再生

500


私がいつも鳥見をしている川土手。今年も町内で草刈りをした後、土手焼きが済んでいました。私は複雑な思いで草刈りをしたのです。そして、土手焼きされた所に行ってみると、焼けて黒くなった土の上で、オオジュリンが何かをボリボリ食べていました。草を焼いたので、ごちそうが出てきたようです。

鳥は逞しい。心配することはなかったのです。他の鳥もたくさん来てボリボリやっていました。冬に土手の草を焼くと、春から勢いよく草が生えて来るはずで、鳥たちにとっても良いことなのかもしれません。

名称未設定-1-01焼けた川土手で、たくさんの鳥が 何やらボリボリ食べていた名称未設定-3-01とりとりNo.500  オオジュリン 鳥は逞しい。草も春になると生えて来る。名称未設定-2-01キジバトのつがいもエサ探し。名称未設定-4-01川沿いの葦原も燃やしていた。今、鳥は災難だが、もっと元気な葦原になるはず。
スポンサーサイト



コメント

No title

こちらの河川敷も似たような光景のところが多く有りますよ。
自然も鳥もたくましいですね。

こんばんは。

へー、そうなんですか。
何を食べているのでしょう。
焼けた実とか種を食べているのでしょうか。
本当に逞しいですねww☆!

おはようございます♪

へぇ〜そんなに大胆に焼くんですか!

多少落ちた種とか虫などが地中にあるかも知れませんが
鳥達もしばらくはここに住めませんね?

それにしても広い所で撮影するんですね^^

しょもな 様 へ


おはようございます。

一番下の写真は、川沿いの河川敷で、
上3枚の写真は、反対側の川土手です。

自然も鳥も逞しいですね。心配することは ありませんでした。

ゴロー・O 様 へ


こんばんは〜。

食べているのは、小さい物のようで見えませんが、実とか種だと思います。
こんがり焼けて美味しいのかもしれませんね。

状況を受け入れ、巧みに利用する姿を逞しく感じました。

おはようございます

ちょっと焦げたおせんべいなど美味しいですが、いい具合に焼けた昆虫などいたのかも知れませんね!?葦原もいったん燃やされてきれいな感じです。これがいつも鳥たちに住みやすい環境を与えてくれるもとになりそうです。

Cat 様 へ


おはようございます。

焼いたのは、川沿いの葦原の一部 ( 一番下の写真 ) 幅50m×長さ200mくらいと、
反対側の川土手部分 ( 上から3枚の写真 ) 2kmくらいです。

それでも、葦原全体のごく一部なので、鳥たちは ねぐらにも、
食べるものにも困らないと思います。

ここは広いですよ〜。葦原だと50m先の小鳥を撮りますし、
川だと100m以上先のカモを撮っています。

MT 様 へ


おはようございます。

そうですね。鳥たちは お焦げのような感じで、美味しく食べていたのでしょう。

焼かれた葦原は 一部分ですが、スッキリしました。
もっと元気な葦原に生まれ変わってもらいたいです。

ここは 二毛作の田んぼを、年2回 野焼きをする所なので、
葦原や 川土手の雑草にも、焼き畑効果があってほしいものです。

おはようございます

 野焼きは動物の世界にもいいことなんですね。わからないものですね。

おはようございます。

田圃や畑の土起こしと同じで、鳥たちもわかってるのかもしれませんね。
焼き畑と同じ効果で土の消毒にもなり悪い事ばかりではなさそうです(^^)

No title

撮影には見つけやすくなりましたね。
こんなに焼けて真っ黒なのに
食べ物があるのですね。

No title

おはようございます。

田舎生まれの子どもの頃、春先の野焼きは見慣れた光景でしたが最近はあまり見なくなりましたね。
野鳥たちも燃えてる時はビックリでしょうが、新たな餌を見つけているようですね。

こんにちは^^

心配することなく良かったですね。
虫の丸焼きもあったのでは?
きっとあっという間に草が生えてきますね!
500投稿おめでとうございます。

昨日は快晴の中、思いがけない休日になり
200㌔先まで走りました(県内)
想定外のツグミとハギマシコ?ゲットしました♪


とちぎけん登山あれこれ 様 へ


こんにちは〜。

川土手や葦原を焼くことが、鳥のためになっていると
私が 思いたいだけなのかも しれませんが、
昨年の川土手、一昨年の葦原を 焼いた後に、
鳥が減ったように感じないので、いいことのような気がします。

やませみ 様 へ


こんにちは〜。

初夏に 麦畑の野焼きをした時には、ヒバリやケリの巣が心配でしたが、
冬に 川土手や葦原を焼くのは、繁殖期ではないので、鳥は安全です。

焼き畑農業のような利点が、鳥の暮らしに プラスになれば良いのですが…。

tor 様 へ


こんにちは〜。

そうなんです。土手道の脇の雑草を焼いたので、
鳥の姿が見やすくなりました。

何を食べているのか分かりませんが、
鳥がたくさん来て、ボリボリやっていました。

こんにちは

ヨシ原を焼くと、そこに潜んでいた虫などがいなくなってしまうと思っていたのですが、そうではないようですね。
むしろ虫などを見つけ易くなっているんでしょうか。

なべ 様 へ


こんにちは〜。

私の町内は 野焼きの多い所で、初夏は 麦の収穫後に、
秋は 米の収穫後に、そして 冬の川土手と葦原の 野焼きです。
それ以外にも 町内の方は、しょっちゅう 雑草やゴミを燃やしています。

川土手と葦原を焼きましたが、全体のほんの一部なので、
鳥のねぐらや、餌場は、他に十分にあります。

やっこちゃん 様 へ


こんにちは〜。

ありがとうございます。あっと言う間の500回でした。

ヨシの中の虫は 丸焼けになって、
鳥が 美味しく食べていると思います。

昨年 冬の土手焼きも、1年経ったら元通りになっていたので、
春になると、また 草ボーボーになると思います。

200km先と言うことは、400km以上走られて、
ツグミとハギマシコ?を撮られましたか。
ハギマシコは 聞いたことがないので、珍しい鳥なんでしょうね。

ハロゲンくん 様 へ


こんにちは〜。

焼かれた葦原や、川土手の雑草は、全体の一部分なので、
また、ヨシや 雑草が生えて、回りから虫たちが付くと思います。

今は こんがり焼けた虫や 種などを、鳥たちが美味しく食べていると思います。 

No title

きっと何かしら美味しいものが転がっているのでしょう。多少燻されたものでも、ゲテモノ食いの人間のことを考えれば、食べることができることでしょう。

No title

こんにちは

葦原焼きですかー
琵琶湖とか砥峰高原に
行って見ようと思ってますが
今年もコロナで自粛(笑

また綺麗な葦原に再生して
小鳥の楽園に成るのが楽しみですね(^^

今日は梅メジロ撮りでした。

No title

こんにちは~。

写真見てちょっとびっくりしましたが…
全部焼き払ったわけではないのですね。
鳥見に支障なければ、良かった良かった(^^)

こんにちは。

焼け跡には美味しいものがあったんですね~。
色が同化しているようで見つけるのが難しいから
食べてる時も安全かもですね。

AzTak 様 へ


こんにちは〜。

今日も 焼いた所に たくさんの鳥が来て、美味しそうに食べていました。
ゲテモノ喰いとかでなく、こんがり焼けて フツーに美味しそうな感じでした。
何を食べていたのかは、分かりません。

x都人x 様 へ


こんにちは〜。

砥峰高原を初めて聞いたのでググってみたら、
景色もいいけど、鳥の楽園という感じですね。
でも、今は雪が積もっているのでは。

春になると、葦の新しい芽が出て来て、どんどん大きくなるはずです。
今年の秋に、どれくらいの大きさになっているか楽しみです。

梅に来るメジロのことを、ウメジローと言うそうですね。

philia 様 へ


こんにちは〜。

葦原は細長く 2kmくらいあって、そのうちの200mなので、
そこを ねぐらにしていた鳥は 災難だったと思いますが、
引っ越しする場所はあるので、大丈夫だと思います。

No title

野焼きは一見鳥たちの安息の場を奪ってしまう印象ですが、人にも鳥にも良いことがあるのですね。
広い葭原は四季を通して野鳥が集まる大切な環境。
そんな所が近くにあって羨ましいです^_^
焼き虫は遠慮したいけど、焼けた雑草の実などは美味しそうですね。^^

こんばんわ

野焼きをした後はなにか美味しい物があるのでしょうね!(^^)!

だけどオオジュリンにとっては隠れ場所が無くなり良い迷惑だとwww

でも餌にはありつけるので有難い部分も(笑)

2月の終わり位からサシバの渡りが始まるので楽しみです。

ですが春はサシバとハイタカがほとんどでハチクマはルートが異なるので見る事はありません。

ヒレンジャクうまく撮れているとよいですね~

今日も1日お疲れ様でした。

ひなた 様 へ


こんばんは〜。

私は 自分の手で草刈りをしたので、複雑な思いでしたが、
焼け焦げた川土手の道沿いに、鳥がたくさん集まって、
何かを食べているのを見て、安心しました。

葦原は、この冬鳥シーズンを 楽しませてもらっています。
オオジュリンしかいないと思っていたのですが、
たくさんの鳥と出会うことができました。

大分ナシカ 様 へ


こんばんは〜。

焼いた葦原は 全体の10分の1くらいなので、
オオジュリンは 引っ越しをすれば大丈夫でしょう。

後は、土手道の脇を焼いただけなので、
他の鳥のねぐらはセーフだと思います。

サシバは夏鳥のはずですが、
2月の終わり位から渡りが始まるのですね。

ヒレンジャクは望み薄です。データを見るのが恐いです。

今日もおつかれさまでした。

べり~* 様 へ


こんにちは〜。



オオジュリンはいつも葦原の中にいて、

ジュリン ジュリンの 鳴き声はすれど、姿を見せない鳥です。



それが、こんなに姿を晒して、夢中で食べているのは、

こんがり焼けた 美味しいごちそうがあるに違いありません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開コメント 様 へ


こんばんは〜。

コメントをいただき、ありがとうございました。

鳥の元気な姿を見て、ホッとしました。良かったです。
非公開コメント

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に
通っていて、週末にバイクでバード
ウォッチングに行くのが楽しみです。
広々としたところで暮らしています。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR