人気の停留所

344

この防波堤は、児島湾の一番奥にあって、新岡山港の隣りで、百間川河口水門のすぐ沖にあります。児島湖、旭川、吉井川、百間川の淡水と児島湾の海水が混ざり合う所で、魚類が多くて鳥に人気のあるスポットなのです。

防波堤には夜間に船がぶつからないように灯り柱が10本立っており、その上が魚を狙う鳥の人気の停留所になっています。この日もミサゴが5羽、カワウが3羽陣取っていて、魚を虎視眈々と狙っていました。

名称未設定-1-01とりとりNo.344  人気の停留所名称未設定-2-01防波堤の全体はこんな感じ
スポンサーサイト



コメント

No title

良い狩り場なんでしょう、ホント人気ですね。
ここなら飛び込みも見れそうですね。

こんばんは〜

たった今、ブログにお邪魔しておりました。

この防波堤のそばでミサゴが頻繁にダイブしています。
ちょっと遠い所に飛び込んで魚を獲ることが多いので、
しょもな様の 心のつぶやきでミサゴを呼び寄せる術を伝授していただきたいです。

こんばんは。

素晴らしい写真ですww☆!
鳥達の眼線もあっちを向いたり、こっちを向いたり…
魚があちこちにいることがよく分かります。

こんばんは〜

ありがとうございます。鳥の様子をよく見ていただきました。

この付近は魚の多いところで、ボラの子や、スズキの子、
それに岡山名物ママカリ(サッパ)などが獲れるのです。

水面で魚が群れになってざわつく様や、魚がジャンプするのを、
つぶさに捉えて狩りに飛び立ちます。

No title

獲物を狙うには良い場所ですね。
鋭い目ですね。
魚も多いのでしょうね。

おはようございます。

離れ小島のようになっていて邪魔も入らないんですね。
海水が交じり合う汽水域は、狙う獲物も選べそう(^^)

おはようございます


tor 様

浅場で沖の防波堤なのでベストポジションだと思います。
ミサゴもカワウもここにいる時は真剣そのものです。

この付近は、私が引越しする前に近所だったのでよく釣りに来ていました。
秋にサビキ仕掛けでママカリ(サッパ)を狙っていると、
デカいボラやガザミ(ワタリガニ)が釣れてびっくりしました。

おはようございます


やませみ 様

ほんの100mちょっとの距離ですが、人やネコは行けないです。

ここの汽水域は魚種が豊富で、幻の青ウナギがいるんですよ。
穴ジャコを食べて育つ青ウナギは臭みがなくて絶品の味だそうです。
海底にいるのでミサゴは無理でもカワウは食べているかもしれません。

No title

おはようございます^^

なんと見晴らしのの良い停留所ですね☆

沖の防波堤は、おうちとの距離感も表現されなるほどです。

あっち向いてホイこっち向いてホイ
狙いも忙しそうですね(^^♪

こんにちは〜

ミサゴが防波堤の人気の停留所から飛び立って魚を獲りに行って、
みごと捕まえたら、他の鳥がいない所に行ってこっそり食べるのですが、
しくじって停留所に帰って来たら、場所を取られているのです。

できましたら、グーグルマップ空撮で〈 新岡山港市民の森 〉で 検索して見てください。
すぐ右側に防波堤があり、いかに鳥にとって有利な場所かお分かりいただけると思います。

おはようございます

餌を狙うには、絶好の場所なんでしょうね。
魚を捉えたシーン、見てみたいですね。

No title

数に限りがあるので、場所取りは早い者勝ち何でしょうかね?
全部の場所がうまってたら、喧嘩とか始まっちゃうのかなぁ・・・
ミサゴかぁ、なかなか凛々しいお姿ですな♪

おはようございます


K.R.M 様

そうなんです。魚のいる所を見つけるには絶好のポジションだと思います。

うれしいツッコミをしていただきました。
ファインダー付きのコンデジを買ったので、念願のミサゴ ダイブ写真を撮りますよ〜。
また、ヘボな写真を見てください。

おはようございます

HIRO1 様

場所取りができなくても、カワウは海から上がった後、
羽根を広げる儀式?をするヘンな鳥なので 気にしないようです。

凛々しい姿のミサゴは、魚しか食べない魚食系(新語)のタカで、
獲った魚をトビやカラスに横取りされるおとなしい鳥なので、
ケンカはしないような感じです。

No title

こんにちは♪

人気の停留場…
狙いの意図が伝わるこのタイトルに拍手です^^  一斉に餌にとびかかる様は圧巻でしょうね。


こんにちは〜

ありがとうございます。
ずいぶん前に、タカの停留所 というタイトルで記事公開しているので、
使い回しのようで いささか心苦しいのですが…。


ここでは カモメの群れが小魚の群れを目がけて一斉に飛び出すような様子はありません。
それぞれの鳥が それぞれの場所に狙いをつけて一羽ずつ飛び出しているようです。

ミサゴは空中でホバリングして表層の魚に照準を定め、ダイブして足でがっちり掴みます。
カワウは魚の影を感じたら、海中を潜って魚を追いかけているようです。

ミサゴ&カワウ

こんにちは

猛禽のミサゴとカワウが仲良くソーシャルディスタンスを保っていますね。
ミサゴがダイブして魚取りする光景が見られていいですね。

こんにちは〜

そうですね。灯り柱に一羽ずつキチンと距離をとって停まっています。
猛禽類のミサゴですが、鳥を襲わないことが分かっているので、鳥たちからナメられています。

そんなヘタレなミサゴですが、ダイブして魚を捉える時は勇猛果敢、カッコいいのです。
この児島湾、百閒川、児島湖の周辺では、年中ミサゴのダイブが見られるのですが、
長居をすると他の鳥が見られないので悩ましいところです。

こんにちは。

あはは(笑)ほんとだ~人気ですね。
でも、よくこんな場所に留まりますよね~。
餌がよく見えるんでしょうね~。

No title

こんにちは。

ミサゴに鵜ですか。
鵜はよく見ますがミサゴは見る機会がほとんどありません。

鳥さんはこのような高いところが好きですね。
停留所はまだ空きがありますね。(#^.^#)

ここから飛び込んで餌を捕るところも狙ってくださいね。

こんばんわ

なるほど鳥さんもなかなか考えていますよね~!(^^)!

しかもこの防波堤水面までが近いので尚更良いのかもしれません(*^^)v

ミサゴが5羽揃うのは珍しいですよね。

県南にもミサゴの営巣地がありますが若が生まれた時は5羽くらいになります。

それから大分以前の渡りのルートはこれに全て載っていますのでご参照くださいね

http://www.gix.or.jp/~norik/hawknet/hawknet0.html

残念なことに広島は通過するようですが岡山は載っていないように思います。

今日も一日お疲れ様でした。

No title

今晩は
此方ではミサゴはたまに見るくらいですが
え~~5羽も見れたんですか~
羨ましいですね^^

こんばんは〜


べり~* 様

ここは海から突き出ているものが他にないので唯一の観測所なのかも。
灯りの上はツルツル滑りそうなので、平べったい足のカワウはキツそうですね。

鳥の視力は人の5〜6倍と言われているので、海面のビミョーな変化も見逃さないのだと思います。

こんばんは〜


aya 様

ミサゴをあまり見かけませんか。河口付近に多いような気がします。

鳥は高いところが好きですね。
危険を察知するために、常に上から見渡したいという本能があるのかもしれません。

この停留所は2番と4番が空いていますが、魚の出が悪いのかも…。

ぜひミサゴのダイブの写真を撮りたいと思っています。
ダイブの瞬間も豪快ですが、魚を獲って嬉しそうな顔をして帰って行くミサゴの姿を撮りたいです。

こんばんは〜


大分ナシカ 様

ここは魚が濃いのか、ほとんどのミサゴが一発で魚を獲ってどこかに行くので、
この停留所には入れ替わり立ち代わり、多くのミサゴが停まりに来ます。
中には初心者マークのミサゴなのか、3度も4度も飛び込むヤツがいます。

ありがとうございます。タカの渡りの資料を拝見させていただきました。
岡山県の資料はありませんでしたが、瀬戸内沿岸を点々と飛んで来るようなので、
私の町内にも立ち寄ってくれそうな気がします。

今日もおつかれさまでした。

こんばんは〜


x都人x 様

もっと羨ましくなることをお伝えします。

5羽はこの防波堤に停まっているミサゴなので、
この付近を同じくらいの数のミサゴが飛んでいて、
さらに同じくらいの数のミサゴが獲った魚を電信柱の上などで食べています。

そんな環境なのに、私はまだミサゴのダイブ写真が撮れていないのです。トホホ…。

No title

こんばんは~
ほんととまりやすいんでしょうね(笑)
多分周囲が見やすいからでしょうかね?

こんばんは〜

なぜミサゴやカワウがこの防波堤に集っているのか考えてみると、
魚を獲るために 回りの海面が見やすいからでしょう。

それと、飛んでいる鳥たちにとって、この防波堤が目立つ場所だからかもしれません。
何か賑わっていて いい事がありそうだからから行ってみようと思ったのかも。
非公開コメント

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に勤務しており、週末にバイクでバードウォッチングに行くのが楽しみ。広々としたところに引越しました。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR