ええ夏じゃった

379


私のこの夏の目標は、夏鳥ヒタキ科のオオルリとキビタキを撮影することでした。昨年まで、コサメビタキの成鳥・幼鳥と、キビタキ♂のピンボケ写真のみだったのです。

今年の夏の岡山県南部は 当たり年だったのか、ヘボの私でも オオルリ♂・♀・幼鳥、キビタキ♂・♀・幼鳥、コサメビタキ成鳥・幼鳥、エゾビタキを撮ることができました。来年に持ち越したのは コマドリとノゴマで、コルリとサメビタキは岡山には来ないと思われます。

名称未設定-6-01 のコピーとりとりNo.379  この夏のヒタキ科 まずは オオルリ♂名称未設定-2-01オオルリ♀(上)・幼鳥(下)名称未設定-4-01 のコピー 3キビタキ♂名称未設定-4-01キビタキ♀(上)・幼鳥(下)名称未設定-6-01コサメビタキ幼鳥(左の)・成鳥(左の右) エゾビタキ(右) ええ夏じゃった
スポンサーサイト



コメント

No title

良いのが撮れてますね〜
これからは冬鳥ですね。
僕も気合い入れてがんばります。

しょもな 様 へ


おはようございます。

ありがとうございます。
出て来てくれた鳥のおかげです。

冬鳥は カモを見ているだけなので、
山の鳥とも そろそろ出会いたいですね。

おはようございます。

これはいい夏です。こんなにあれこれ写せるなんて、羨ましい限りです。こうなると来年も期待してしまいますよね。これからはいよいよ冬鳥のシーズンで再びワクワクではないでしょうか。

No title

オオルリの青はきれいですね。
鮮やかで目立つでしょうね。
キビタキも赤と黄色が印象的です。

おはようございます。

どの鳥もかわいくきれいですね(^^)
撮った写真を並べて眺める。
これも「トリミニスト」の楽しみですね。
夏を振り返り、冬に備える。
お楽しみはこれからも続きます♪

MT 様 へ


おはようございます。

いい夏でした。ヘボの私が予想外の好結果だと思っています。
来年は、今年撮った場所に 鳥がまた来てくれればいいですね。

冬鳥で 昨年は、ルリビタキのオスがぜんぜん撮れなかったので、
早いうちに あの青い姿を捉えたいですね。

tor 様 へ


おはようございます。

オオルリ・オスと、キビタキ・オスの色は鮮やかで、
見つけた時にはワクワクしました。

また、どちらのオスのさえずりの声も、
山に響き渡って、夏だな〜と実感させてくれました。

やませみ 様 へ


おはようございます。

今日の記事は、自分が楽しむためにつくったようなもので、
皆さまには申し訳ない感じです。

「トリミニスト」とは、いい言葉ですね。やませみ様の発案でしょうか。
バードウォッチャーより しっくりする感じがします。私にも使わさせてくださいね。

私にとってはラッキーな夏でしたが、来年の春になった時に 同じように、
ええ冬じゃった の、記事をつくりたいものです。

No title

トリミニスト(鳥見人)
いつ頃からだったかな?
バードウォッチングが広く知られるようになった頃から使われだしたような・・・記憶あいまいです。
私は小学館のアウトドア雑誌「ビーパル」あたりで知ったような気が(^^)
鳥好きの方は知っていますし、自称してらっしゃる方も多いですから、TDさんも間違いなく「トリミニスト」ですよ(^^)

おはようございます♪

いろんな鳥と出会えて今年は当たり年のようですね。
兵庫も例年より見かける鳥多かったように感じます。
とは言っても自粛中の様子はどうだったのか?

No title

こんにちは~!!
2枚目の写真てt、
もしかしてカタツムリを
パクっといっちゃてるシーンですか!?

No title

おはようございます^^

色んな種類を撮れていがったね(^^♪
こちらも少しずつ鳥さんの名前をインプット出来た・・・と思いたい(笑)
おかげさまです☆

今朝、白鳥が空から挨拶してくれましたぁ~
さぁいよいよ私でも撮れる大きな被写体の季節ですウフフ

記事番号が大きく上に来ましたね(^-^)
皆苦労して鳥撮り(笑)

おはようございます

どのお写真も素晴らしいです。
特にオオルリ、私も初めて出会ったときは感動しました。
収穫の多い夏だったのですね。

やませみ 様 ありがとうございます


トリミニスト(鳥見人)と、いう言葉は あったんですね。
教えていただき、ありがとうございます。

トリミニスト、とりみにすと は、響きがよく、文字の見栄えもいいので、
本やブログのタイトルになるような言葉だと思いました。

私は、鳥のストーカーとか、野次馬鳥見ジジイ の方が合っていると思います。

mami*rin 様 へ


おはようございます。

昨年が ひどかったんですよ。汗だくで山を歩くも皆目ダメで、
夏鳥は少ないんだと自分に言い聞かせていました。

それで、今年の好調さは 自分で面食らう感じでしたね。
こんなにいて いいの〜と、ホクホク顔で撮っていました。

岡山の自然公園にいたウオッチャーは、私も含め 自粛とは無縁だったようです。
褒められることではありませんが、皆さん車で来て、広い所を離れて歩いていました。

かっぱのしんちゃん 様 へ


おはようございます。

はははーっ、カタツムリは甲らがあるので、ナメクジじゃないですか〜?。
でも、パクっといっちゃてるのは、ナメクジでもなくて、
大きなガの幼虫みたいです。調べてみたのですが、キモチ悪くて途中でやめました。

やっこちゃん 様 へ


おはよーごし。

わぃはぁ~、めやぐだなぁ~。
(後が続かないですが) この夏は いい鳥見をさせてもらいました。

白鳥の飛んでいる姿が見られるなんていいですね。
早く白鳥を撮らないと雪景色になって、闇夜のカラス状態になってしまいますよ〜。

この記事は 1172回に公開すべきでした。(何年後?)

素晴らしい夏

おはようございます。

オオルリ、キビタキ、コサメビタキそしてエゾビタキなどヒタキ系が勢揃いとは、素晴らしい夏でしたね。
飛来を見逃さなかったTDさんの眼力は凄いです。

K.R.M 様 へ


おはようございます。

ありがとうございます。ラッキーな夏でした。

この写真のオオルリ・オスは、今年の春 山歩きに疲れて座っていた時、
ふと前を見ると、すぐ近くの木に停まっていたんですよ。

私はオオルリ・オスとの初めての出会いだったので、驚き あたふたしたので、
普通なら逃げられるところですが、渡って来てすぐの時だったらしく疲れていたのか、
ボ〜ッとしていた様子で、私でも撮影できたのです。いや〜、嬉しかったです。

ハロゲンくん 様 へ


おはようございます。

ありがとうございます。夏鳥が出来過ぎなので、冬鳥での反動が怖いです。

今年の夏の岡山県南部は、ヒタキ科の鳥の当たり年だったように思います。
ベテランの方は、オオルリ、キビタキに加えて、コマドリやノゴマを撮られています。

私も来年の夏はコマドリやノゴマを撮りたいですね。そのために鳥と出会える眼力を磨いて行きます。

No title

こんにちは♪

この夏は狙ってた鳥を見事ゲットできたんですね。確かに鮮やかな瑠璃色のオオルリ、鮮やかな黄色と橙のキビタキは私も狙ってみたいです。

なべ 様 へ


こんにちは〜。

夏鳥では、よく知られたツバメや、地味な色のオオヨシキリが たくさんいるのですが、
やはり パッと目を引くオオルリとキビタキが憧れの鳥ですね。

その二種と ぜんぜん縁がないと思っていたのですが、思いがけず出会ってからは、
何度も出会うことができました。少しは 出て来る場所が 分かって来たのかもしれません。

こんにちは。

本当にいい夏でしたね。
コサメビタキ幼鳥、キビタキもオオルリもですかね、幼鳥達の目がとても可愛いですww☆!

ゴロー・O 様 へ


おはようございます。

この夏を振り返りますと、鳥見は幸運続きでした。

よくお分かりになりますね〜。
私も改めて幼鳥達の目をしっかり見てみると、
たしかに同じ丸い目でも、親鳥はキリッとしていますが、
幼鳥達の目はポヨ〜ンとしていて、あどけなく見えますね。

No title

たくさん撮れた満足のシーズンだったようですね。どの辺までお出かけになったのかは知りませんが、撮れ出すと、夢中になったことあったのでしょう。

AzTak 様 へ


こんにちは〜。

ベテランウォッチャーの方には ぜんぜん及ばないと思いますが、
私にとっては満足いく夏鳥シーズンでした。

私の家からバイクで15分で行ける自然公園で、歩きながら探して撮りました。
最盛期は、オオルリとキビタキが、あっちでも こっちでも さえずって走り回りました。
そんな経験をしたことがなかったので、慌てましたが 嬉しかったですね。

No title

こんばんは。
訪問とコメントありがとうございます。
オオルリもキビタキもまだ写した事が無いのです。どちらかというなれば大型の鳥の方が専門でしたのでね。タンチョウは40年間春から1年かん追っかけをしていましたので他に手が回らなかったです。途中12年間カワセミ(フイルム時代)とそれが終わり8年間ヤマセミをしていました。その間にタンチョウなんです。これからの鳥の絵を楽しみにしています。

No title

今晩は
今年の夏は素晴らしい成果が
あったのですねー
青い鳥オオルリめっちゃーキレイですね^^

俺も幼鳥は一度撮りました(笑

キビタキはまだ出会った事が無いので
何時かは見たいですね~

こんばんわ

目的の小鳥たちを撮影できて良かったですよね!(^^)!

来年の目標もきちんとあるみたいなので頑張って撮影して下さいね(*^^)v

こちらではコマドリはほとんど出会う事は出来ませんしノゴマは通過する時河川敷で出会えるかもというくらいです。

サメビタキは大分県民の森に来てるらしいですよ。

俺は数年前にコサメと思って撮影した小鳥がサメビタキでした。

個体数が少ないのでなかなか出会う事が出来ないサメビタキもう出会う事もないかもしれません。

今日も一日お疲れ様でした。

No title

こんばんは。

青い鳥さん
きっと幸せを運んでくれると
信じている田舎者です  笑)

マジで
見たことないです!

さゆうさん 様 へ


こんばんは〜。コメントをいただきまして、ありがとうございます。

タンチョウ撮影歴40年ですか〜、それは 大大先輩でございます。
ご指導のほど よろしくお願いいたします。

私も カメラのスタートは古く、48年前にキャノンF-1を買って、風景などを撮っていましたが、
ブランクが30年以上あり、3年前から鳥を撮り始めました。
ほぼ忘れたフィルム時代の知識しかなく、まったく浦島太郎状態で 苦労しております。

夏鳥の撮影に通い続けて2年目の今年、私にしては上出来の結果に喜んでいて、
ますます鳥見に熱が入って来ています。

ブログを始めて1年経ちましたが、ご存知の通り バカ丸出しで、皆さまにご迷惑のかけ通しなのですが、
皆さまに助けていただきながら、何とか続けられています。

優しいお言葉をかけていただいて感激しております。今後とも よろしくお願いいたします。

x都人x 様 へ


こんばんは〜。

そうなんですよ〜。うれしくて、うれしくて、
こんな手前味噌な記事に なっちゃいました。

私は 今年、初めて オオルリの青いヤツを何度も撮りました。(エヘン)
でも、そうなると欲が出るもので、半分青いオオルリを撮られた方が うらやましいのです。

キビタキは 鳴き声に透明感があってサイコーですよ〜。
♪ピックル、ピックル、オーシ ツクツク…。

大分ナシカ 様 へ


こんばんは〜。

ありがとうございます。私にしては上出来の夏でした。

コマドリとノゴマは、やはり難易度が高いようですが、
ノゴマは河川敷にいるんですね。それなら近所の川土手に来るかもしれません。
コマドリは 来年の夏に山を歩いて撮ってみたいです。

サメビタキが大分県に来るんですね。それなら岡山で途中下車の可能性がありますね。
偶然でも何でもいいので、一度は会ってみたいです。

今日もおつかれさまでした。

朝弁 様 へ


こんばんは〜。

青い鳥は、きっと幸せを運んでくれる鳥です。

そして、実は 田舎に たくさんいるのです。
自分の視野の中に、何度もいたはずなのに、
見ていないんですね〜。

そういう人に 幸せは来るのかな〜?。フヒヒ。
非公開コメント

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に勤務しており、週末にバイクでバードウォッチングに行くのが楽しみ。広々としたところに引越しました。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR