ミコアイサくんだった

444


ホオジロガモくんと 別れたミコアイサちゃんの、その後の消息が分からず、心配していたのですが、やっと見つけました。ところが、何やら様子がおかしいのです。ミコアイサちゃんは メスの幼鳥だと思っていたのですが、1ヵ月後には、体が茶色っぽくなっていて、頭はボサボサで、こちらの方が幼鳥のように見えるのです。

そして、分からないまま、記事を公開したところ、Shin's様から ミコアイサちゃんはオスの幼鳥だと教えていただきました。どひゃ〜っ!、ホオジロガモくんと異種カップルだなんて言って、そして フラレたなんて言って、皆さまにご心配していただいたのに申し訳ありませんでした。

オスどうしだったんですね。北方より児島湖周辺に2羽で仲良く飛んで来て、同種の仲間がいなくて、2羽で励ましあって一時期を過ごしていたんですね。そして、皆さま。ミコアイサくんが
これから変身する姿を一番下に載せました。これこそ、どひゃ〜っ!ですよね。

名称未設定-3-01とりとりNo.444  ミコアイサ♂ 幼鳥 11月14日の姿(上) 12月12日の姿(下)名称未設定-7-01お腹が空いたのか潜ってエサを獲りに行きました。そして大あくびをして…名称未設定-4-01オスだったのが恥ずかしいのか、ミコアイサくんは飛んで行っちゃいました。名称未設定-1-01 のコピーこれがミコアイサ♂成鳥 ( 別個体 / 今年3月撮影 ) ミコアイサくんは こうなります。
スポンサーサイト



コメント

No title

私には雌の成鳥に見えます。野生の実物を見たことがなく、何を訝しがっているのかよくわかりません。

おはようございます。

私も見たことが無いのでどこがどうやらわからないのですが、変化の途中とか個体差が大きいとかあるのかな?(^^)

AzTak 様 へ


おはようございます。

そうですね。私は 何が分からないのかが 説明不足でした。
皆さまに ご自由に想像していただきたいと思ったのですが、
これでは何のことか分かりませんよね。
この後、文章を訂正します。

よくぞ教えていただき、ありがとうございました。

やませみ 様 へ


おはようございます。

すみません。私は 何が分からないのかが 説明不足でした。
皆さまに ご自由に想像していただきたいと思ったのですが、
これでは何のことか分かりませんよね。
この後、文章を訂正します。

No title

意外な展開に···
これからどう変化するのか楽しみです。
飛ぶ姿の写真
ついに会得ですね。

ミコアイサ雄幼鳥

おはようございます。初めてコメントした際にこのミコアイサがオスの幼鳥だろうというのは気づいていました。

種の間違いだけでなく、タイトルまで否定しないといけませんし、確定するほど詳細な画像でもありませんでしたし・・・

カモ図鑑が出るずっと前からミコアイサの雌雄成幼を見分ける目を磨いていました。
11月中旬の画像では目の周囲の黒い隈がないのに、最近の画像では黒く出ている。肩羽に褐色味があって波状斑の出現が滑らかである場所とない場所の区別がしにくい、翼上面の体側白線が明瞭で雨覆に不明瞭なウロコ模様が見えるのがオス幼鳥のこの時期の特徴です。幼鳥としては換羽が早いほうですね。

ということで時期の異なる同一個体の観察は得るところが多いものなんですよ。

おはようございます。

ん~~さっぱり分かりませんが。。
大人になったら純白になるんですか?
すいません、食いつくところが違って。

tor 様 へ


おはようございます。

今、午前の鳥見から帰って来まして、
この後の ベテランウォッチャー様のコメントを呼んで、どひゃ〜っ!と なりました。

事実は小説よりも奇なり。面白くなって来ましたよ〜。
出来ましたら、夕方に もう一度、このブログに来ていただければ、
ぜんぜん違う記事になっているでしょう。

飛ぶ姿の撮影は、今日もたっぷり練習して来ました。

Shin's 様 へ


おはようございます。

この度は 詳しく教えていただきまして、誠にありがとうございます。
昨日、今日のブログを見ていただきたくて お願いして、本当に良かったです。

自分でも このミコアイサの変化に、悪い予感は あったんですよ。
1ヵ月前の幼鳥の姿がメスに近いのに、だんだん離れて行っているようで…。

それにしても、ホオジロガモくんがエクリプスで、もうすぐ姿が変わるとズバリ言われ、
今回も1ヵ月前のペアの時から、ミコアイサちゃんがオス幼鳥と分かっておられたのはスゴい!。

異種のカップルという記事に ケチをつけまいと、ご配慮いただいたことにも感謝です。
どひゃ〜っ!な 展開となりましたが、ミコアイサくんとして記事を訂正いたします。

今回の、同一個体の観察を続けて来たことは成果があったということですね。
今後も児島湖周辺には1羽ずつしかいないミコアイサとホオジロガモの観察を続けて行きます。

良くしていただきまして喜んでおります。ありがとうございました。

エッ?

こんにちは^^

コメント復活です。
先日はお気遣いコメントありがとうございました。

驚きの展開になり、もう一度自分のミコアイサを見ましたが
あれは♀のままでOKなのかな?
いやぁ~すごい・すごい
どうぞ観察記録が続くまで居てくれますように・・・

べり~* 様 へ


こんにちは〜。

大変なことになりましたよ。
ミコアイサちゃんが、ミコアイサくんだったことが判明しました〜。

これが、どんなにスゴいことか、この後 今日の記事をごっそり変更します。
よろしければ、夕方過ぎに もう一度 記事を見ていただければ、どひゃ〜!と なるはずです。

それでは、記事の作り直しに取りかかります。

やっこちゃん 様 へ


こんにちは〜。

復活のコメントをいただいて嬉しいです。
お疲れが出ないようにしてくださいね。

本日のブログ記事ですが、大変なことになりましたよ。
ミコアイサちゃんが、ミコアイサくんだったことが判明しました〜。

これが、どんなにスゴいことか、この後 今日の記事をごっそり変更します。
よろしければ、夕方過ぎに もう一度 記事を見ていただければ、どひゃ〜!と なるはずです。

それでは、記事の作り直しに取りかかります。

No title

こんにちは

え~ミコアイサをGETされましたか
白と黒でパンダの様ですよね^^

とても綺麗ですよね!!
素敵な鳥さんを見せて頂き有難うございます。

ミコアイサ

こんにちは

ミコアイサは、純白のオスくん、茶髪のメスさんしか知りませんでした。
オスの幼鳥さんはメスさんに似ているというのは鳥の世界ではよく見られますね。
勉強させて頂きました。

No title

こんにちは♪

ミコアイサの幼鳥 やんちゃ坊主の様な表情ですね♪ 成鳥になるとすっかり体の色も変わるんですね。

x都人x 様 へ


こんにちは〜。

紛らわしくて すみません。
白黒パンダのミコアイサは、以前 撮ったものです。

上の幼鳥から だんだんと、
白黒パンダのミコアイサに成長して行きます。

ハロゲンくん 様 へ


こんにちは〜。

いや〜、私は 今回、いい勉強になりました。
おっしゃるように、オスの幼鳥は メスに似ているんですよね。

ミコアイサの幼鳥が メス成鳥に似ていたので、てっきりメス幼鳥だと思いました。
そして、ホオジロガモのオスと ずっと一緒にいたので カップルかと…。

思い込みはいけませんね。カモの世界は奥が深そうです。

なべ 様 へ


こんにちは〜。

ミコアイサの幼鳥が1ヵ月経って、思わぬ姿になっていました。

もともと 幼鳥初期の姿は、メス成鳥に似ていたので、
なぜ、わざわざ こんな姿に変化したのだろうと不思議に思っていました。

すると、オスの幼鳥だったんですよ。オス成鳥は 一番下の写真の姿なので、
まさか、真っ白い姿に なるはずがないと思っていました。

カモの成長過程の変化は、劇的なものだと分かりました、

こんばんわ

あらま雄だったのですか(*^^)v

ミコアイサの雄は綺麗ですよね。

パンダカモですから(笑)

大分県ではあまり目にしません。

長崎県の諫早市中央干拓だと普通に見ることが出来ます。

今日も一日お疲れ様でした。

No title

こんばんは。

この茶色の幼少期からは
全く想像もできない
無垢なるお姿と成長するのですね。

大分ナシカ 様 へ


こんばんは〜。

オスだったようで、びっくりです。
この茶色の姿が、真っ白に変わるのです。

カモの成長は 全く分かりません。
ほとんどが冬鳥で、繁殖地でヒナから幼鳥へ変わるので、
それを見る機会がないためだと思います。

このミコアイサ幼鳥が、パンダカモに変わって行くのを
観察するのが楽しみになりました。

今日もおつかれさまでした。

朝弁 様 へ


こんばんは〜。

ミコアイサちゃんと、ホオジロガモくんの
破局が 悲しいことでは なくなり、

ミコアイサくんに変わったことで
純白の美しい姿を見ることができる。

大間違いをしたのですが、結果的には
ハッピーエンドでは ないでしょうか。

こんばんは

水鳥のことほとんど知らない私です(^-^;
大・大変身ですね!
これほどまでに幼鳥と成鳥で変わるのですね!
勉強になります!
ありがとうございます(*^-^*)

ももちゃん7 様 へ


おはようございます。

ミコアイサには驚かされました。

メス成鳥にそっくりだったのですが、
目の回りが黒くないので幼鳥かと思いました。

ホオジロガモのオスとカップルに見えたので、
てっきり ミコアイサの幼鳥は、メスだと思っていました。

その後、2羽は 別れましたが、1ヵ月経って、
ミコアイサが この変化。オスだと教えていただきました。

鳥の世界は面白いですね。知らないことばかりです。
非公開コメント

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に
通っていて、週末にバイクでバード
ウォッチングに行くのが楽しみです。
広々としたところで暮らしています。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR