2羽のノスリ

466


私の町内の同じ場所に2羽のノスリが代わるわるやって来ます。Aは頭が白いノスリ、Bは頭が茶色のノスリです。同じ縄張りを共有するこの2羽はつがいではないかと考えました。それで 資料を見て、Aがメス、 Bがオスではないかと思いました。しかし、オスメスの見分けには正面の写真が無いのがネックなので、引き続きこの2羽の観察を続けて行こうと思います。

名称未設定-5-01 のコピーこのAとBの2羽は、同じ縄張りを持つ つがいではないか。名称未設定-5-01
このAとBのノスリの オスメスは?。名称未設定-10-01とりとりNo.466  2羽のノスリ  たぶんAがメス  たぶんBがオス

新顔登場

465


ミコアイサくんと ホオジロガモくんのその後を追っていますが、新たな動きが出て来ています。ミコアイサと ホオジロガモは、児島湖周辺には1羽ずつしかいなかったのですが、その2種の違うカモが到着したようです。これで、ミコアイサくんと ホオジロガモくんの追跡は難しくなりそうです。

名称未設定-1-01 のコピーとりとりNo.465-1  ミコアイサ♂ 新顔の2羽  12月20日撮影名称未設定-2-0112月12日のミコアイサくん 

名称未設定-3-01とりとりNo.465-2  ホオジロガモ 新顔  12月19日撮影名称未設定-6-0111月29日のホオジロガモくん(上)  12月6日のホオジロガモくん(下)  

ルリビタキ う〜ん

464


今シーズン2度目のルリビタキとの遭遇をしました。前回はとりあえず写っているという写真だったので、少しはマシな写真が撮れました。ですが、最初の場所は遠くて暗かったので、沈んだイメージに。次の場所は光の回り方はバッチリなのですが枝カブリで、スッキリしない写真に。

なかなか思ったようにはなりませんね。次こそはキレイな写真を撮るぞー!…と、その前に、青いルリビタキに出会いたいですね。

名称未設定-12-01名称未設定-13-01
前回の写真よりはマシだけど、沈んだ感じだな〜。名称未設定-5-01とりとりNo.464  リリビタキ♀タイプ これは枝カブリがヒドい。次回こそは!。

美しいトビ

463


キレイなトビを見つけました。これはきっと珍しいトビに違いないと思って調べたら……ない。トビの種類の情報がネットで調べられませんでした。タカは亜種何とか たくさん種類があるのに、トビはトビ1種類ですか〜。何だか差別のようですが、このトビは美しい!。

名称未設定-6-01とりとりNo.463  美しいトビ名称未設定-7-01トビの情報が少ない、こんなにキレイなのもいるのに。

カモメの飛翔

462


カモメの飛ぶ姿が好きです。ス〜イス〜イと軽〜く羽ばたいているように見えて、ぐんぐんスピードに乗って、あっと言う間に見えなくなるのです。遥か北方より海を越えて渡って来るので、1kmや2kmを飛ぶのは何でもないことなのでしょう。余裕で飛んでいるのがカッコいいですね。

名称未設定-9-01とりとりNo.462  ユリカモメの飛翔名称未設定-8-01名称未設定-1-01名称未設定-2-01ス〜イス〜イと軽〜く飛ぶのが気持ちいい

コホオアカ

461


年末年始休みは町内の葦原に通いました。お目当てはカシラダカで、岡山県南部では珍しいのです。カシラダカが撮れて、よしよしと思っていると、顔が違う鳥が!。ほっぺが赤いのですが、少し前に撮ったホオアカとは明らかに違います。帰ってポケット図鑑で調べても載っておらず、ネットで調べたら、コホオアカという鳥のようです。これは ちょっと 珍しいんではないの〜。

名称未設定-2-01カシラダカかと思ったら、顔が違う、あなたは誰?。名称未設定-1-01とりとりNo.461  コホオアカ♂

ゲンコちゃん

460


先日、私の町内でホバリングを披露してくれたチョウゲンボウのメスを、ゲンコちゃんと名付けました。その後、ゲンコちゃんが川土手の木に停まっているのを見て、その後に先日出会った場所に来ていました。どうやら町内の1kmくらいの範囲を縄張りにしているようで、縄張りのお目当てが分かりました。

名称未設定-1-01とりとりNO.460  ゲンコちゃん 町内を縄張りにしているチョウゲンボウのメス名称未設定-2-01川土手の木から飛んで行ったと思ったら…名称未設定-3-01前にホバリングを披露してくれた場所に来ていました。名称未設定-8-01電線から飛び出して、どこに向かう?
名称未設定-9-01向かった先の草むらはスズメがたむろする場所でした。

どうにもカワセミ

459


カワセミの飛翔にチャレンジしました。結果は惨敗でトホホな結果になりました。港でカワセミを発見して停まっているところを撮って、飛びモードに設定して、準備万端だったはず。

完全に飛び出しの瞬間に遅れていて、カワセミを追えていません。鳥ブログの方のカワセミ飛翔の写真は鮮明にバッチリ撮れているのに、私のは…。きっと手持ちじゃ無理なんでしょ、と言うものの、それだけじゃない差はズシリと感じているのです。

名称未設定-1-01名称未設定-2-01さあ、カワセミ飛翔にチャレンジ。カワセミが飛び出しそう…
名称未設定-4-01ゲゲッ!、何じゃこりゃ〜。連写なのに1枚しか写らず。よし、もう一度…

名称未設定-5-01今度もスタンバイOKですよ。いつでも飛んでくださいな〜。名称未設定-7-01名称未設定-8-01とりとりNo.459  カワセミ飛翔  うぐぐっ、この道は 遥か遠そうじゃ〜。

ミサゴにっこり集

458


今年の二日目は、初夢よろしく縁起のいいタカの登場です。皆さまへのお年玉とばかりに、ミサゴがたくさんの魚を獲りましたよ〜。2回の鳥見で撮れたミサゴと獲物を一挙ご紹介!。

名称未設定-10-01とりとりNo.458  魚を獲ったミサゴ  これは神業!、両足で1匹ずつ掴んでいます。名称未設定-1-01なかなか大きいのを獲ったみたい名称未設定-9-01いいのを獲ったみたいだけど、掴み方がヘタだな〜名称未設定-6-01ちょっと小さいか…名称未設定-2-01大きい魚を両足で上手く掴んでいるね〜名称未設定-3-01ま〜、標準サイズかな〜名称未設定-7-01魚の掴み方、飛び方がお手本のよう名称未設定-5-01見にくいが魚を掴んでいるよう名称未設定-8-01両足でギュッと掴んでいるね〜
名称未設定-11-01上手い掴み方だけど、ちょっと小さいかな〜名称未設定-4-01顔に喜びが溢れているね〜名称未設定-12-01おしまい。長々とご覧いただき、ありがとうございました。

あけまして おめでとうございます

457


令和3年の幕開けです。今年をいい年にするように張り切って行きましょー!。
昨年の元日も キセキレイをご紹介しました。アタマから派手にスタートしたくないので、この ほのかな黄色の鳥が 今年もトップバッターです。
 
私の町内には港が2つあって、この写真は北側の港で撮影しました。キセキレイのそばで、ハクセキレイがチョロチョロしていたので、ハクセキレイにも登場してもらいました。

名称未設定-1-01とりとりNo.457  キセキレイ♀名称未設定-4-01キセキレイに出会うと なぜか嬉しいんですよ。 あ、ハクセキレイもですけど…。

やめてくれ〜!

456


皆さまは カモメに爽やかなイメージをお持ちではないですか。確かに飛んでいる姿は優雅なのですが、コイツらはとんでもないヤツらです。児島湖のカモたちが どんなヒドい目にあっているのかご覧ください。

名称未設定-1-01とりとりNo.456  ヒドいヤツら カモメ軍団がやって来た。ひと悶着ありそう。名称未設定-3-01まずは、オオバンが獲ったエサを横取りにかかる…名称未設定-4-01特技 水面走りで逃げ切った!。名称未設定-5-01次はタッグを組んで、ホシハジロの獲物を横取りに…名称未設定-6-01ヒドい強奪ぶりです。名称未設定-7-01極みつけはコレ、上空からホシハジロの頭に飛び蹴り!、獲物を吐かせています。

オラオラガラス

455


モビングとは、小さい鳥が大きい鳥に対して行う威嚇行動で、大きい猛禽類等に捕食されないように小さい鳥が集団で立ち向かうことのようです。ところが カラスは、自分より体の小さいチョウゲンボウや、襲われる恐れのない魚を食べるミサゴに1羽でケンカを売りまくっています。これをモビングと言っていいものか?。単なるオラオラガラスのような気がします。

名称未設定-9-01名称未設定-10-01とりとりNo.455-1  オラオラガラス vs チョウゲンボウ名称未設定-11-01名称未設定-12-01
とりとりNo.455-2  オラオラガラス vs ミサゴ

現金なもの

454


冬鳥の昨シーズンは、アトリに一羽も会えなくて寂しい思いをしました。そして今シーズンは、アトリに出会いたいという願いが叶いました。いや、叶い過ぎてしまいました。私の町内は、どこもかしこもアトリ、アトリで、他の鳥が探しにくいのです。今は、どこかに行ってほしいな〜と思うのですが、3ヶ月前の思いとはエラい違いです。

名称未設定-6-01アトリに会いたい願いが叶い過ぎた…名称未設定-7-01もう、どこかに行ってもええよ〜名称未設定-8-01とりとりMo.454  アトリ♂ イケメン兄弟もいるのだが…

マガモ 逃げろー!

453


鳥見で町内を歩いていると、巡回パトロールのような軽ワゴン車がやって来ました。腕章をつけたおじさんが、カモ猟をしている人がいるので、道から外れて葦原の中に入ったら撃たれますよだって。目立つ服を来て歩く方がいいとも言われました。

なんじゃとー!。ココはワシの町内なのに、何で撃たれるんじゃ〜と、どうにも納得がいかなかったのですが、パンパンと音がして火薬の臭いがプ〜ンとしたら、気をつけよ〜となるのです。ハンターがお目当てのマガモは、早よう逃げよ〜。

名称未設定-1-01名称未設定-2-01名称未設定-3-01名称未設定-4-01名称未設定-5-01とりとりNo.453  マガモ 撃たれるなよ〜

プロフィール

TD

Author:TD
岡山県在住の男性。デザイン会社に
通っていて、週末にバイクでバード
ウォッチングに行くのが楽しみです。
広々としたところで暮らしています。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR