ただ花を撮る

354

初めにお断りをしておきますが、今回の記事は、ただ、黄・青・赤の花が目について撮っただけで、私はこれらの花の名前も知りません。植物のお好きな方には失礼かと思いますがご了承ください。

植物のお好きな方は、それぞれの植物の生態や特長をよくご存知の上で、植物が生きていて、語りかけるように撮影されるのだと思います。ですから、同じ花を撮っても無知無関心の私の写真とは深みが全然違うはずです。遠い将来、私が花を知って撮れるようになるまで、今日の写真を恥ずかしい記録にしたいと思います。

名称未設定-4-01とりとりNo.354  ただ黄色の花を撮った名称未設定-5-01ただ青い花を撮った
名称未設定-6-01ただ赤い花を撮った でも、何だか楽しい
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。

とても綺麗な色の花達です。
青に目が行きそうですが、私は赤が綺麗だと思います。
最初の花は黄で緑ではないですが、黄緑風。
だから赤、緑、青の三原色。
これはとても人間の気分を落ち着かせる組み合わせですww☆!

No title

おはようございます。

自分が楽しい事
それが一番だと思ってます!

こんばんは〜


ゴロー・O 様

赤の花がお好みですか。情熱の赤がお好きなのでしょうか?。

赤、緑、青の組み合わせは、人間の気分を落ち着かせるとは知りませんでした。
これらは光の三原色ですよね。パソコンやスマホの色の基本の三色なのでしょう。
そう考えると、写真は人々の心を癒すもののように感じます。

おはようございます


朝弁 様

私も自分が楽しむことが一番だと思います。

自分のお気に入りの写真が撮れて、
皆さまに見ていただくことは楽しいです。

そして、写真の被写体のことをよく知ることで、
もっと自分が楽しめるようになると思うのです。

おはようございます。

何だか楽しい。
それでいいんじゃないでしょうか。
それが何なのかわかるかも知れないし、分からないままかも知れない。
でも楽しさがあるならそれが一番だと思います。
花の名前はすぐ忘れます。
でも写真を撮って調べていくつかは覚えました(^^)

おはようございます

TDさんのお花の絵を拝見したのは初めてだったでしょうか。
私も、お花を撮るのは楽しいですが、野鳥と同じく名前を覚えるのが大変です。
あまり気にしないで、綺麗なものを楽しく撮影するでもいいですよね。

No title

三色の花
素敵な写真です。
彼岸花も咲いてきましたね。
私は花に目がいくのですが
同じ公園で鳥の写真何枚も撮られている方が。
目線が違うのでしょうね。

ありがとうございます

 きれいな花ですね。別に写真は何をとってもいいんですよ。私も今年は鳥と決めましたが、途中から鶏でなく植物が多くなってしまいましたが、これからまた鳥の季節が来ますね。

おはようございます


やませみ 様

楽しいが一番で、それでいいと言っていただくと気が楽になります。

私のブログは鳥ブログで、それなりに調べて公開しています。(中途半端ですが)
でも花などのジャンル違いの写真を撮ったら、調べる意欲が湧かないのです。

確かに 自分は楽しく撮っていますが、それを自分だけのストックにするのと、
ブログに公開するのは別のように感じるのです。

見てくださる多くの方々が、大らかに受け止めてくれればいいのですが…。

No title

こんにちは♪

自己流で撮ってる私が言うのもなんですが、
何気に眺める光景のなかにふと目に留まった光景その…何か感じたものがあるからだと思います。その感じたまま撮るのが写真の楽しみ方だと思っています。

おはようございます


K.R.M 様

花だけの写真を公開したのは初めてです。

花ジャンルでブログ公開されてる方々は、知識が豊富なのはもちろん、
花への愛情がひしひしと感じられるのです。

ですから、私の花の写真には、訴えかけるものがなく、
その薄っぺらさを すぐに見抜かれると思います。

私は、人の目を気にしたり、どう思われているのかを気にする性格ではありません。
自分自身が、花への愛情が持てるようになってから公開したいです。
わがままな考えだと思いますが…。

No title

おはようございます。

俺も花の名前は余り知りませんが
綺麗な花は撮るのは大好きです^^

朝顔、、まだまだ元気に咲いてますね!!

No title

あっ!その赤い花
私が明日アップしようと思っている
花に似ているかもしれません。
いや よく見ると違いました^^

TDさんらしさが伝わる
素敵なお写真ですね。
とても癒されます。

いつもありがとうございます(o''o)

こんにちは〜


tor 様

彼岸花が咲いていましたか。昨日から彼岸入りしているんですね。

目線の違いと聞いて、その通りだと思います。
同じ公園に行っても、花に目が行く人、鳥に目が行く人がいます。

私は 鳥の何分の一かでも、花に目が行くようになるだろうかと思っています。

こんにちは〜


とちぎけん登山あれこれ 様

ありがとうございます。お花が好きな方から そう言っていただくと嬉しいです。

今年は 鳥を撮ろうと決められていましたか。
秋からは鳥に出会うことが多くなると思うので、たくさん撮ってください。

私も そういう風に、自分から花を撮ってみよう!と 思いたいのですが…。

こんにちは〜


なべ 様

私の考え方が固いのでしょうね。心に余裕がないのかもしれません。

今回の花の写真は、夏の暑い日に ぜんぜん鳥がいなくて、たいくつしていた時に撮りました。
でも普段は、鳥がいなくても、どこかにいるだろうと 鳥ばかり追いかけていて、
綺麗な花があっても素通りしているのです。

もっと柔軟に、柔軟な心と目で、感じたものを撮れるようになりたいです。

こんにちは〜


x都人x 様

綺麗な花を見て、思わず撮っているうちに、
徐々に花への興味が湧いて来るものかもしれませんね。

心のまま 綺麗なものに、自然とレンズを向けられるように
のんびりと歩いてみようと思います。

青い花は朝顔なんでしょうか。川土手に自然に咲いていました。

こんにちは〜


kirari 様

ありがとうございます。褒めていただき びっくりです。

私は、いつもkirari様の綺麗で可憐な花の写真に癒されておりまして、
美しい花の写真を見るのは好きなのですが、自分には遠い世界と思っています。

ブログで美しい花の写真を見続けているうちに、
私自身が少しずつ変わって来ているのかもしれませんね。

こんばんは!

花をとてもきれいに撮影なされる方が多いですよね。私もTDさん同様に花の名前をそれほど多く知っているわけではありませんが、それでも有名な花々を見にあちこち出かけます。言われてみればおっしゃる通りでもっともっと調べてから訪ねてみればもっと伝わるものがある写真が撮れそうです。

こんばんは〜

皆様は 花をよく知らないとご謙遜なさいますが、
私は 花を全く知らなくて 幼稚園児並みなのです。

鳥の写真は、鳥が動くのを追いかけて 考える間もなく撮っているのですが、
動かない花を前にすると、どう撮ればいいものかと悩むのです。

その花の良さを引き出して、美しく切り取る撮り方があると思うのですが、
花のことを知らなくては、どこが良いところで、どう見せたらいいのか分かりません。
美しいと感じるままに撮っていけば、自然と分かって来るものなのでしょうか。

こんばんわ

なんでも撮影した方が楽しいですよ!(^^)!

その中で鳥さんをメインに持って行けばいいんですから(*^^)v

お花はじっとしてるので撮影しやすいですが光の加減で台無しになります(笑)

以前は山野草もたくさん撮影していたので地面に咲いている黄色い花福寿草などは上から太陽が照り付けると黄色が強く出過ぎて色が飛んでしまうので日傘で影を作って撮影していました。

ジャンルによってやはり色んな苦労はありますので簡単なようにみえても難しいです。

今日は仕事でしたので希少研の観測データーだとハチクマが100羽超えサシバが50羽超えでした。

明日はお休みなので出かけてみようと思っています。

今日も一日お疲れ様でした。

こんばんは〜

鳥をメインに何でも撮影した方が楽しい…そうだと思います。

今は仕事をしているので、鳥だけで目一杯と感じていますが、
不器用な私でも、リタイアしたら今の何倍も時間が自由になるので、
その時のために、いろいろとチャレンジして行きます。

今日は日曜ですが お仕事だったんですね。
私は 明日は休みですが 明後日は仕事なので、明日はしっかり鳥見に行きます。
夏鳥と冬鳥の入れ替わりの時期なので、渡りで当地に途中下車する鳥を撮りたいです。

今日もおつかれさまでした。

No title

大昔、子供が幼稚園に入ったころから、草花、木、草木の実と種子、虫、という順番で見たり集めたり写したりしてきました。
そんなことだけを続けながら高齢になりました(^^)
身近な鳥も昔から比べたら少なくなってしまい、鳥の写真はあまり写せなくなり、出かけていくのも大変なので、少し残念です。

TDさんもこれから楽しめますね♪
花の写真、素直に写されていて、いいなぁと思いました。

お仲間のブログ、楽しいですね!

こんにちは〜


かぜくさ 様

やはり、かぜくさ様は 筋金入りの植物好きだったんですね。
そういった方々に、私が暇つぶしで撮った花の写真を公開するのは失礼だと思ったのですが、
励ましていただいてホッとしました。少しずつ花も撮って行きます。

私どもの会社は、昼休み60分の後に、仕事以外で自分の好きな物をつくる時間が30分があり、
その時間を利用して、9人はブログをつくっています。
非公開コメント

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に勤務しており、週末にバイクでバードウォッチングに行くのが楽しみ。広々としたところに引越しました。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR