岡南飛行場のヒバリ

339

今日は歴史のお話から。岡山市南区にある岡南飛行場、かつては岡山空港でした。それより前の戦時中は岡南飛行場のそばに陸軍逓信省の岡山飛行場があったんですよ。陸軍にはたくさんの飛行機があり、隼という戦闘機などを作っていたのが立川飛行機という会社で、私が卒業した小学校のある立川町にありました。ですから、この辺りは飛行機と縁のある土地柄なんです。

それで、岡南飛行場に隼がいれば話がつながるのですが、いるのはヒバリ。滑走路そばの草むらは人が立ち入れないのでヒバリが多く住んでいて、よく道路でもチョロチョロしています。

名称未設定-6-01岡南飛行場の滑走路 ここの真上を飛行機が飛んで行きます名称未設定-7-01とりとりNo.339  岡南飛行場のヒバリ名称未設定-8-01ここに来ればいつでもヒバリに出会えます
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。

へー、飛行場跡で、今は大草原が広がっている訳ですか。
小鳥達の餌も豊富なのでしょうねww

おはようございます

飛行場跡ではなく 今も使っていて、民間の小型機や消防ヘリが飛んでいます。
飛行場内へは人間は立入禁止ですが、鳥たちは好き放題に立ち入っていて、
たまに草刈りをするだけなので、エサがたくさんあると思います。

おはようございます。

滑走路わきの草むらがヒバリには最適の環境なんですね。
ヒバリを見ると、身近だった季節の鳥が生活から遠ざかってるんだなと思います。

No title

ヒバリが地面にいるところを見たことがありません。
何度か飛んでいる姿を追いかけたのですが。
ここなら会えるのですね。
わりと運用している滑走路近くまで行けるのですね。

No title

おはようございます^^

岡山の歴史散歩も嬉しいです(^^♪

ヒバリ見たことないです。
ジャマされないいい場所でのんびり感♪
いつでも逢える場所っていいですね☆

No title

おはようございます。

ひばりさん
まじまじと初めて見ちゃいました。

夏休み明け
なぜかまた猛暑がきちゃって
体調第一の早寝生活しておりました  笑

おはようございます


やませみ 様

人が立ち入れない所は滅多にありませんが、
空港の滑走路付近は、航空法?で 厳しく規制されているので鳥の天国です。

ヒバリのさえずりは春ですが、農村に行けば年中出会えますよ〜。

おはようございます


tor 様

一枚目の写真は滑走路の端から10mくらいです。

ヒバリは滑走路付近に定住していると思われ、
私は季節にかかわらず20回は来てますが 外れはないです。

ここは岡山県南のバードウォッチングのメッカ・阿部池に隣接している所で、
多くのウォッチャーが訪れますが、ヘタッピの私はヒバリと遊ぶだけです。

おはようございます

滑走路を必要としないヒバリくん、ここがお気に入りなんですね。
ヒバリくんは、飛行機をどのように思っているんでしょうね。聞いてみたいです。(笑)

おはようございます


やっこちゃん 様

昨夜はスゴい写真に圧倒されて言葉にならず、申し訳ありません。

郷土の歴史は面白いですよ。今は面影がありませんが、
岡山市南区立川町は、隼をつくっていた立川飛行機から名付けられました。

いえいえ、絶対にヒバリを見られていると思いますし、今もそばにいると思います。
意識して見ないとスズメです。スズメだと見ている鳥がヒバリやホオジロだったりします。

おはようございます

 広い場所がヒバリは好きですからね。飛行場は快適なんでしょうね。・・・

おはようございます


朝弁 様

ヒバリを見られたことがないですか。
岩木山の麓の田んぼで見られていると思いますよ〜。
群れていないスズメがいたら、それはヒバリかもしれません。

このところ青森県も異常な暑さのようですね。
健康第一なので、涼しくなっても早寝生活をしてください。
ブログは早朝につくるとはかどりますよ〜。

おはようございます


K.R.M 様

ははは、そうですね〜、ヒバリは滑走なしで飛べるスペシャリストでした。
ここのヒバリはのんびり暮らしているせいか、あまり人を恐がりません。

飛行機の間近にいたら爆音でうるさいと思いますが、
この滑走路では小型のセスナやグライダーが日に数回飛ぶだけなので、
あまり気にしていないと思います。

おはようございます


とちぎけん登山あれこれ 様

春にヒバリのオスたちが50mくらい間隔を開けて、上空でさえずっているので、
縄張りをキープするには広い原っぱが必要です。

そこで、小さい飛行場と言えども 滑走路の回りはけっこうな面積があるので、
ヒバリたちは のびのびと暮らしていると思います。

No title

こんにちは♪
陸軍の隼戦闘機 懐かしいです
子どもの頃プラモデル作ってました(^^;
中島飛行機の開発製造と思ってましたが立川飛行機も製造してたんですね。
ヒバリもまだ出会ったことないです。
 

こんにちは

なんでこんなところに雲雀が?
・・・と、思いはしたものの、
なるほど、こんな広いところが好きなんでしょうね。
いつでも出会えるのは嬉しいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは〜


なべ 様

一式戦闘機 隼 は、中島飛行機の開発・製造ですが、立川飛行機でも作っていました。

東京の 株式会社 立飛ホールディングスのルーツが 立川飛行機株式会社 です。



私もゼロ戦など戦闘機のプラモデルをつくりましたね〜。夜間戦闘機 月光 が お気に入りでした。

亡くなった父親から軍艦の名前を聞いて、小学生の時は丸暗記していたのを思い出しました。



ヒバリは、ぜひ 意識して見ることで、スズメと見分けていただきたいですね。

こんにちは〜


turedure 様

そうですね。ヒバリと言えば田んぼや畑の脇にいるものが多いです。

この飛行場のヒバリのいいところは、人が立ち入れない所で暮らしているせいか、
人をあまり怖がらないんです。この時も10mくらいの距離で撮影でしました。

そして、いつでも出会えることに価値があります。まず、ハズレなしです。

こんにちは〜


非公開 様

コメントをいただきまして ありがとうございます。

ここのヒバリは怖がらないので近くで撮影できるのですが、ヒバリの撮影するのは難しいですね。
小刻みに動くのでブレたりピンボケになりますし、なぜか目にキャッチライトが入らないのです。
上手く撮られたらコツを教えてくださいね。

こんばんわ

ヒバリは河原とかにもたくさんいますよね~

春先だとホバリングしてるのですぐにわかりますが草むらにいるとなかなかわかりませんよね(*^^)v

大分県も宇佐に海軍の飛行場の跡があって現在は道路になっています。

そこの周りには掩体壕があって飛行機を隠していたんですね~

今日も一日お疲れ様でした。

こんばんは〜

田んぼや畑でヒバリを見つけるのは難しくて、飛んで逃げて行ってヒバリがいたと気付きます。

掩体壕(えんたいごう)という言葉を初めて聞きまして、調べたら戦時中の頑丈な格納庫なんですね。

大分県の宇佐市には宇佐海軍航空隊の跡地に掩体壕が残っているようですが、
陸軍岡山飛行場と立川飛行機は 現在、ほとんど名残りがありません。

今日もおつかれさまでした。

No title

こんばんは~
人が立ち入れない場所へ住める場所がここってわかっているのはある意味賢いですね。
鳥によって人と共存する鳥もいたらそうやって人を避ける鳥も。様々ですね。

こんばんは〜

鳥は 生きていくための習性がDNAに組み込まれているのでしょうか。
ヒバリが人を避けるようになったのは、長い年月の人との関わりによるものだと思います。

前にテレビで見たのですが、手つかずの自然が残る無人島の鳥は人を怖がっていなかったです。
私の回りの鳥も 逃げずに接してくれるようになったらいいのですが…。
非公開コメント

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に勤務しており、週末にバイクでバードウォッチングに行くのが楽しみ。広々としたところに引越しました。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR