その後の鳥たち

560


ずっと見て来たレンコン田付近をねぐらにしていたケリのファミリーですが、4羽いたのが2羽になって、とうとう1羽になっていました。私の推測ですが、親鳥2羽が若鳥を置いて出て行って、1羽の若鳥が出て行き、残った1羽だと思います。早くつがい相手を見つけろよ〜。

そして、同じ電信柱に代わり番こで とまっていたノスリ2羽。私は 母と娘とだと推測しましたが、その娘の方が 少し離れた川土手にいました。ノスリって 春以降も定住するのでしょうか。

名称未設定-1-01名称未設定-2-01とりとりNo.560-1  ケリ とうとう1羽になっていた。

名称未設定-3-01とりとりNo.560-2  ノスリ♀ 母鳥がいなくなって残ったメス若鳥のよう。
スポンサーサイト



コメント

No title

鳥の世界もいろいろ変化がありますね。
ずっと観察できる場所があると
その変化も、おもしろいですよね。

こんばんは。

取り残された鳥達は少し可哀そうですね。
そんな表情をしているように見える印象的な写真です。☆!
野生の鳥達、動物達はそれに立ち向かう一方で、運命にも極めて従順です。
何だかんだと後悔一杯の人生を送って来た私は羨ましいと思うことがよくあります…ww

おはようございます♪

ケリもノスリも一羽だけ残ってましたか?

ケリは今の時期少し離れた草の中とかで
隠れてお毋さんは卵を抱いていますよね
そしてその近くでお父さんが一羽で見張っています^^

最近雛が生まれた所もあり、多分今月中には
ゾクゾクと雛誕生だと思いますよ♪

おはようございます。

転勤に引越
親離れに巣立ちと人間社会と重ねて考えてしまう季節ですね。
私も自分に重ねて少々しみじみと(^^)

しょもな 様 へ


おはようございます。

ずっと観察できれば、変化を感じとれるのですが、
鳥の行動範囲が広くて、私が探せなかったり、
鳥の居る場所が同じでも、私の都合で 毎週行けなかったり、
週末ウォッチャーに、鳥の観察は難しいですね。

おはようございます。

TDさんの定点観測で思いがけない状況が確認されたようですね。それぞれの新しい生き方が始まるのでしょうか。これからたくましくなっていくのでしょうね。この2羽のその後もとても気になるところです。

ゴロー・O 様 へ


こんばんは〜。

残された若鳥たちが 寂しそうな表情をしていて、可哀想に感じられましたか。

私は 親鳥たちが、生活基盤のある縄張りを、子に譲って 身を引いたと思っているので、
この若鳥たちには、せっかく親から受け継いだのだから、頑張れと言いたいです。

鳥や動物が 厳しい自然の掟の中で、運命にも極めて従順というのはその通りだと思います。
鳥の 物事にこだわらず、自然の成り行きに任せて行動する姿は、羨ましいですね。

No title

こんにちは~!!
若い鳥が巣立って行ったってことなんでしょうかね?
天敵にやられたなんてことでなけりゃよいですが。
でもそれも自然ですしね^-^

Cat 様 へ


おはようございます。

ケリは、ヒナがいる時は、いつもに増して凶暴ですからね。
私は ヒナを見ようとして、二度 親鳥に攻撃を受けました。

私がいた方が、カラスやイタチに ヒナが襲われないと思うのですが、
そのことを ケリは分かってくれません。

ケリのヒナは見たいですが、あまりに必死に鳴いて飛び回るので、
可哀想になって、いつも引き返しています。

No title

春は別れと出会いの季節
鳥たちもですね。
どちらも素敵な出会いがあると良いですね。

やませみ 様 へ


おはようございます。

そうですね。鳥が 親離れに巣立ちと 別れの季節なら、
春は 人も、新しい門出の 旅立ちと自立の季節ですね。

そこで、銀行のオンラインが自立を妨げますね。
電話すらかけて来ず、ラインで生活が苦しそうに臭わす子や孫に、
いそいそと銀行に行って送金するようなバカなジジイに、ワシはならんぞー!。

No title

ケリは巣立った後は、『勝手に行け』なんでしょうかね。それぞれの子育てのスタイルがあるものなんですね。

MT 様 へ


おはようございます。

私は ぜんぜん知らないのですが、この状況は 思いがけないものではなく、
自然の摂理にかなった よくある状況なのかもしれません。

私は このケリは、親や兄弟から縄張りを譲り受けたと思っていて、
つがい相手を見つけて、この縄張りを守って行くのではないかと予想しています。

ノスリは暖かくなると、高地などに移動すると聞いたような…。

おはようございます

ノスリかっこいいですね。ノスリは留鳥でしょうかね。春以降もいるんじゃないですね。

かっぱのしんちゃん 様 へ


おはようございます。

私の勝手な予想では、親鳥や他の兄弟が、この若鳥に
縄張りを譲って、身を引いたように思っています。

猛禽のノスリは 滅多に襲われることはなく、
気性の激しいケリは、カラスやトビを追い回すので、
ヒナの時以外は、襲われることは少ないと思います。

tor 様 へ


おはようございます。

もしも このケリが、私の予想どうり、親から縄張りを受け継いだのなら、
どうやって つがい相手を探すのでしょうか。ケリのさえずりは知りません。

まあ、耳をつんざく鳴き声は 何キロ先まで聞こえますし、
空を飛べば白黒の姿が目立つので、付近のケリがいる場所は知っているのでしょう。

ノスリの方は、高地に移動するのかも知れず、その婚活は予想もできません。

AzTak 様 へ


おはようございます。

ケリの巣立ちは遅いような気がします。
このケリのファミリーは、子どもが親と同じ大きさになっても、
半年は一緒に暮らしていたようです。

ノスリも、私は 母と娘と勝手に思っていますが、
同じ縄張りを共有するのは、まだ完全に自立が出来ていないようでした。

とちぎけん登山あれこれ 様 へ


おはようございます。

栃木県の涼しい所では、ノスリは留鳥なのかもしれませんね。

岡山県南部の夏は暑いので、どうなのでしょうか。
昨年の夏は覚えていませんが、今年の夏に見かけたら留鳥とします。

No title

ケリ可愛いですねー(^^)/
ノスリ心なしか寂しそう。。。。

onorinbeck 様 へ


おはようございます。

ケリが 可愛いですか。写真で見たら可愛さは ありますが、
コイツは キケンなヤツです。近寄らない方がいいです。

ノスリは 雨の中、撮ったのですが、ヤル気が感じられません。

No title

ケリも鷹類と同じような巣立ち方をするなら
♀の若鳥が最後まで残るのでしょうね。

ノスリは去年ずっと観察したし、オオタカの子育てを参考にすれば
♀は番いになっても♂が餌を運ぶ事を知っているから?
最後まで親に餌をねだってテリトリーに残る様です。
我が家付近のノスリファミリーは♂に何かあったか
木が切られて環境が変わったからか成鳥は全く寄り付かなくなり、
いよいよ残っていた若鳥♀もどこかへ去って行ったようです。

他の鳥が居ると言っても前居た鳥が居なくなるのは寂しいですよね。

ケリとノスリ

こんにちは

ケリは西日本に多くて、関東ではあまり見られません。
ケリの習性も分からないのですが、親は繁殖に入ったのではないでしょうか。
ノスリは、こちらでは冬鳥で、これからは出会えません。

No title

こんにちは♪

ボッチとなったケリとノスリ、気のせいか
寂しげな表情にみえますね。パートナー見つかるといいですね^^

かぐや姫 様 へ


こんばんは〜。

ノスリを観察して来られたのですね。
私の考えは推測ですが、合っていたので嬉しいです。

同じ縄張りを共有する2羽のノスリが、母と娘だと思ったのは、
書かれている内容と同じで、女系ファミリーが頭にありました。

ケリは どうかと思ったのですが、親鳥2羽が縄張りを譲って去り、
残された2羽の子が オスとメスの場合、どちらが出て行くかです。

そこで 考えたのは、ケリのオスが 木のてっぺんでさえずるような鳥なら、
オスが残り、メスがオスを探しに出て行くと思いましたが、
私も ケリは 鷹類と同じようにメスの若鳥が縄張りに残るような気がします。
ケリもノスリと同じく、女系ファミリーなのかもしれません。

ハロゲンくん 様 へ


こんにちは〜。

各地のブログを見ても、ケリは 繁殖に入ったようです。
このケリの親鳥も、違う場所で巣を構えていると思います。

関東でノスリが冬鳥なら、岡山県南部も冬鳥ですね。
私が このノスリを見た10日前が、渡り前、最後に見たことになりそうです。

なべ 様 へ


こんにちは〜。

いえいえ、寂しくは ないかもしれません。

私の勝手な推測ですが、このケリは 親からいい縄張りを受け継いだお嬢様で、
逆玉に乗ろうと、たくさんのオスのケリが求婚に訪れそうです。

ノスリのお嬢様の方は、繁殖地に渡って行って、そこでヒナを育て、
ここの縄張りに 娘を連れて渡って来れば、物語は完結するのですが…。

こんにちは。

置いてきぼり?自立でしょうか。
野鳥の世界も厳しいですね。

こんにちは♪

ボッチになった子達を見ていると刹那くもなりますが
新たな仲間の誕生まで、どちらも逞しく生き延びてほしいな。
それよりきっとペアになる子近々現れるかも知れませんね。

No title

こんにちは

此方でもよく見かける馴染みのケリ~
そしてノスリですか!

まだ一度も見た事が無くて
眼光鋭くカッコいいですよねー(^^

猛禽は良いですよね!!

べり~* 様 へ


こんにちは〜。

なんてたって、このブログなので、どんな どんでん返しがあるか 分かりませんが、
ケリとノスリの 両お嬢様は、前途洋々で 何の心配もありません。
親鳥から恵まれた縄張りを受け継いだセレブ鳥なのです。(ホントかな〜)

mami*rin 様 へ


こんにちは〜。

この2羽が、ボッチで寂しそうに見えますか。
お腹の中で、クックックッと笑いがこみ上げて来るのをガマンしています。

2羽とも、親から恵まれた縄張りを受け継いだセレブお嬢様です。
引く手あまたで、オスたちが駆けつけて来るでしょう。(まったく確証はありませんが…)

x都人x 様 へ


こんにちは〜。

ケリは 関西に多いようですね。
岡山県南部にも たくさんいます。

ノスリは、この写真のような白っぽいものは 分かりやすいですが、
茶色のものもいて、ぱっと見はトビです。

ケリのいるような所には、ノスリも いそうですが…。

No title

こんにちは。

いろいろ想像して物語も出来、楽しいブログだと思います。

いろいろ想像できるということは、頭の回転も速いということで・・・うらやましいです(#^.^#)

一番乗りの件。・・・(^^♪


aya 様 へ


こんにちは〜。

野鳥ブログの方には、えーかげんにせーっ!と 叱られそうな、
いい加減なブログですが、これは バラエティ鳥ブログなので、
皆さまに 楽しんでいただけたら いいのです。(自分が一番楽しんでいますが)

いえいえ、アタマが逆回転していて、ネジが飛びまくっていて、
マトモに考えられないのです。

一番乗りの件は ナイショですよ〜。

今日もありがとうございました。

こんばんわ

いえいえノスリは冬鳥なので夏場はいませんのできっと帰って行きますよ!(^^)!

このノスリは顔が白いので若鳥でしょう。

ケリは大分県では県北で少しだけ見れるらしいのですが見たことがありません(*^^)v

ケリは福岡県とか熊本県に行けばいますけどね。

今日も1日お疲れ様でした。

こんばんは^^

サクラ開花で走り回ってました(^▽^;)

鳥の世界も厳しいですね!
我が家から見える高い木にノスリのカップルが?
毎日鳴きながら旋回しています。
レンズが小さすぎて遠すぎが悲しい・・・
前日のクロジも良かったです(^^♪

こんばんは

ノスリは見たことが無い私ですが、
ケリは抱卵から子育てを見ました。
田植えが始まった頃に雛が親に見守られエサを食べていました。
レンズを向けている私は親に大きな声で威嚇されたことを思いだします。

相手を見つけられますように~


大分ナシカ 様 へ


こんばんは〜。

このノスリは、やはり若鳥のようです。
そして、冬鳥でしたか。もう渡って行ったかもしれませんね。

ケリの方は、大分県には 少ないようです。
この独特の風貌と、一度 聞くと忘れられない鳴き声を、
見て、聞いて、いただきたいものです。

今日もおつかれさまでした。

やっこちゃん 様 へ


こんばんは〜。

桜が開花しましたか。
まだ 咲き始めなのに、走り回られていたのは、
何か 絵になる風景が あるのでしょうね。

ノスリのカップルが いるということは、
津軽は ノスリの繁殖地なのでしょうか。
高い木の上に巣があれば、ヒナがいるかもしれませんね。

ももちゃん7 様 へ


こんばんは〜。

ケリの抱卵から子育てを見られて よかったですね。
でも、親鳥に威嚇されましたか。

私の近所には ケリがたくさんいて、麦畑に巣をつくっています。
ヒナを育てているのを見ようとすると、親鳥に攻撃されるので、
近づいて見れないのが残念です。

ノスリは もう渡って行ったかも知れず、分かりませんが、
ケリの若鳥は いい相手が見つかることでしょう。
非公開コメント

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に
通っていて、週末にバイクでバード
ウォッチングに行くのが楽しみです。
広々としたところで暮らしています。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR