると 野生味のある味わい深い鳥ですね。渡って行く前に もう一度 しっかり見ておきます。

ハロゲンくん 様 へ


こんばんは〜。

シジュウカラ、ヒヨドリ、カワラヒワは、私の近所では年中 見られます。

ツグミ、オオバン、アトリ、シロハラは、もうすぐお別れですが、
そろそろ 夏鳥のツバメが大量に来て、冬鳥たちを押し出して行くと思います。

みの里 様 へ


こんばんは〜。

オオバンが減っていますか。こちらではオオバンが やたらいて、
この先も数が減りそうな気配はありません。

トゲトゲの実に寄って来たカワラヒワですが、それを見てマヒワの群れが来ます。
アトリとシロハラは遅れてやって来たせいか、もう少し留まりそうです。

ジョウビタキとツグミは数が多いですが、渡るときは一気に行きますね。
体が元気なら、鳥見は続けていきたいですね。

x都人x 様 へ


こんばんは〜。

最近は この7種の鳥をコンスタントに見られています。
冬鳥は 3月の終わりから 続々と渡って行くと思います。

冬鳥と夏鳥の端境期があったらツラいですが、
夏鳥の初物を狙ってチャレンジして行きます。

大分ナシカ 様 へ


こんばんは〜。

例年、ジョウビタキは3月終わりに 一気に渡って行きますね。

その頃に ツバメが大挙して到着して、
少し間を置いて キビタキ、オオルリがやって来そうです。

そろそろ 気持ちを夏鳥モードに変えないといけませんね。

今日もおつかれさまでした。

こんばんは

渡りの時期、春分だというのにまるで真冬の寒さ+強風で、天候が落ち着くまではもうしばらく留まっていてくれるでしょうね。
こんな時に移動をすると風に吹かれて目的地に行けないですよね。

大阪はアラレ混じりの雨が降りました。
そちらは雪などの影響はなかったですか?

ももちゃん7 様 へ


こんばんは〜。

今日は寒かったですが、アラレは降りませんでした。
雨の予報はなかったのに、けっこう降っていましたね。

冬鳥たちは こんな日に旅立ったら、気分が良くないと思います。
でも、高度を上げて雲の上を飛んだら スイスイ進むのかも…。

おはようございます。

 やっと体調が戻ってきました・・・

 また再開しますのでよろしくお願いします

 いつもの鳥たちですね

 でも、我が家付近にはアトリは見かけません

とちぎけん登山あれこれ 様 へ


おはようございます。

体調が戻られたようで良かったですね。
こちらこそ よろしくお願いいたします。

この7種は、今 よく会っている鳥たちです。
アトリも よく見られる鳥なのですが…。

No title

あっという間に冬鳥が去って行く時期になりましたね。
常駐さんだって面白いですが
観察が長くなって来ると”またか。。”
”あれか。。”
と愚痴をこぼしたくもなって来ます。(笑)
アトリは頭がごま塩でちょっとですが(若鳥?)
羽色がきれいな鳥ですね。
残念ながら渡り組でしょうか?

こんにちは。

ずっとこの地に留鳥する鳥もいるんですね。
危険も少ないでしょうし、体力も温存できるでしょうし
それに比べて渡り鳥は大変ですよね。

かぐや姫 様 へ


こんばんは〜。

ずっと冬鳥が少ないとボヤいていましたが、
気がつけば 冬鳥が渡って行く時期になりました。

留鳥は 年中会えるメンバーなので、見飽きていて、
やはり 冬鳥・夏鳥の珍しい鳥を追いかけることになります。
冬鳥のツグミや 夏鳥のツバメは、数が多いので飽きてしまいますが…。

このアトリは、顔が黒いので成鳥のオスだと思います。
こちらでは冬鳥なので、もう渡って行く頃です。

べり~* 様 へ


こんにちは〜。

その事をいつも考えます。留鳥と渡り鳥は どちらがいいのかと…。

私なら、沖縄と北海道に家が2軒あって、1年を半々で暮らしたいですね。
渡りはヒコーキで、宝くじが当たったらですが。

No title

鳥たちもそろそろ入れ替わりの時期が近づいていますね。
撮れる鳥は今のうちにって感じです。
最近カメラを替えられたのかなって思うほど
どれも綺麗に撮れていますね。

しょもな 様 へ


おはようございます。

冬鳥は ぼちぼち渡って行きそうですね。今のうちにという気持ちもありますが、
ずっと同じ鳥たちを撮って来たので、少々飽きが来ている感じです。

カメラは相変わらずのコンデジで、腕もポンコツのままですが、
その分、画像補正のテクニックが向上したのでしょうか。
非公開コメント

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に
通っていて、週末にバイクでバード
ウォッチングに行くのが楽しみです。
広々としたところで暮らしています。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR