前方のケリ、後方のケリ

288

バイクで田んぼの脇道を走っていた時、突然、ケリケリケリーッ!と激しい鳴き声がして、一羽のケリが空から私の前に降りて来ました。すると、もう一羽のケリが空から私の後ろに降りて来て、二羽ともうるさく鳴き出しました。

前方15メートルと後方15メートルに二羽のケリ。こりゃ〜二羽はつがいで近くに巣があるな〜と思ったのですが、必死に鳴くのが可哀想で帰りました。たぶん前方の細身で色が薄い方がメスだと思います。※ Jun様からケリは雌雄同色で、色の薄いのは昨年生まれた若い鳥だと教えていただきました。訂正させていただきます。

名称未設定-2-01とりとりNo288  前方のケリ  昨年の生まれで色が薄い、オスメスは不明名称未設定-1-01後方のケリ  成鳥でオスメスは不明
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。

綺麗な鳥ですね。
目が特に綺麗だと思います。
少し不安気ですが。
そして素晴らしい写真ですねww☆!

おはようございます

けりですか、名前も姿も初めてです。いろいろな鳥がいるんですね。こんな大きな鳥を私は知らなかったんですね。

No title

こんにちは~!!
ケリという鳥ははじめて聞きました。
そこらにいる鳥じゃないんですよね?

おはようございます。

スタイルの違いによる性別判断、信じてもいいんですよね。(笑)
ケリは、本当にケリケリケリッー!と鳴くでしょうか?
魅力的な鳥ですね。好きになりそうです。

おはようございます

ゴロー・O 様

ありがとうございます。
この2羽はそっぽを向きながら私を見ています。私もそっぽを向いて安心させて撮影しました。
普段のケリは50メートルも近寄ると逃げるのですが、この時は15メートルの大接近でした。
私は赤い目はちょっと苦手です。見慣れてないからかもしれません。

おはようございます

とちぎけん登山あれこれ 様

ケリはケリケリ鳴くからケリです。(ホントかな〜)
大きさは ハトとカラスの間くらいで、トビやカラスとケンカしている姿は ずいぶん小さく見えます。
でも、気が強くて負けないんですよ〜。

おはようございます

かっぱのしんちゃん 様

ケリは、私の回りではよく見る鳥です。
田園地帯では普通に見られる鳥だと思っているのですが…。

おはようございます

K.R.M 様

ギクッ!、私は♀を見る目がありませんので、K.R.M様にお聞きすればよかったです。

ケリは、本当にケリケリケリッー!と鳴きます。1km離れていても聞こえます。
コイツとは関わらない方がいいです。怒らせたら、頭に一撃をくらいそうです。

No title

こんにちは。

ディレクターさんの前後に一羽づつですか。
こんなことがあるのですね。

きっと想像通りに警戒しているのでしょうね。

ケリはこちらでは見ません。
足が長くてスマートですね。

とても鮮明に撮れています。

こんばんは〜

前後に一羽づつは、そばにヒナがいたので、私の気をそらそうとしたのだと思います。
二羽とも警戒して激しく鳴いていました。

aya様の地方にはケリはいませんか。田んぼや畑のある所にはいそうなものですが…。

私のポケットカメラは、対象物が近いと鮮明に写ります。(この写真が目一杯ですが)

No title

こんばんは。

お名前も初めて
ましてやお姿も初めての
けりさんです!

No title

この2個体、成鳥と昨年生まれの若い個体ですね。頭部が褐色かがっているのと虹彩の色が鈍い、胸の帯の色が真っ黒ではない、これらは若いケリの特徴なのです。成鳥の雌雄はこれほどの差はありませんね。長年ケリを見ていますが、図鑑にもあるように、成鳥の雌雄は同色です。

こんばんは〜

朝弁 様

ケリは姿の特異さと独特の鳴き声で目立つ鳥だと思うのですが、
知らない方が多いようです。

かく言う私もバードウォッチングを始めてから知りました。

こんばんは〜

Jun 様

色の薄い方は若い鳥だったんですね。教えていただき、ありがとうございました。

オスメス同色はポケット図鑑にも載っていましたが、
つがいで繁殖期の威嚇行動を受けたので、見た目でオスメスを決めたかったのです。

でも、色が薄い(若い方)のがオスかもしれません。記事を訂正いたします。

No title

訂正までしていただきまして、いたみいります。つがいであることはその通りと思います。雌雄は交尾を見ると明らかになりますが、見かけだけでは雌雄は難しいですね。オスかもメスかも程度ですね。手にすれば、見分けられるポイントがあっても、野外観察ではそこまでみられませんね。

おはようございます

さらに詳しく教えていただきまして、ありがとうございました。
やはり写真ではオスメスの判別は難しいのですね。

鳥の種類や雌雄について教えていただくことは大変有難く思っております。
過去に何度、皆様に助けられて来たことでしょう。
これからもよろしくお願いします。(自分でも勉強して行きます)
非公開コメント

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に勤務しており、週末にバイクでバードウォッチングに行くのが楽しみ。広々としたところに引越しました。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR