ホオアカ♀冬羽

416


またまた紛らわしい鳥を撮っちゃいました。今のところホオアカ♀だと思うのですが、このテの鳥は多くいて識別が難しいのです。他の候補は、コホウアカとコジュリンです。

ホオアカ♀の根拠は、赤褐色の頬と明瞭なアイリングで、お腹の色が薄いのは冬羽になっているからで、オスは頭がグレーなのでメスだと判断しました。さーて、合っているかな〜。詳しい方も、そうでない方も どしどしコメントを送ってくださいね。

また、先日、分かりにくい写真だった セッカ冬羽のマシな写真が撮れたので見てください。

名称未設定-3-01おおっ、コレは初顔のはず…名称未設定-4-01とりとりNo.416  ホオアカ♀冬羽名称未設定-5-01セッカ冬羽のマシな写真が撮れました。
スポンサーサイト



コメント

No title

ほっぺが赤いし、これがホオアカじゃないですか。
セッカもいい感じで撮れたんですね。
葦原での撮影ですね。

しょもな 様 へ


こんばんは〜。

ありがとうございます。私の初撮りのホオアカだと思います。
ちょっと前の シマセンニュウの記事を、セッカだとお聞きしました。
やはり鳥は 何度も会って、雰囲気を覚え込むことが大切ですね。

どちらも 町内の葦原で撮りました。今、ベニマシコが来ているそうです。

こんばんは。

確かに頬が赤くて可愛い鳥ですね。
当地には全くいない鳥なので、写真から判断するだけですが、やはりそうではないかと思います。
やはり暖かい所は鳥の種類が多いと改めて思いますww

ゴロー・O 様 へ


こんばんは〜。

初めてほっぺの赤いホオアカと出会いました。
こちらには、ほっぺの白いホオジロは 留鳥で たくさんいるのですが、冬鳥のホオアカは珍しいです。

岡山県南部は 温暖な気候で、見られる鳥の種類は 多いかもしれませんが、
ホオアカのように 冬鳥で 数が少ないものが多いです。

おはようございます。

さっぱりわかりませんが頬が赤いのだからホオアカに1票!
といい加減な判定(^^;
何だかおたふく顔で可愛いです(^^)

おはようございます。

いつものように、識別は降参です。(涙)
赤いほっぺの可愛い鳥ですね。
瞳にピントピッタリ、お見事です。

No title

おはようございます。

雪国の子どもを想わせる
ほっぺ
鳥さんのお顔も十人十色でございますね。

No title

おはようございます。
見事なホオアカの映像ですね。
確りと撮れて素晴らしいです。
セッカも見事です。

No title

可愛いですね。
鳥の識別は難しいのですね。
私には特色のない鳥は分からないです。
頬が赤いからと単純でもないのですね。
バードウォッチング奥が深そうな。

おはようございます

ほおあかなんですね。確かに頬が赤いですね。この手の鳥確かに種類が多いですよね。

ホオアカ

おはようございます。

ほっぺは茶色、胸の褐色の斑もあってホオアカでよいと思います。
メスはオスより色が淡いとのことですが、この個体が性別はよく分かりません。
セッカ、とてもきれいに撮れましたね。

こんにちは^^

いま公園から帰って来て
(●^o^●)な顔しています(笑)
頬赤の仲間になっちゃいました♪

セッカちゃんもバッチリで日々精進ですね☆
流石です!!

やませみ 様 へ


こんにちは〜。

ははは、おたふく顔って…。
でも、可愛いと言ってくださって、鳥も喜んでいます。
頬が赤いのだから ホオアカですよね〜。

K.R.M 様 へ


こんにちは〜。

私も初めて見た鳥で、識別は どないしょ〜という感じです。
ホオジロのメスに似た鳥は たくさんいるのですが、
赤いほっぺに特長がありますよね。

キャッチライトが入るように、鳥に 顔の向きを変えろと テレパシーを送っています。

朝弁 様 へ


こんにちは〜。

赤いほっぺは、青森のりんご娘という感じですね。

鳥は、ほっぺが赤かったり、白かったり、
トサカが立っていたり、たまに立っていたりで、
種類が違うので、見分けるのが大変です。

さゆうさん 様 へ


こんにちは〜。

ありがとうございます。
お天気がいいと、鳥の姿にメリハリが出るので、
ヘボな撮影の七難を隠してくれます。
また、シャッタースピードを速くしたので、
手ブレをごまかせるようになりました。

tor 様 へ


こんにちは〜。

鳥は みんな愛嬌があって可愛いですよ〜。

鳥の識別は 難しいというか、細分化しすぎだと思いますね。
スズメ目ホオジロ科ホオジロ属ホオアカ なんて、訳が分かりません。

ぜんぶ スズメと呼ぶことにしたら、困る人はいるのでしょうか。

とちぎけん登山あれこれ 様 へ


こんにちは〜。

今のところ、ホオアカでいいようです。まだ 予断は許しません。

ホオジロのメスに 似た鳥は多いですね〜。
今度、ホオジロのメスと オオジュリンの 見分け方の記事を出します。

ハロゲンくん 様 へ


こんにちは〜。

ありがとうございます。自信が持てます。

でも、メスかどうかは 定かではないということですね。
冬羽のホオアカは、オスとメスが 似ているのなら、
どっちでも いいのでは…。(えーかげん)

セッカ冬羽は、せめて これくらいの写真が撮れてから公開すべきでした。
でも、ヘボだから、二度と撮れないと思ってしまうのです。

No title

確かホオジロと言うのもいましたよね。
頬赤はホントに丸い赤いほっぺが模様に
なっていて面白いですね。
小さいスカーフでも被せたら
↑青森のリンゴ娘の看板になるかも。(笑)

日本の鳥も良く似ているのが多くて名前が難しいですね。
(夏冬で姿が変わるものもいるのでよけい紛らわしい)
帰国した時実家近くの鳥も撮りましたが
シジュウカラ以外は名前分かりませんでした。( 一一)

やっこちゃん 様 へ


こんにちは〜。

紅葉の最後の輝きを撮られましたか。楽しみに待っています。
ほっぺが 頬赤の仲間って、津軽は冷え込んでいるのしょうか。

私も午前の鳥見から帰って来て、鳥データのチェックをしていたら、
図鑑に載っていないんですよー!。世紀の発見かも。(んな訳ない)

前にセッカを撮った時より、カメラに慣れて来ました。フヒヒ。

かぐや姫 様 へ


こんばんは〜。

ホオアカを初めて見たのですが、ホントに ほっぺが赤いんだと思いました。
この鳥の頭に 頬かむりしたら、ケッサクですね。想像したら笑えて来ました。

鳥の識別は難しいですね。ただえさえ、種類が細分化されているのに、
冬羽と夏羽があって、オスとメスで違い、さらに 幼鳥は姿が違います。

これはもう、鳥に、あんた誰?と 聞きたいくらいです。

No title

こんにちは

ほっぺが少し赤くお化粧して
可愛いですね^^

俺も酒を少し飲むと真っ赤に
なっちゃいます(笑

No title

ホオアカとセッカとに出会えましたか。良かったですね。
当方は、ずっと探しているのですが、セッカには会えずに居ます。今年も異常気象で、暑くて外歩きに適さない状況だったので、…。という言い訳をしています、
ホオアカとセッカとは夏鳥かと思っていましたが、そうではなかったようですね。

こんばんわ

ホオアカで間違いないようですね!(^^)!

夏の間は高い所に居るのですが冬場になると降りて来て河原とかで見ることが出来ます。

セッカさん綺麗に撮影してあげましたね~

なんだかかたまっているように見えますが(笑)

今日も一日お疲れ様でした。

x都人x 様 へ


こんばんは〜。

そうですね。ホオアカのほっぺは、色を塗ったような感じですね。
なぜ ほっぺが赤い必要があるのか、鳥の世界は不思議です。

お酒を飲んで赤くなるのは、血色が良くて いいのではないですか。
青ざめてきたらヤバいですよ〜。

AzTak 様 へ


こんばんは〜。

ホオアカとセッカ、どちらも町内の葦原を念入りに探して見つけました。
葦原の鳥の探し方、撮り方のコツが、ちょっと分かった気がします。

私はホオアカは冬鳥、セッカは夏鳥と思っていましたが、
ホオアカは標鳥、セッカは留鳥と書いてありました。
ホオアカは初見で、セッカ冬羽も初見で、何の鳥かやっと分かりました。

大分ナシカ 様 へ


こんばんは〜。

ありがとうございます。ホオアカが 当たっていて嬉しいです。

シマセンニュウの記事の時、セッカだと教えていただきました。
私は 夏羽のセッカを見たことがあり、冬羽のセッカが同じ鳥に見えませんでした。
やはり、何度も実物を見られたことのある方の声は、間違いがないようです。

葦原の撮影に ちょっと慣れて来ました。このセッカは ずいぶん離れていたので、
かたまっているように見えますが、私に怯えているのではないと思います。

今日もおつかれさまでした。

こんばんは

今日はホオアカ特集ですね!
ホオが赤いのがとっても可愛いホオアカくんですが、ホオの白いホオジロくんとは雰囲気が違っていますよね。ちょっとクールな都会的なホオジロくんに対して、お上りさんのようなホオアカくん、いいコンビだったりしているな、なんて思って見ていました。

MT 様 へ


こんばんは〜。

いいですね〜、その話 イタダキです。ホオアカはメスのようです。
実際、この葦原には ホオジロが たくさん暮らしています。

北国の高い山で暮らしていたホオアカさんが、この葦原にやって来ました。
その赤いほっぺと健康的な体つきに、ホオジロくんはぞっこんなのです。

ホオジロくんは ホオアカさんの気を引こうと、荒くれ者のモズを気にしながら、
木のてっぺんで 必死にさえずっているのですが、ホオアカさんは その気がありません。

ある日、ホオアカさんが 突然 姿を消しました。ここには立ち寄っただけで 旅の途中だったのです。
ホオジロくんは がっくりしているかと思いきや、妻のホオジロさんと一緒にいました。あれ?。

秋風に吹かれて

こんばんは😃

私の地元では、秋から冬にかけてはあまり見られないセッカちゃんです。
秋の風に羽毛をなびかせたセッカちゃんが愛おしいです❤️
ホオアカさんも可愛く撮れましたね^ ^

ふくみみ 様 へ


こんばんは〜。

少し前のブログ記事で、この鳥をシマセンニュウとして公開しましたが、
数人の方からセッカだと教えていただきました。

私は 夏羽のセッカは見たことがあり、その姿が頭に残っていたので、
この鳥がセッカだとは思えませんでした。冬羽のセッカは別の鳥のようです。

ホオアカは 岡山県南部では少なく、町内の葦原で出会えたのはラッキーでした。
非公開コメント

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に勤務しており、週末にバイクでバードウォッチングに行くのが楽しみ。広々としたところに引越しました。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR