飛んだらキビシ〜

897


隣りの町内の電柱にハヤブサがとまっていました。逃げられないように遠くから撮りましたが、ソコソコ拡大できる写真になりました。そして、飛び出しを撮ったのですが、画質が悪くて拡大できません。飛んでいても拡大できる写真が撮りたいです。

名称未設定-5_アートボード 1いたいたハヤブサ。名称未設定-6_アートボード 1電柱どまりだと、遠くても このくらいアップにできる。名称未設定-7_アートボード 1とりとりNo.897  ハヤブサ幼鳥 目が合った。飛び出しそう…。名称未設定-8_アートボード 1
飛んでいる写真は、ここまでしか拡大できない。ううう…。
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。

綺麗に撮れましたね。☆!
3枚目の目の合った顔、いかにも飛ぶ直前の雰囲気が感じられるいい写真です。
飛翔は難しいので私は諦めています…ww

おぉ〜っ!!!

ハヤブサのド.アップ眼もクッキり美しく撮れ
しかも良い所に止まっていましたね♪

飛び出しはやはり三脚があった方が楽ですが
一脚でも持ち歩くのはめんどくさいですからねえ^^


ゴロー・O 様 へ


こんばんは〜。

3枚目の写真のハヤブサは、自分がずっと見られていることを確信して、
ドキリとした感じでしょうか。勇壮な猛禽類の臆病な一面のようです。

飛ぶ姿を撮る時は、鳥を小さく画面に入れ、シャッタースピードを速くするためか、
ぜんぜん良い写真になりません。何とか改善したいです。

No title

すごいです。
迫力ある姿ですね。
でも正面からは目がクリッとしていて
可愛いです。

さすが鋭い爪ですね。

Cat 様 へ


おはようございます。

ハヤブサの若ですが、オオタカやハイタカと似ているようで、
目のギョロリ感がハヤブサですね。

とまり物も 飛び物も、同じ光の元で撮影するので、基本的には同じだと思うのですが、
飛ぶことを意識して、設定を変え過ぎるのが 悪いのかもしれませんね。

おはようございます。

本当にいつも悔しいですよね。猛禽は羽根を広げればあんなにも大きいのに、私も小さくしか撮れません。一度でいいので運がいい状況に出くわしたいものですね。

tor 様 へ


おはようございます。

オオタカやハイタカは カッコいいですが、
ハヤブサも なかなかのものだと思います。

トビと他のタカの 分かりやすい違いが、この黄色い足で、
その爪は鋭く、握力が強そうですね。

MT 様 へ


おはようございます。

そうなんですよ。とまり物も飛び物も、光の条件は同じなので、
同じような画質が得られるはずなのに、ぜんぜんダメなのです。

フレームアウトするからと 小さく撮ったり、動くからと シャッタースピードを速くするのが
良くない気がしています。ダメ元で イロイロ試してみようと思います。

No title

猛禽類の飛びものは、オオワシやオジロワシが主で、そのほかの猛禽類を撮影したのはこの間ケアシノスリを偶然に撮影しました、多くの猛禽類に出会いたいものです。

No title

”動物写真を撮る”中でも野生動物は厳しいですよね。
北海道の若い方で2年前くらいに
コンクールで賞をもらった方ですが
モモンガの1枚の写真を撮るために丸1週間
1日何時間も使った話を読んだ事があります。
これだけは機材が揃えば良いと言うものでなくて
動物の習性を知り練習するしかなさそうです。
前読んだ記事と同じかどうか。。?
https://www.asahi.com/ads/photo_sony2019_11/
TDさんも頑張ってください。

さゆうさん 様 へ


おはようございます。

オオワシや オジロワシは、岡山では見られない鳥で、北海道の雄大な大地を飛ぶ姿は壮観でしょうね。
ケアシノスリに遭遇するチャンスは ありそうですが、まだ見たことはありません。

猛禽類が風を受けて羽ばたかず、ゆっくりと漂ってくれたら 撮影しやすいのですが、
そんなウマいことには なりません…。

かぐや姫 様 へ


こんばんは〜。

教えていただいたサイトで 記事を読んで来ました。

若い方のモモンガの撮影話は面白かったですね。
私も釣りの経験があるので、竿先がピクッとするのと、モモンガの姿がチラッと見えるのに似ていて、
キターッ!と胸が高なったという感覚は共感でき、私の鳥見の場面でも そういう感覚を多く味わいたいです。

モモンガの写真で賞を撮られた方は、現地に何度も足を運んで、野生動物の習性を知り、
撮影を繰り返し行って、最適の機材を選んで、熟練の技を身に付けようとされていますね。

私は 週末ウォッチャーで、仕事をリタイアして時間に余裕ができても、
鳥見は楽しむことが最優先で、ゆる〜い趣味として続けそうです。
でも、飛ぶ鳥を上手く撮ることは実現させますよ〜。

No title

こんにちは
わ~ハヤブサも見れるんですか~
すげー~~
名前は良く聞きますがこうして
拝見出来るのは初めてで本当に凛々しく
かっこいいですね(^^

x都人x 様 へ


こんにちは〜。

このハヤブサ幼鳥は、この辺りに居付いているのか、度々 目にします。
以前は、成鳥の縄張りだったようですが、代替わりしたのかもしれません。

幼鳥は、茶色っぽくて お腹がタテ縞ですが、成鳥は、黒白ハッキリして、
お腹が 白ベースに ヨコ縞になって、もっとカッコよく見えます。

こんにちは。

眼光鋭く、勇ましい姿ですね。
眼があうと怖い気もします。
人間も狙われたりするのかな~??
飛び出しの撮影は難しいですよね。

べり~* 様 へ


こんにちは〜。

このハヤブサは 幼鳥ですが、風格を感じますね。
人には臆病なので、まず襲って来ることはないと思います。

飛び出しの写真が、どうにも上手く撮れません。
素質が無いのかも…。

No title

スピード狂の隼さんですからね。わたしなら、おとなしく見送ります。

AzTak 様 へ


こんにちは〜。

電柱の上のハヤブサを ずぅ〜っと撮っていたら、飛び出し後の 飛んでいる姿も撮りたいですね。

やはり、連写で撮った方がいいかと思い始めています。

こんばんは

ハヤブサ幼鳥可愛いですよね!(^^)!

この目が合った時のおどろおどろした顔が面白いです(*^^)v

飛んでいる鳥は遠くてもピントを外さなければまずまず見れます。

でも基本はやはり近くで撮影するこれに尽きると思いますよ。

これから鷹の渡りの時期なので良い練習材料になると思うのですが~

どこか近くに鷹が渡る山はありませんか?

絶好のチャンスです。

今日も一日お疲れ様でした。

こんばんは

キリッとした表情ハヤブサ、カッコいいですねー!
がいしを掴む指が力強いです。

手持ちで飛び出しを待つのは疲れますよね〜。
三脚を使えばかなり楽なので、時間があるような時は、私は三脚を出します。

近くを飛んでくれれば、ピントは合いやすい、、
遠い被写体は、ピントがあいにくい、、
カメラの構造上、そう言うことなのでしょうか、、

ピントを合わせ続ける設定で撮る時は連写にすると、撮れた中から良いショットを選べるのがうれしいです。
また、最初の一枚がピントが合っていないと、シャッターを押している間ぜんぶピンぼけになるのが、難です。(^◇^;)





大分ナシカ 様 へ


こんばんは〜。

ハヤブサでも、幼鳥は 幼いところがあるんですね。
この 目の合った時の表情は、ドギマギしていたのでしょうか。

飛んでいる鳥を照準器で撮るのは、確率が低いというか、バクチ的な手法に思えて来ました。
やはり、地道にファインダーで追えるように 訓練をした方が良さそうです。

私の近所では、貝殻山というタカの渡りで有名なスポットがあるのですが、
そこは、秋の渡り時に集結するだけで、春の渡りはバラバラに飛んで行くそうです。

今日もおつかれさまでした。

みの里 様 へ


こんばんは〜。

ハヤブサの若で、凛々しい感じがします。
がいしを ガィシッリと掴んでいますね。そろばん玉のような がいしです。

私は バイク移動なので、手持ちで撮りたいですね。
バイクに乗れなくなったら、シニアカーに三脚を積んで行きます。

私のカメラは オートフォーカスが鈍いので、遠近ではなく、後ろの物にピントを食われます。
そして、照準器で撮っているので、近くに来るとズーム倍率を下げないと ピントが合いません。

連写は おっしゃる通りで、最初の1枚にピントが合わないと全滅になるのが辛いです。
オートフォーカスが鈍いので、何度もピントを合わせながら1枚ずつ撮っています。

でも、今のままでは 進歩がないので、どう撮ろうかと思案しています。

こんばんは

ハヤブサの電柱止まり、迫力ある姿が撮れましたね^^。
飛び出しは、カメラにプリキャプチャー機能があればいけるかもしれませんが、私も使いこなせていません。

ハロゲンくん 様 へ


こんばんは〜。

ソコソコ光がある場所の とまり物なら、何とか撮れるのですが、
そこからの飛び出しが まったく撮れないのです。

照準器撮影では、ピントが合っているか分からないので、ファインダーを見て、
ターゲット追尾AFと、連写を組み合わせたら…と考えています。

No title

やっぱりハヤブサはかっこいいです。
飛んでるのも良いですが、とまりものでも十分です。
僕ももう少ししたら、撮りに行こうと思っています。

しょもな 様 へ


こんばんは〜。

ハヤブサは幼鳥でも風格を感じますね。

欲なのかもしれませんが、とまっている姿と、
飛んでいる姿をクッキリと写したいです。まだ 先になりそうですが…。

ハヤブサを鳥に行かれる?。ねぐらをご存知なのでしょうか。
非公開コメント

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に
通っていて、週末にバイクでバード
ウォッチングに行くのが楽しみです。
広々としたところで暮らしています。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR