恋の季節

1375


春のような暖かい日が増えて来て、町内の川土手では留鳥のキジバトが集団見合い?!。冬鳥の
ノスリとジョウビタキが縄張り争いをやめてペアになっている?!。背中合わせのヌートリアもいて、春近しという感じです。

名称未設定-7_アートボード 1これはキジバトの集団見合い?!。名称未設定-8_アートボード 1ノスリのカップル??。猛禽が2羽集うのは珍しい。名称未設定-9_アートボード 1ジョウビタキのメスとオス。縄張り争いではなさそう。名称未設定-10_アートボード 1とりとりNo.1375  ヌートリアつがい?? 倦怠期か。
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。

春ですね。写真を拝見した素直な感想です。
猛禽が2羽一緒にいるのは見たことがありません。いい瞬間を撮られましたね。☆!
そしてジョウビタキ達、いい雰囲気です。
ヌートリア達も倦怠期ではなく、『春爛漫』になりそうな感じですww

No title

(ΦωΦ)フフフ…、カイツブリなどの例外を除けば、年に一度の繁殖時期ですよね。縄張り争いは一時休戦というところでしょうね。
仲良くして、ぜひとも子孫を増やしてもらいたいものです。少子化を志向するのだけはやめてね。

ゴロー・O 様 へ


こんばんは〜。

このところ 冷たい雨が降っていましたが、日が出るとポカポカして来ます。

トビ以外の猛禽が 2羽いるのを初めて見ました。ノスリのカップルなのでしょうか。
秋のジョウビタキは 雌雄で激しい縄張り争いをしていました。春は雰囲気が違います。

ヌートリアは 数が増えると農業被害が増えるので、倦怠期であって欲しいのですが…。

AzTak 様 へ


おはようございます。

キジバトは繁殖期間が長いようですが、今の時期に相手を決めるのでしょうね。
渡りが近づくと 縄張り意識が薄れて、いきなり恋の季節になるのかも?!。

鳥は数を増やして、ヌートリアは農業被害をもたらすので 少子化であって欲しいです。

おはようございます。

やはり春は別れだけじゃなく出会いの季節。
恋も芽生えますね。
私もノスリがこんなに近くに2羽いるのを見た事がありません。
ジョウビタキもちょっと前は♀が♂を追い立てていたのにね(^^)

おはようございます

はるうららオスとメスの出会いの季節

 いいですねえ

No title

ジョウビタキのメスとオスが
仲良く並んでいますね。
少し前までは仲が悪かったのに···
恋の季節。
春ですね。
ようやく桜も開花しました。
出会いの季節到来です。

やませみ 様 へ


おはようございます。

そうですね。春は別れの季節であり、恋の季節です。
この2羽のノスリは、ひょっとしたら母と娘で、一緒に繁殖地に帰るのかも…。

ジョウビタキは 最近までは、オスメス関係なしに縄張り争いをしていましたが、
ここへ来て、メスが急に色気づいた?!。

とちぎけん登山あれこれ 様 へ


おはようございます。

ポカポカ陽気とともに 恋心も芽生える季節になったようで、
夏鳥の飛来も待ち遠しいですね。

tor 様 へ


おはようございます。

つい最近まで ジョウビタキのメスは、縄張りにやって来たオスを
コテンパンにやっつけていたのに、この写真のメスのしおらしいこと!?。

食い気モードが色気モードに切り替わった?!。
女心と秋の空が、桜が咲く春に来たという感じで、ラブラブで渡って行くのかも…。

こんにちは。

今頃が恋の季節ですか。
集団なんて面白~い♪
でも、人間も婚活ありますからね。
いい相手が見つかればいいですね。

べり~* 様 へ


こんにちは〜。

キジバトが6羽、木の枝に この とまり方は、
集団見合いに見えないですか。

キジバトは つがい相手を決めたら、
年4回も繁殖するそうです。じっくり決めるべき?!。

No title

春になると鳥たちは縄張り争いを一時やめるのですか?みな友好的に一緒に過ごしているのを見るとうれしいです。今年はウグイスの鳴き声が聞こえなくて寂しかったです。

ReikoJanvier 様 へ


こんばんは〜。

越冬地にやって来て、縄張りを死守してエサを確保して生き延びた鳥たちは、
繁殖地に帰る前は もう争う必要がないということでしょう。早めに色気付いたのかも?!。

ウグイスのさえずりは これからが本番ですが、いなくなったのかもしれませんね。

こんにちは

繁殖の時期になると、猛禽のノスリもペアで行動するようですね。
ジョウビタキはそろそろ北帰でしょうけど、その前にカップル形成でしょうか。

こんばんは

今日の仕事中に白変したノスリを見ましたがカメラがなく残念でした!(^^)!

真っ白ではなかったのでアルビノではありませんけどね(*^^)v

鳥さんは恋のシーズンはすぎて巣作りをしてるのを良く見かけます。

巣材を一生懸命運んでいましたよ。

今日も一日お疲れさまでした。

No title

今晩は
ノリスにジョウビタキのペアですか
春は恋の季節なんですね~

恋の季節で思い出しましたが
ピンキーとキラーズを、、
忘れられないの あの人が好きよ~

あの頃は若かったな~(^^”

こんばんは

この季節はちょっと間が空きますよね。
そういえば、お近くの湖では、ミサゴの狩など見ることもできるのではないのでしょうか。

ハロゲンくん 様 へ


こんばんは〜。

ノスリは 当地を越冬地にしていて、もうすぐ繁殖地に帰る漂鳥です。
ジョウビタキも同じなのですが、外国の繁殖地に帰るので冬鳥なのでしょうね。

ノスリも ジョウビタキも、帰る直前にカップルになるのかも…。

大分ナシカ 様 へ


こんばんは〜。

ノスリには、いろんな種類があるようですね。
私も 白っぽいのを見ましたが、写真に撮れなかったのが残念です。

トビやカラスが巣材をくわえて飛んでいました。
あれは 恋の季節を過ぎて、子育てに入っている行動なんですね。

今日もおつかれさまでした。

x都人x 様 へ


こんばんは〜。

ノリスとジョウビタキのカップルと見ました、
繁殖地に帰る前に、恋の季節は始まっていそうです。

ピンキーとキラーズの恋の季節、懐かしいですね。
今陽子さんが颯爽と歌って、健康的という感じでした。
私は青江美奈さんの色っぽさが好きでした。

MT 様 へ


こんばんは〜。

冬鳥が渡りに入り、夏鳥が来る前の端境機に入ったでしょうか。

私が暮らす町内に接している児島湖で、ミサゴが盛んに狩りをしています。
ダーウィンポーズのダイブもありますが、そろっと水面に降りて魚を掴むことも多いです。

No title

日本では桜の開花も遅れているそうですが
野生動物たちは時期に合わせて繁殖準備をしているのかもですね。
鷹類はこちらでは結構2羽でいるところを見ます。
ただ番いではなく親子の場合もあるようです。
若鳥から成鳥になる直前だと見た目同じでも行動で分かる時があります。
小鳥の場合は雄雌の区別の付く鳥で雌が2羽と言うのもよくあり親子と言う事ですね。
動物の場合は聞いてみないと分からないですね。(笑)

かぐや姫 様 へ


こんばんは〜。

日本各地のソメイヨシノの開花は、ちょっと遅れているようです。
鳥たちの繁殖ですが、トビとカラスは巣材をくわえて運んでいて、もうすぐ産卵しそうです。

このノスリは 母と娘かもしれません。母親の縄張りを娘が受け継ぐことがあるそうで、
久しぶりに顔を合わせて、一緒に繁殖地に飛んで行くのかもしれません。

ジョウビタキのオスとメスは、カップルかカップル候補のような気がします。
秋に渡って来た時の幼鳥は もう立派な成鳥になっていて、母親と息子のツーショットは無いでしょう。
人間よりも小鳥の方が ずっと自立心が高いように思います。

こんばんは

鳥達の恋の季節の始まりは早くで、もう巣作りも始まっていますね。
ジョウビタキの雌雄が同画面に入るのは、なかなかないですね。
ジョウビタキは、きかんぼうなので一緒にいると、つい喧嘩しないでねって思っちゃいます。
鳩はいつも群れでいるので、見合いし放題ですね。(^◇^;)
ヌートリアも仲良くしてねー。

みの里 様 へ


こんばんは〜。

トビとカラスが巣材をくわえて飛んでいて、もう産卵しそうです。

ジョウビタキは、秋の縄張り争いで 同種のツーショットを見ましたが、
渡り前は 何だか雰囲気が違いました。優しいメスを見たのは珍しい?!。

ドバトの群れは分かりませんが、キジバトはつがい単位で群れるようで、
今の時期だけ お見合いの集いのようです。

ヌートリアは 普段は仲の良い感じで、数がどんどん増えそうです。

No title

こんにちは。


芽吹きって
心もあるんですね。

春だというのに
津軽はどんより天候が続き
昨日の歓送迎会で体もどんよりの本日です  笑)

朝弁 様 へ


こんにちは〜。

3月の終わりですが、もう春ですね。
今朝は 山に行って夏鳥に会いました。

昨日 開催されたのなら 送別会でしょうか。
ついつい飲み過ぎて、二日酔いなのですね。
日にちが薬となって、どんよりも晴れて来ますよ。
非公開コメント

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に
通っていて、週末にバイクでバード
ウォッチングに行くのが楽しみです。
広々としたところで暮らしています。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR