マガモ 逃げろー!

453


鳥見で町内を歩いていると、巡回パトロールのような軽ワゴン車がやって来ました。腕章をつけたおじさんが、カモ猟をしている人がいるので、道から外れて葦原の中に入ったら撃たれますよだって。目立つ服を来て歩く方がいいとも言われました。

なんじゃとー!。ココはワシの町内なのに、何で撃たれるんじゃ〜と、どうにも納得がいかなかったのですが、パンパンと音がして火薬の臭いがプ〜ンとしたら、気をつけよ〜となるのです。ハンターがお目当てのマガモは、早よう逃げよ〜。

名称未設定-1-01名称未設定-2-01名称未設定-3-01名称未設定-4-01名称未設定-5-01とりとりNo.453  マガモ 撃たれるなよ〜
スポンサーサイト



コメント

No title

カモ猟ですか、近くで見たことがないです。
音といい、火薬のニオイまでするとは、ちかいですね。
逃げてくださいね。

しょもな 様 へ


こんばんは〜。

猟師のカモ猟ではなく、趣味のハンターのようです。
撃った音は遠くて、ハンターの姿は見えないのですが、
風下にいると火薬の匂いが漂って来るので気味が悪いです。
最近は音を聞いていないですね。

こんばんは。

へー、カモ猟を許しているのですか。
当地では考えられません。
野生動物の狩猟まだ一部で許していますが、鳥の狩猟は当地ではもうないと思います。

ゴロー・O 様 へ


こんばんは〜。

ヨーロッパでは、カモ猟が少ないのでしょうか。
日本人はカモ鍋が好きですからね。天然マガモは人気だと聞きます。

昔から増えすぎた動物は間引いて、美味しくいただいて来たので、
いいのではないでしょうか。アイガモもニワトリも同じ命なのですから。

おはようございます。

こちらでも鴨猟は行われていますが、音を聞く場所は狭くなり聞く事も少なくなりましたね。
狩猟免許を持っている方に聞いても猟友会の高齢化が進み、会員も随分少なくなったと聞きます。
私が子供時代は、屋根に散弾が落ちるぱらぱらという音が聞こえる事もありましたからね(^^;
今は食用の天然鴨猟は散弾が残ることもあり網が主流みたいですね。

No title

身近な場所にハンター現るですね。
危険ではないのでしょうか。
カモも大変だ!

おはようございます。

そういう巡回ですか。早朝に知らない人など来ると危ないですね。禁猟区ではないのですね。こういうことのために鳥たちの距離が遠のくのでしょうね・・・。

やませみ 様 へ


おはようございます。

私が子どもの頃は、岡山市南部は人口が少なくて、ハンターが多かったと思います。
海岸沿いで遊んでいると、散弾銃の薬莢がたくさん落ちていました。

それから半世紀以上経って、民家が増え、道路が整備されているのに、
未だにカモ撃ちなんかしているのかと思いました。

特定の鳥が増えすぎて漁業被害が出て、市などからハンターに駆除依頼が あるでしょうが、
児島湖周辺のマガモが それほど多いとは思えません。

今は、カワウが 異常にラッシュしているので、趣味のカモ撃ちではなく、
市などからハンターに、カワウの駆除依頼をすべきだと思うのですが…。

tor 様 へ


おはようございます。

カモは人に気付いたらすぐに逃げるので、
ハンターは、身を潜めて散弾銃を構えているのでしょう。

犬も、山の猟なら 走り回っていて分かるのですが、
カモを撃ってから泳いで捕まえに行くので分かりにくいですね。

ですから、ハンターには よほど注意してもらわないと危険です。
飛び立ったカモを撃たれると、流れ弾の危険もあります。

MT 様 へ


おはようございます。

岡山県の鳥獣保護区の赤い看板が立っているんですけどね。
狩猟を認可する役所と、環境保全をする役所が違うのでしょうか。

禁猟区というのも、道路や護岸整備のように、国、県、市と、
それぞれの管轄があってウヤムヤになっているのでしょうか。

鳥獣保護区で、カモ撃ちをやっているなんてバカみたいです。

No title

間違って撃たれたくはないから、気をつけましょうね。
葦原の中に入っての撮影は、基本的には銃猟の有無に関わらず、やめたほうが良いように思います。見やすい位置から撮りたい気持ちはわからないでもありませんが、…。

おはようございます

そんな身近に鴨狩ができる池があるんですね。鴨狩の季節は今頃なのでしょうか。かわいそうですね・・・でも、かも南蛮食べてる私って・・・

おはようございます^^

エッ(*‘∀‘)そんなぁ~
人が簡単に入れる場所でですか?
ビックリと同時に撃たれないように!!

鴨ちゃんも逃げ切ってね・・・

おはようございます♪

身近な所でハンターがいるんですね。
それも葦原の中に入ったら撃たれますよって怖すぎ!
流れ弾に当たらないように気を付けて下さいよ!

No title

おはようございます♪

狩猟解禁でしたね 今は区域もかなり限定されていると聞いてましたが、TDさんの近くは禁漁区になってないんですね。
子どもの頃は猟犬つれたハンターをよく見かけましたがほとんどは町の医者でしたね。

No title

こんにちは

カモ猟ですか~TVでは見た事が
ありますが実際に見たことが無く
素敵な出会いでしたね^^

俺も此の時期になると鴨鍋が
食べたくなります。

鴨さん!ごめんなさい(笑

AzTak 様 へ


こんにちは〜。

お気遣い ありがとうございます。
葦原に入って撮ることは、まず ありません。

鳥に近すぎて逃げられますし、葦原の奥に逃げ込まれたら探せません。
遠くから、葦原の隙間をこじ開けて撮影する技を練習中です。

とちぎけん登山あれこれ 様 へ


こんにちは〜。

岡山県の狩猟期間は、毎年11月15日から 翌年2月15日です。
驚くことに、ほとんどのカモが 狩猟の対象になっています。

カモが増えて被害にあっている方が いるのでしょうか。
かも南蛮用のカモは、ニワトリみたいに アイガモを人口飼育したらいいと思うのですが…。

やっこちゃん 様 へ


こんにちは〜。

私も聞いて驚いたんですよ。
大きな川の護岸だけが、猟の場所だと思っていたのですが、
川土手の反対側の小さな川でも撃っていいそうです。

そばに民家も生活道路もあるんですよ。私の家から500mしか離れていません。
なぜ、このようなことが許されているのか、理解に苦しみます。

mami*rin 様 へ


こんにちは〜。

恐ろしいことがあるものです。

私が鳥見中に撃たれて死んだら、ニュースに出るでしょうね。
それで 社会問題になって、私の町内での狩猟は禁止になるでしょう。

でも、人柱には なりたくないので、気をつけます。

No title

こんにちは~。

【目立つ服装で…】なんて言われても、て感じですね、こわ~。
イノシシ駆除ぐらいしか聞いたことなかったです。
確かに鴨鍋は食べたことありますが、(こちら地域では一般的に食さない傾向です)

鴨さんの写真見てると微笑ましく、撃たないで、て思ってしまいます。

なべ 様 へ


こんにちは〜。

うちの町内の川土手には、鳥獣保護区の赤い看板が立っているんですが、
禁漁区ではないようですね。どういう仕組みなのか分かりません。

そうですね。趣味のハンターは、お金に困ってカモ撃ちは していないでしょう。
究極の道楽だとは思いますが、今の日本では無理があるように思います。

x都人x 様 へ


こんにちは〜。

私はカモの味が好きではないので食べませんが、
牛も豚も鶏も食べます。

ですから、カモが増えすぎて駆除せざるを得ないのなら、
捕まえて美味しく食べたらいいと思います。

古来よりの食文化を否定するつもりは毛頭ありません。

philia 様 へ


こんにちは〜。

鳥見中に撃たれたらシャレになりませんからね。
気をつけて歩きたいと思います。

カモが撃たれるのは可哀想ですが、数が増えすぎて
間引く必要がある時は仕方はないですね。

マガモが増えすぎているとは、聞いていませんが…。

No title

狩猟許可期間なんでしょうね。
こちらでもありますが種類は限られているはずです。
ただいつもどこでも監視員がいるわけで
ないので適当に撃つ場合が多いそうです。

マガモは許可種なんでしょうか。
ここはまだ視界の効く場所ですが
山中では流れ弾、また間違いなんて
結構あるみたいですね。👀
まずは防弾チョッキとヘルメット
買われてはどうでしょう。(←冗談 🙇)

カモ猟

こんばんは

そちらではカモ猟があるんですね。
狭い日本で猟銃を発射されたら怖いですね。
どういう基準で許可されるんでしょうね。

こんばんわ

こちらでも池の周りで鉄砲撃っていますよ。

でもあまり気にしてはいませんけどね。

県民の森などに行くと猪の鉄砲撃ちがいますが広いのでどこにいるのかわかりません。

カモにとっては厄介な人間ですよね。

でもカモをとって食べるのでしょうか?

鳥インフルエンザが潜んでいるかも知れませんよね。

今日も一日お疲れ様でした。

かぐや姫 様 へ


こんばんは〜。

猟期は 岡山県では、毎年11月15日から翌年2月15日までです。
カモは、ほとんどの種類が狩猟の対象となっています。

今どき ウソのような鳥獣保護法ですが、現実です。
特定の種類が増え過ぎた時の駆除を考えてのことかもしれません。

この法律が、趣味のハンターに認められていることが不思議ですが、
射撃も、撮影も、英語で 共にシューティングなので、
ハンティングも バードウォッチング同様の趣味と考えるべきなのでしょう。

狩猟も鳥撮りも法律で やっていいと認められているのですから。

防弾チョッキとヘルメットを付けて歩くのは嫌ですね。

ハロゲンくん 様 へ


こんばんは〜。

どこの県でも狩猟は認められていると思いますよ。
マタギのような職業猟師だけが狩猟をしているのではなく、
趣味で鳥獣を仕留めるのが好きな人がいるのです。

日本は自由な国なので、その気になれば、
私も貴方も、鉄砲でカモを撃つことができますよ〜。

大分ナシカ 様 へ


こんばんは〜。

そうか〜、鳥インフルエンザか〜。

実は、この巡回パトロールの方に聞いたのは、
11月15日(日)の狩猟解禁日だったんですよ。

当日は、パンパンと音がして騒がしかったのですが、
翌週末にはパタッと止まって、どうしたのかと思っていました。

岡山県は、鳥インフルエンザの発生でエラいことになっているんですよ。
一つの養鶏場だけで64万羽の殺処分が行われたとニュースになりました。

カモを獲っても食べられず、カモを捨てるところを見られたら 大ひんしゅくなので、
ハンティングが出来ないという訳だったんですね。マガモがセーフでよかったです。

今日もおつかれさまでした。

No title

こんばんは。

えぇ~~

カモが撃たれるのですか。
野鳥って人間の都合で撃たれてしまうのですか。

何も悪いことをしないのに・・・
害鳥ならわからないこともないですが。

それに葦原の中に入ったら間違って撃たれるのですか。

怖いところですね。(~_~;)

aya 様 へ


こんばんは〜。

散弾銃の鉛が入ったカモ肉を食べられたことは ありませんか。
私は、カモ猟に行った人のお裾分けで、もらったことがあります。

趣味のハンティングの標的として、カモを撃つのです。
前時代的なことのように思えますが、現在も続いています。

葦原の中にいたら、間違って撃たれるかもしれませんね。
ハンターが高齢化しているそうなので、思わぬ事故が怖いです。

そして、これは 岡山県だけのことではありませんよ。
猟期に、自然の中に行かれる時は、お気をつけください。

今日もありがとうございました。
非公開コメント

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に
通っていて、週末にバイクでバード
ウォッチングに行くのが楽しみです。
広々としたところで暮らしています。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR