絞り込むんじゃー

346

バードウォッチングを始めてカメラを買った私。30年ぶりにカメラを手にして、フィルムの替わりにメモリーカードが要ることを知りました。まったく浦島太郎のようで、カメラの基本もすっかり忘れていました。

そして、ピーカン時にトンボを撮り、ぶっとび写真になって思い出しましたよ。まぶしい時に目を細めて見るように露出を絞ることを。他にもフィルター使用などイロイロ方法はありそうだけど、まずは簡単オートで絞りを調節しながら練習するぞ〜。

名称未設定-1-01天気のいい日にトンボを撮ったらぶっ飛んだ名称未設定-2-01それで、ググッと露出を絞って撮影名称未設定-3-01とりとりNo.346  絞り込むんじゃー 仕上げは画像補正で自然な感じに
スポンサーサイト



コメント

露出を絞って

明るい時の撮影は 私も露出を絞ったり、シャッタースピードを上げたりしています。
私のはミラーレスなので、撮ろうとしている被写体の明るさはファインダーでも見れるので分かりやすいです。

絞り込むんじゃ~ や 開放にするんじゃ~
と、色々やってみて下さい~

こんばんは〜

被写体が明るいものを撮る時に、シャッタースピードを上げる方法があるんですね。
動く鳥を撮る時はシャッタースピードが速い方がいいと思うので試してみます。

開放にするんじゃ~ は、どういう時にするんでしょうかね。
暗がりの鳥を撮る時に開放にして、シャッタースピードを上げるとか…。
これも研究しながらチャレンジして行きたいと思います。

ご教授いだだき、ありがとうございました。

こんばんは。

写真撮影は本当に難しいですね。
人間の眼はよく出来ているとよく思います。
その眼も歳をとってダメになって来ていますが…ww

古き良き日

ウンジゥ年、昔を思い出しました。

絞りとシャッタースピードが写真撮影の醍醐味でしたね、焦点深度を使い分けポートレート撮影、一枚の写真で盛り上がりました。

古き良き日を思い出させて戴き、有難うございました。

こんばんは〜


ゴロー・O 様

私もまったく同じことを思いました。
カメラの様々な機能を使い、あれこれ調整して写すものが、
人間の眼では、そのままに見えるので、何と性能が良いのかと…。

眼のポンコツ具合も同じくです。
老眼は当たり前で、かすむし、二重に見えるし、白内障の心配をしています。

No title

おはようございます。

自分のイメージを言葉でカメラに伝え
それが写真となる時代
来ますね  笑)

涼しさで目覚めた朝
雨の前に疲れを癒すウォーキング
行ってきますね  笑)

おはようございます


ベスト果実 様

コメントをいただきまして、ありがとうございます。

ベスト果実様のブログの写真は、果実などを綺麗に分かりやすく撮られています。
さらに、愛犬ミントくんの写真に私は癒されているんですよ。

ベスト果実様の写真の味わい深さは、昔とられた杵柄だったんですね、
大昔でも、一度熱中して会得したことを頭のどこかで覚えていると、私も信じたいです。

おはようございます


朝弁 様

話しかけて最適の撮影をするカメラ…すごくぶっ飛んだお考えに感じますが、
何か実現しそうな予感もあって恐いですね。

私はそこまで行かなくても、鳥の微細な体温を感知できるカメラが欲しいんですよ。
それがあれば木の中に隠れている鳥の姿がキャッチできるのです。

お仕事で疲れた体を癒すために早朝ウォーキングですか。お元気ですね〜。

おはようございます。

私は携帯優先で小さなコンデジなので、すべてカメラ任せです(^^;
それにしてもフィルムカメラが遠い昔のように感じますね。

No title

おはようございます^^

絞りだのシャッタースピードだの
ようやく最近分かりかけてきました(^▽^;)
雪が白く映らなくて、露出補正を覚えたのでした・・・

目を細める→絞りって本当にその通りですね。
説明書は難しすぎて、何を言ってるか未だにチンプンカンプンです(・・?

楽しみ乍ら覚えていきたいです♪

おはようございます

カメラと光の量の関係は難しいですね。最近になって露出補正の仕組みが分かってきました。

 カメラは露出を全体でとらえるんですかね。だから、背景が空ですと1段階から2段階+補正かけるんですね。

おはようございます

フイルム時代を経験された方は、デジタルを巧みに使いこなされていますね。カメラの基本が身についているからでしょうね。
私も、自分のレンズに自信がなくなってきました。
近いうちに眼科を受診しようと思います。白内障かな?(涙)

おはようございます


やませみ 様

私もコンデジでカメラ任せですよ〜。
30年以上前に使っていたカメラではマニュアルで撮っていたのですが、
30年以上のカメラの進化に期待してオートで撮っているのですが、訳が分かりません。

もうフィルムすら売っていないんでしょうか。
カメラマンの真似をしてポジフィルムを使っていた頃が懐かしいです。

おはようございます


やっこちゃん 様

うっそだぁ〜。この前のグダリ沼の写真には度肝を抜かれましたよ〜。
相当のウデがないとあんなの撮れません。感性だけで撮っているとしたら天才的です。

雪が白く映らないというのは興味深いです。
私の地方では雪がほとんど降らないので経験がないのですが、
白い雪はまっ白に飛んで、雪以外のものは黒ずむというやっかいな案件ですね。

たぶん間違いだと思いますが、

①光りの反射を抑えるためにレンズにサングラスをかける。
②雪の階調がほしいので絞り込む。
③雪以外のものがつぶれないようにフィルム増感をする…今ならiso感度を上げる

…なんて考えるのも楽しいですね♪。また、正解を教えてください。

おはようございます


とちぎけん登山あれこれ 様

昔のカメラは露出計が付いていても、あまり信用せずにヤマ勘で撮ってました。
晴れの日は1/250・F8とかの基準が自分の頭の中にあって、それから応用していました。
今のカメラの設定は複雑怪奇で、どれをチョイスするか迷いますね。

昨夜、このコメント欄で ももちゃん7様が、開放にするんじゃー と教えてくださって、
今朝、早速 鳥の撮影で試してみました。
動く鳥がブレないようにシャッタースピードを速めるために、
絞りを開放にする必要があり、それから白く飛びそうなら露出補正で絞りこみ、
逆光でツブレそうなら露出補正で絞りを開けてみました。

帰って来てから ご飯を食べて、パソコンを触っているので、
まだ 試し撮りの画像を見ていません。楽しみだな〜♪。

おはようございます


K.R.M 様

私の場合は昔のことは見事に、スッカラカンに忘れています。
若い時に趣味でカメラやレンズを買って撮っていたのに加えて、
仕事で20年もカメラマンの横で撮影の立会いをしていたんですよ。

プロの技術はそりゃ〜スゴくて、カメラマンの技を見ていたはずなのに、
な〜んにも覚えていないのです。自分でやらないと身に付きませんね。

もしも白内障なら 早めに手術した方がいいケースがあるそうですよ。死ぬほど痛いぞぉ〜。(ウソ)

No title

うまく画像補正されていますね。
写真の基本も知らず、コンデジのオートで撮っていますが、うまくいかないときが多いです。
たまにうまく撮れる時があります(^^)

おはようございます

え〜、綺麗な写真を撮られているじゃないですか。
一眼レフ+接写レンズで撮影されていると思っていました。
植物の色をよく再現されているので画像補正もお得意なのでは。

私の画像補正は、パソコン(Mac)に付いていたソフト(iPhoto)で やっています。
撮影はヘボですが、カタログ制作の仕事で、カラー製版の指示・チェックをしていたので、
色にはちょっとうるさいです。

No title

こんにちは
今回は小さなトンボですか~
天気の良い日は露出が難しいですよね!

露出を絞って上手く撮れましたね~
羽が輝いてめっちゃー綺麗ですよね^^

俺は何時もソフト任せ(笑

こんにちは。

カメラの取り扱い、難しいです。
絞りもSSも結局その時の状態で合わせないとならないから
こうやるんですよと、お手本の絞りなりSSなり出ていますが
同じにしても撮れるってないですもんね。
人間の眼って一番よくできていますよね。

露出補正

こんにちは

昔のフィルム時代は、被写体や背景が黒っぽい場合は、マイナス補正、白っぽい時はプラス補正と教わりました。
それを、「くろまいしろっぷ」と覚えた覚えがあります(笑)。
デジタルになっても役立っています。

こんばんわ

絞りは非常に重要なので明るさによって調整しています!(^^)!

鳥の飛びものは2000/1秒から1600/1秒ぐらいの設定が良いと思いますブレも防げますよ。

あとは太陽を夕暮れ時に撮影する時はF11位に絞ると光芒が綺麗に出て星形になります。

あまり明るすぎるときついのですがほとんど大丈夫だと思いますよ。

とまり物の鳥でも相手は動くので早いシャッタースピードの方がブレません。

長時間露光で車のテールランプを撮影する場合は最高まで露出を絞り込んでバルブで撮影しています。

写真撮影は奥が深いので面白いですよね。

今日も一日お疲れ様でした。

こんばんは〜


x都人x 様

明日はデカいトビなので、よろしくお願いします。

快晴時のぶっ飛びを何とか抑えたいですね。
トンボの羽根は輝きを残しつつ、光りの反射を抑えて、
羽根の調子を出すために さらに工夫が要りそうです。

何をおっしゃいます。x都人x様の写真はソフト任せじゃ撮れないと思います。

こんばんは〜


べり~* 様

私は鳥の写真を柔らかく撮りたいと思っています。
ですから、カメラ任せでも柔らかく撮れれば良いのですが、
ぶっ飛んだり、ボケたりすると、柔らかな表現すらできないことが分かりました。

それで、撮影の勉強をしているのですが、機能ばかり追って行くと、
私は凝り性なので、テクニックや機材に走って 固い写真になりそうです。

初心を忘れず、柔らかな表現、人の目に優しい写真を撮ることを忘れないようにします。

こんばんは〜


ハロゲンくん 様

「くろまいしろっぷ」いいですね〜。
露出補正の基本を体で覚えるために口ずさみながら山を歩いてみます。
それと、「くろまいしろっぷ」は、季節柄「白くまのシロップ」のようで面白いです。

デジタル時代の今、アナログ時代にやって来たことで役立つことがありますかね〜。
撮影許可をいただくために頭を下げることくらいでしょうか…。

こんばんは〜


大分ナシカ 様

大分ナシカ様は被写体によって、露出を基準にしたり、
シャッタースピードを基準にして設定されているのですか。
そりゃ〜高度すぎて私には難しいですね〜。

私は今朝から、絞り優先オートで常に絞りを開放にして、露出補正をしました。
もしくは、シャッタースピード優先オートで常に速いスピードにして、露出補正をするかで、
それ以上のことはできそうにありません。

今は鳥の撮影が中心なので、教えていただいた早いシャッタースピードで撮ってみます。

今日もおつかれさまでした。
非公開コメント

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に勤務しており、週末にバイクでバードウォッチングに行くのが楽しみ。広々としたところに引越しました。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR