言ったもん勝ち

285

〈 鷺は飛ぶ 金甲降ろしに 颯爽と 〉… ヒドい句だね〜、後半は何かのパクリだし。私の家の回りは風が強いんだけども、金甲山から吹いて来るなんて誰も言っていない。…でもね、こんな事って、先に言ったもん勝ちなんだよね〜。ところで、俳句の季語だけど、アオサギは6月の季語でシラサギの季節は決まっていないんだって。金甲降ろしの風も年中吹いているし、やはり、言ったもん勝ちなんだ〜。

名称未設定-1-01とりとりNo.285  チュウサギと金甲山(きんこうざん)名称未設定-3 のコピー-01
                                                                                                   
スポンサーサイト



コメント

 おはようございます。

風に乗って、優雅に飛んでいますね。
最近、ドローン撮影の絵を見る機会が多いですが、鳥のように飛べたら、素敵な俯瞰撮影ができるだろうな〜と思います。翼をください♪

おはようございます

ドローンの撮影いいですね〜。
K.R.M様のところは広くて飛ばしやすく、スゴいスケールの写真が撮れそうです。
私のところも広いですが、間違いなくカラスがちょっかいを出して来て、撃墜されること必至です。
カモの姿をした舟型ドローンに注目しています♪

No title

おはようございます^^

ご無沙汰してる間に
少しの鳥さんと遊んでました(^^♪
またよろしくお願いします。。。

おはようございます

ご無沙汰してましたっけ?。

鳥と遊ばれたと聞いて、すぐにブログにお邪魔しましたが…。
鳥の写真も楽しみにしています。
霧のブナ林の写真、綺麗でしたよ〜。

こんにちは。

へー、白鷺の季節は決まっていないのですか。
面白いですね。確かに年中見ますけどww
このチュウサギの飛び方は首がよく見えて綺麗です。
サギ類が首を曲げないで飛んでくれたらもっと綺麗に見えるのですが…ww

おはようございます

私がネットで調べた限りそうでした。
想像すると、アオサギは有名な人が6月に詠んで季語になり、
シラサギはたくさんの人々が、それぞれの季節に詠んで収拾がつかなくなったのだと思います。

サギ類はペリカンの仲間なので首を曲げて飛ぶと聞いたことがあります。
たしかに、首を真っ直ぐにして飛んだらツルやハクチョウのようにキレイに見えそうですね。

No title

こんにちは。

アオサギが6月の季語とは・・・
初めて知りました。
アオサギ一年中いますよね。(笑)

言ったもん勝ちとはいかにもとりとりディレクターさんらしい(笑)

こんばんは〜

ブハッ、言ったもん勝ちが私らしいですと。言ったもん負けの連続であります。
でも、言わぬが花、沈黙は金なり、そして、嫌われないためのお世辞づくし…。
それよりも、私はブハッと感じることを言ってくださることが とってもうれしい。(本音です)

あ、アオサギの6月季語の由来は、あったような、なかったような…。(えーかげん)

No title

こんばんは。

季語になる鳥さん
その雄姿もまた素敵な一枚ですね!

こんばんは〜

私はバードウォッチングを始めて季節を感じるようになりました。
冬鳥が渡って行くと寂しく感じ、夏鳥が渡って来ると嬉しく感じ、
年中いる鳥も繁殖からヒナ・若鳥・成鳥と、姿や色を変える季節があることを知りました。
これからは、鳥たちをとりまく自然も合わせて季節を楽しんで行きたいです。
非公開コメント

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に勤務しており、週末にバイクでバードウォッチングに行くのが楽しみ。広々としたところに引越しました。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR