空気をめいっぱい入れたら

84

セコい話のつづき。私の乗っている軽ワゴン車はタイヤを何度か換えていますが、必ずタイヤの端が摩耗して、中央は十分に溝があるのに交換していました。カーブを曲がる時にタイヤの端に加重がかかって摩耗するのだろうと思いました。

バイクのタイヤは中央が摩耗し正反対です。そこで私はひらめきました。車のタイヤの空気をめいっぱい入れたら、タイヤ中央がふくらんでバイクのタイヤのようになる。それならカーブを曲がる時にタイヤの端に加重がかかるのを抑えられるだろうと…。

結果は、明らかにタイヤの端の摩耗は減り、ハンドルが軽くなり、走りも軽くなった印象です。しかし、ブレーキの効きが悪くなるので絶対に真似をしないでください。規定の空気圧以下にならないようにするのがおすすめです。

名称未設定-2-01とりとりNo.84  カルガモ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に勤務しており、週末にバイクでバードウォッチングに行くのが楽しみ。広々としたところに引越しました。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR