夏鳥モードなのに

1380


4月14日(日)、熊山で地味なヒタキ科の鳥を撮りました。頭がすっかり夏鳥モードになっていたので、コサメビタキだと思いました。それでパソコンで写真のチェックをすると、コサメビタキにしては目が小さくクチバシが黒い、キビタキ♀とは顔が違う、ニシオジロビタキとは体型が違う。脇の黄色味からルリビタキ♀ですね。紛らわしいから早く帰れー!。

名称未設定-1_アートボード 14月14日、熊山で撮った鳥はコサメビタキかと思ったが、名称未設定-2_アートボード 1
とりとりNo.1380  ルリビタキ♀ キビタキ♀か、ニシオジロビタキかとも思った。
スポンサーサイト



コメント

こんばんは

ルリビタキちゃんがまだ残っていましたか?
私も先日桜を撮りに行ったらルリ君が居ました。
私の前を横切った際に一瞬、オオルリ?と思い短いレンズですが撮って確認するとルリビタキのオスでした。

お山に帰ってペアになる相手を見つけないとね。

こんばんは。

冬鳥のルリビタキがまだ残っているのですね。
雌鳥がいれば雄鳥もまだ残っているでしょうね。
夏期に繁殖する場所も暑いので同じだと思って残っている訳ではないでしょうが…

ももちゃん7 様 へ


おはようございます。

夏鳥を目当てに出向いたので、ルリビタキは頭に無かったです。

オオルリと センダイムシクイの さえずりを聞きながら、この鳥を見つけたので、
コサメビタキか キビタキ♀かと思ったのですが…。

思い込みをしていて、オオルリ♂と ルリビタキ♂の ツーショットを見たら ビックリしますね。

ゴロー・O 様 へ


こんばんは〜。

夏鳥が 渡って来ている 4月14日なので、
ルリビタキは もう繁殖地に戻ったと思っていました。思い込みはダメですね。

繁殖地も暑いと思ったら、なかなか飛び立つ ふんぎりが つかないのかもしれません。

おはようございます。

只でさえ見分けにくい鳥さんが、季節をまたいで両方いると混乱しますね。
もっとも鳥さんにすれば「こっちにも都合があるんだよ!」と言われそうです(^^)
でも、思い込みを直したり、鳥さんの同定のための試練というかいい経験になりますね。

No title

おはようございます。
さすがのTD様でも···
もう初夏を思わせる暑さで
夏鳥モード
もう帰ったと思ってますよね。
頑張って残ってましたね。
記録として残せますね。

やませみ 様 へ


おはようございます。

あれほど熱を入れていた冬の鳥のことを すっかり忘れて、
もう夏の鳥のことで頭が一杯の私は 浮気症なのでしょうか。

単純に、冬の鳥、夏の鳥でなく、カブリの春を大いに楽しむ。
それこそ 浮気症のような気が…。

tor 様 へ


おはようございます。

何でも地球温暖化に かこつけて、
一年中アイスを食べている私が、
冬の鳥、夏の鳥と区切るのは おかしいですね。

夏に 汗をかきながら たこ焼きを食べたくないのは、
やはり年間の気温が上昇しているのでしょうね。
冬の鳥は 地球温暖化の中で踏ん張っているのかも。

No title

ルリ子さんでしたか。有難い限りだと思います。長い距離を飛ぶことができない居残り組ではないことを祈りたいものです。

AzTak 様 へ


おはようございます。

暗い場所の逆光で 色がよく出ていませんが、これはルリビタキ♀ではないでしょうか。
夏に涼しく過ごせる場所を見つけたら、留鳥になれるかも…。

こんにちは。

まだ帰ってなかったんですね。
ゆっくりしてますね~暖かいから帰らないとか・・・
そんな事はないんでしょうけど。

No title

こんにちは
本当に夏の様に暑くなりましたよね~
夏本番になるとどうなるのでしょー

ルリビタキ♀ですかまだ帰らずに、、
きっとTDさんに会いたかったのでしょう!

べり~* 様 へ


こんにちは〜。

今、冬に寒い地域から越冬しに来て長居をしている鳥たちと、
冬に暖かい地域に越冬しに行き 帰って来た鳥たちが混在しています。

前者は暑がりで、後者は寒がりのはずなのですが、果たして…。

x都人x 様 へ


こんにちは〜。

今、急に気温が上がって、暑くて たまらんという感じですが、
ジワジワ気温が上がって行く夏は、それほどでも ないのかも?!。

冬の鳥は、春の夏日が堪えるでしょうね。
このルリビタキのメスは、夏鳥に間違えられて 旅立つ決心がついたかも。

こんにちは

ルリビタキ♀、可愛いですね。
せかさないでください(笑)。

No title

人間よりも自然界の生き物の方が気候を知っているから、まだまだ一部の鳥たちは春だと判断しているのだと思います。また陰暦だったら、今はまだ3月の始めだと思います。

こんばんは

まだルリちゃんいましたか!(^^)!

高地へ移動するときに立ち寄った個体(*^^)v

夏鳥はすでに到着していますが今は移動個体を狙っています。

これがなかなか手強くて2度もフラれましたwww

今日も一日お疲れさまでした。

ハロゲンくん 様 へ


こんばんは〜。

もう、コサメビタキと信じて疑わなかったので、
他のカメラマンに コサメビタキを撮ったと大ウソをつきました。

ReikoJanvier 様 へ


こんばんは〜。

冬の鳥を追い出すように 夏の鳥が渡って来ています。
いろんな所で 夏の鳥が恋のさえずりを奏で始めたので、冬の鳥は早く繁殖地に帰りたいと思うことでしょう。

大分ナシカ 様 へ


こんばんは〜。

このルリビタキは、高地に移動する際に立ち寄った個体でしょうか。

周りで オオルリや センダイムシクイに元気よくさえずられると、
居づらくなって早く飛んで行こうと思うでしょうね。

移動個体と言うと、まだ見ぬコマドリに会ってみたいですね。

今日もおつかれさまでした。

おはようございます。

ヒタキ科の雌やオスの幼鳥の区別は難しいですね・・・

 ルリビタキはまだいるんですね・・・

とちぎけん登山あれこれ 様 へ


おはようございます。

熊山には 夏鳥を撮りに行ったので、てっきり コサメビタキかと…。

よく考えると ルリビタキが残っていそうですが、頭の中から抜けていました。

こんばんは!

うわー、これは判別悩みますね。
ルリビタキメスなら尾の先は青いはずですが、他のカットでは映っていましたか。^^;

MT 様 へ


おはようございます。

現地で写真を撮ったときはコサメビタキと思ったのですが、目が小さくクチバシが黒いので違い、
パソコンで拡大して見て、色柄や顔がキビタキ♀と違い、体型がニシオジロビタキと違うと思いました。

この2カットしか写せておらず、上記の消去法でルリビタキ♀と思いました。

おはようございます。

こちらの記事にコメントですみません。
「夏鳥の木」の樹はクヌギじゃないでしょうか。
樹肌の感じと藤みたいに長くぶら下がる花から判断しました。
新緑の葉がきれいです。
こうした常緑樹の花に鳥が寄って来るなんて知りませんでした。

やませみ 様 へ


おはようございます。

横着をしてコメント欄を閉めている記事に 教えていただき ありがとうございます。

クヌギをググってみて、ぶら下がっている花から「夏鳥の木」のようです。
この木の場所が良いのかもしれませんが、春の一時期に鳥が群れていて、
何か引き寄せるものが あるのかもしれませんね。
非公開コメント

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に
通っていて、週末にバイクでバード
ウォッチングに行くのが楽しみです。
広々としたところで暮らしています。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR